閉じる

ニュース・フラッシュ

中国:雲南省で年産30万tのチタン鉱石生産基地建設、2013年3月1日着工

 現地報道によると、雲南省は初めて豪州で4位の鉱業企業であるAIR社が参加し、年産30万tのチタン鉱石生産基地を建設することとなった。これは、最近開催された2013年雲南チタン産業協会フォーラムの席上で発表されたもの。 雲南省はチタン資源が豊富で、その資源量は1,273万tに達する。今回のフォーラムは内外から150人の・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン レアメタル
海外事務所:
その他
担当者:
渡邉美和

中国:衛星画像による違法採掘検出検査で効果

 現地メディアが報じたところによると、国土資源部執法監察局は、2012年12月28日に開催された「衛星画像を用いた検査座談会」で同画像解析により深刻とみられる違法な探査や採掘を6か所でみつけることが出来たと発表した。その6か所とは陝西省漢中市、河北省保定市、安徽省滁州市、黒竜江省ハルピン市阿城区、浙江省温・・・ 続きを読む
海外事務所:
その他
担当者:
渡邉美和

中国:国家エネルギー局、「地熱エネルギーの開発利用を促進する指導意見」発表

 中国国家エネルギー局は2013年2月7日、「地熱エネルギーの開発利用を促進する指導意見」を発表した。 この中で地熱エネルギーの利用はエコロジカルな文明社会を建設するための重要な意義を持っていると位置付け、2015年までに全中国での地熱資源の状況と分布及び特性を把握し、地熱エネルギー資源の数量的掌握と情報システムを構築・・・ 続きを読む
海外事務所:
その他
担当者:
渡邉美和

中国:大冶有色の電解スライム回収プロジェクト、春節後稼働

 現地報道は大冶有色の電解スライム回収プロジェクト完成を伝えている。銅の電解スライム中にはまだ豊富な貴金属などが含まれていて、これから貴金属などの回収が行われているが、大冶有色では、これまで、年30万tの銅生産能力の過程で、電解スライムの発生3,000 tに対して、処理能力は2,500 tしかなかった。 これに関して大・・・ 続きを読む
海外事務所:
その他
担当者:
渡邉美和

中国:国土資源部、2013年の鉱産資源開発の基調を確定

 現地報道によると、国土資源部は、最近、2013年の鉱産資源探査に対して重点行動と実施措置をどのように行うかについて議論し、その基調を以下のように確定した。 2013年の地質鉱産資源探査の基本的な考え方は、思想の解放・改革創造をより推進しつつ、エネルギーと重要鉱産資源の保障能力を高めることを核心とし、資源管理と資源利用・・・ 続きを読む
海外事務所:
その他
担当者:
渡邉美和

中国:2012年12月の鉛蓄電池生産量、前月比4.49%増加

 現地報道によると、2012年12月の中国の鉛蓄電池の生産量はそれまでの減少傾向から反転し、前月比4.49%の増加となった。生産量は1,594.91万kVAhで、単月の値としては2012年を通じて第二位であった。2012年通年では1.75億kVAhで、2011年の1.4億kVAhに対して27.35%の増加となっている。・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
その他
担当者:
渡邉美和

中国:世界最大の水銀の消費国

 現地メディアは、清華大学環境学院の最近の調査書に基づき、現在の中国の水銀の動向について報じた。中国の総消費量は年間約1,000 t。これは世界の約50%を占め、中国は世界最大の水銀の消費国となっている。水銀は、PVC生産や電池、体温計、その他計器などの技術や製品に用いられるが、このほかに採鉱業(原文ママ)や石炭火力な・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
その他
担当者:
渡邉美和

中国:錫鉱山閃星アンチモン業公司、年間5,000 tのアンチモン精錬残渣処理ラインの試験運転へ

 現地報道によると、世界のアンチモンメーカーのリーダーである錫鉱山閃星アンチモン業公司では、2013年1月11日にarsenic-alkali残渣の回収利用ラインが完成し、試運転に入った。年間処理量は5,000 t。この残渣はアンチモン精錬過程で発生したもので、同社では既に年間処理量1,200 tの回収利用ラインが完成・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン レアメタル
海外事務所:
その他
担当者:
渡邉美和

中国:紫金銅業、製錬所からの専用連絡鉄道開通

 現地報道によると、2013年1月28日、福建省上杭県の紫金銅業有限公司で専用鉄道が完成し、開通式典が挙行された。この専用鉄道は、総投資額5.11億元で2011年に着工、2012年12月に完成したもので、総延長は12.7 km。「東風」型の電気式ディーゼルが使われる非電化路線で、主に紫金銅製錬と瓮福紫金化工の原材料や製・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 鉄鉱石
海外事務所:
その他
担当者:
渡邉美和

中国:2013年の中国の精錬鉛消費、11%増加か

 現地メディアは、香港筋アナリスト分析を引用して、2013年の中国の精錬鉛消費は11~12%増加し、年500万t前後になろうと伝えた。この消費量見通しは生産量の見通しとほぼバランスする。 同分析によれば、2012年の中国の精錬鉛の実質需要は451万tで、2011年比12.6万t増加していた。また、2013年の製錬鉛生産・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
その他
担当者:
渡邉美和

