閉じる

ニュース・フラッシュ

インドネシア:PT Kapuas Prima Coal、2019年の鉛鉱石生産量が増加

 2020年3月9日付地元メディアによると、PT Kapuas Prima Coalの2019年の鉛鉱石生産量は前年比約39.4%増の476千tになったのことで、2019年の生産目標(450千t)をクリアした。鉱石鉱物は方鉛鉱で、鉱山は中部Kalimantan州Lamandau県に位置している。同州西Kotawarin・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PTFI、銅精鉱輸出許可を延長へ

 2020年3月5日付地元メディアによると、Papua州Grasberg銅・金鉱山を操業するPTFI(PT Freeport Indonesia)は3月4日、銅精鉱の輸出許可の延長申請を行ったことを明らかにした。現在の輸出許可は3月8日で期限切れになるという。申請した輸出割当量は公表していない。なお、PTFIの前年度(・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:政府、3月末にも国内製錬会社へのニッケル鉱石販売価格の下限設定

 2020年3月4日付地元メディアによると、エネルギー鉱物資源省Yunus Saefulhak鉱物事業開発局長は3月2日、国内鉱業会社による国内製錬会社へのニッケル鉱石販売価格について、3月末にも価格の下限を設定する方針を明らかにした。同局長によれば、毎月同省が設定しているHPM(Harga Patokan Miner・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PTVI、ニッケル製錬所建設2件は2020年末の投資決定へ

 2020年2月29日付地元メディアによると、PT Vale Indonesia(PTVI)のBernardus Irmanto取締役は2月27日、同社が中部Sulawesi州Morowali県Bahodopi及び南東Sulawesi州Kolaka県Pomalaaで進めているニッケル製錬所開発2件について、依然として技・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PT Timah、2019年は錫地金生産で世界最大に

 2020年2月17日付地元メディアによると、インドネシア国営錫鉱業会社PT Timahの2019年の錫地金生産量が2018年の33.4千tから128.7%増の76.4千tになり、2018年に最も生産量が多かった中国・雲南錫業を抜いて世界最大となった。2018年に生産量が世界で最も多かった中国・雲南錫業を抜いて世界トッ・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類 ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PTFI・Grasberg銅金鉱山の生産見通し

 2020年2月20日付け地元メディアによると、PTFI(PT Freeport Indonesia)のTony Wenas社長は2月19日、Papua州Grasberg銅金鉱山においては露天採掘が2019年内に終掘し、現在は坑内採掘への移行時期にあたり、2020年は通常の50%程度の生産にとどまるであろう、と述べた。・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PT Antam、2019年の生産状況

 2020年2月14日付けの国営非鉄金属会社PT Antam(PT Aneka Tambang)のプレスリリースによると、PT Antamの2019年の生産量は、ニッケル鉱石が前年比約19%増の8.7百万wmt、フェロニッケルが前年比約3%増の25,713t、ボーキサイトが同社史上最高となる1.73百万wmtであったこ・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:新型コロナウイルス肺炎感染拡大によるインドネシア鉱業への影響

 標題のニュースに関して、2020年2月の地元メディアの報道を取りまとめた。
 2月3日付け地元メディアによると、中国・青山集団が運営している中部Sulawesi州のMorowali工業団地では生産は通常どおりであり、影響は出ていない。同工業団地では、書面による許可無しに43千人の従業員全員の出入りを禁止しているほか・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PT Merdeka Copper Gold、青山集団と製錬所開発のためのMOUを締結

 2020年2月26日付け地元メディアによると、PT Merdeka Copper Goldは中国・青山集団子会社のEternal Tsingshan Group社と中部Sulawesi州での製錬所開発のためのMOUを締結した。製錬所では、同社傘下のWetar銅鉱山からの銅鉱石を処理して、酸性硫酸塩(1百万t/年)と高・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PT Sumbawa Timur Mining、有望な銅金鉱床を捕捉

 2020年2月21日付け地元メディアによると、PT Sumbawa Timur Mining(STM)は2月20日、西Nusa Tenggara州Dompu県Hu’uプロジェクトにおいて有望な銅金鉱床を捕捉したと発表した。本鉱床はOnto銅金鉱床と名付けられており、STMは2010年から探査を開始し、同鉱床においては・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:新鉱業法改正へ向けて作業委員会を設立、雇用創出法案とも関連

 2020年2月19日付け地元メディアによると、インドネシア国民議会第7委員会は2月13日、2009年新鉱業法改正のための作業委員会を正式に設立した。同委員会はエネルギー鉱物資源省、商業省をはじめ関係6省庁から60人、及び国民議会下院から26人の計86人のメンバーで組織されている。Arifin Tasrifエネルギー鉱・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:2020年のニッケル鉱石生産量は大幅減の見通し(安価な国内価格等の問題により)

 2020年2月11日付け地元メディアによると、インドネシアニッケル鉱業協会(APNI)のMeidy Katrin Lengkey事務局長は2月10日、2020年の国内ニッケル鉱石生産量が2019年比約52%減の25百万tと大幅減となる見通しであることを明らかにした。ただし、2019年生産量は2018年比約2.4倍の5・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

フィリピン:MGBが閉鎖された鉱山に対する措置についてガイドラインを通達

 2020年2月6日付地元メディアによると、フィリピン環境天然資源省鉱山地球科学局(MGB:Mines and Geoscience Bureau)は、閉鎖された鉱山における環境の修復等の措置及び維持のプログラム(CMP:Care and Maintenance Program)について、その実行に必要なガイドラインを・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:政府がニッケル鉱石全面輸出禁止政策等についてWTOにてEUと協議

 2020年2月3日付地元メディアによると、1月30日、商業省Jerry Sambuaga副大臣以下代表団がスイス・ジュネーブに本部を置くWTO(世界貿易機関)においてEU(欧州連合)と協議を行ったことを明らかにした。2019年11月22日にEUの欧州委員会が、インドネシア政府によるステンレス鋼原料等の輸出制限措置や国・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

フィリピン:ニッケル産業発展のロードマップを2020年内に策定へ

 2020年1月8日付け地元メディアによると、フィリピンニッケル産業協会(PNIA)Isidro C.Alcantara会長は、ニッケル産業発展のロードマップを2020年内に設定するため、同国環境天然資源省(DENR)と調整を開始していることを明らかにした。PNIAが設置するロードマップ策定のための作業グループには、D・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:国内製錬会社への鉱物販売価格、HPM(鉱物ベンチマーク価格)を基準に設定へ

 2020年1月28日付け地元メディアによると、エネルギー鉱物資源省は、鉱業会社による国内製錬会社への鉱物販売価格を、毎月同省が設定しているHPM(Harga Patokon Mineral:鉱物ベンチマーク価格)を基準にして決定することを義務付ける規定を準備していることを明らかにした。同省Yunus Saefulha・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:2019年のニッケル鉱石生産量及び輸出量が急増

 2020年1月23日付け地元メディアによると、エネルギー鉱物資源省は、インドネシアの2019年のニッケル鉱石の生産量及び輸出量が急増したことを明らかにした。同省Yunus Saefulhak鉱物事業開発局長は、生産量が2018年の22.14百万tから138.3%増の52.76百万t、輸出量が2018年の20.07百万・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PTVIのInalumへの株式20%譲渡は2020年9月完了の見通し

 2020年1月23日付け地元メディアによると、PT Vale Indonesia(PTVI)のPT Inalum(PT Indonesia Asahan Aluminium(Persero))への株式20%譲渡について、2019年末に予定されていた最終合意書への署名を2020年第1四半期まで延期していたが、2020年・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:国民議会、2020年内に鉱業法等の改正を終える方針