中国:広西自治区人民代表大会委員、錫資源税の従価税化を提議

 広西壮族自治区は錫資源が豊かで、中でも南丹県は14万tの資源量を有している。社会発展に従い錫の需要量は増加しているが、資源の有限性という矛盾を抱え、いかにして有効な錫資源の保護と開発を行うかという問題は業界最大の関心事となっている。 2013年1月に開催された自治区の人民代表大会と政協会議では、少なからぬ委員から、錫・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル
海外事務所:
その他
担当者:
渡邉美和

中国:紫金鉱業、紫金山金銅鉱山湿式製錬再開を発表

 現地報道によると、紫金鉱業は、福建省上杭県人民政府から承認を受けたことにより、紫金山金銅鉱山湿式製錬を再開すると発表した。2010年7月に同鉱山湿式製錬の汚水プールからの漏水により環境事故を起こし、処罰並びに改善命令を受けていたもの。 同公司は、61か所にわたる改善と環境評価及び水文地質評価、鉱山安全評価などを経て、・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
その他
担当者:
渡邉美和

ベトナム:鉱物輸出に関する新しい通達が施行

 ベトナムの商工省が2012年12月24日に公布した鉱物輸出に関する新しい通達(41/2012/TT-BCT)が2013年2月4日に施行となる。この通達によれば、ベトナムにおいて企業法に基づき設立され、商法に定められた輸出入に関する規定を遵守する企業のみ鉱物輸出を許可され、輸出できる鉱物は例えば下表のように加工され決め・・・ 続きを読む
海外事務所:
ハノイ
担当者:
五十嵐吉昭

中国:2012年の非鉄金属産業の物流コスト分析

 現地報道は、中国非鉄金属産業の物流費に関する分析を掲載した。これによると、2011年の10種非鉄金属の生産量は合計で3,438.29万tで、前年比9.8%増加した。増加幅は前年比落ちたものの、依然として高い成長を有している。また、輸出入額も1,606.77億US$となり、前年比28.1%の増加である。 非鉄金属産業の・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
その他
担当者:
渡邉美和

中国:電線ケーブル産業、商機続く

 現地メディアは、2013年に入り電線産業を巡る環境は良好で、少なくとも2016年までは商機が続くと見られると以下のように報じた。 「2012-2016年電線ケーブル産業マクロ投資環境と産業発展動向分析報告」によれば、第12次五カ年計画期間、中国の鉄道建設に伴い、鉄道車両用や通信信号用などに使用される電線ケーブル需要は・・・ 続きを読む
海外事務所:
その他
担当者:
渡邉美和

中国:2012年の希土輸出枠、およそ半分が余る

 現地報道によると、中国税関統計センターは2012年1月22日に統計値を発表。それによると、2012年の中国の希土の鉱石・金属・化合物の輸出量は総計で16,265 tとなった。これは前年に比べ3.5%の減少で、輸出枠30,966 tに遠く及ばなかった。 2012年12月、中国商務部は2013年の第一回輸出枠を発表、その・・・ 続きを読む
海外事務所:
その他
担当者:
渡邉美和

中国:新疆有色集団恒盛ベリリウム業、酸化ベリリウム生産開始

 現地報道によると、2013年1月18日、新疆有色集団傘下の恒盛ベリリウム業で酸化ベリリウム工場製錬工程が完成し、正式に生産ラインに投入された。2012年末に完成し、これまで検収作業を受けていた。製錬工程が生産投入されたことを皮きりに、恒盛ベリリウム業では今後、関連工程も生産投入が続く予定。 なお、恒盛ベリリウム業では・・・ 続きを読む
鉱種:
ベリリウム レアメタル
海外事務所:
その他
担当者:
渡邉美和

中国:2013年の鉄道投資は6,500億元

 現地報道によれば、2013年1月17日に開催された全国鉄路工作会議の席上、2013年の全国鉄道投資額が計画で6,500億元となることが発表された。この内、基本建設投資が5,200億元で、新線建設5,200 kmに投資される。 なお、この報道に合わせて以下のように過去年の鉄道投資額が表示されている。 2004年(84・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
その他

中国:「国家が奨励する有毒有害原料(産品)の代替品リスト」公布

 工業情報化部、科技部、環境保護部は、2012年12月27日付けで、工信部聯節[2012]620号により「国家が奨励する有毒有害原料(産品)の代替品リスト2012年版」を公布した。これは、「省エネ廃棄物削減の第12次五カ年計画」と「工業のクリーン生産実行の第12次五カ年計画」の実施にあたり、企業が生産の過程でできるかぎ・・・ 続きを読む
海外事務所:
その他
担当者:
渡邉美和

中国:北京鉱冶研究総院、建龍鉱業とともに研究実習基地を設立

 現地報道によると、実地技能人員を育成し、科学研究機関と生産企業の間の交流を促進し、それとともに産学研をジョイントさせて共同発展と相互利益を達成するため、北京鉱冶研究総院傘下の北鉱機電科技有限公司と河北省承徳市の承徳建龍鉱業公司は共同での研究生実習基地を設立することになり、2013年1月7日に承徳建龍鉱業公司で設立式が・・・ 続きを読む
海外事務所:
その他
担当者:
渡邉美和
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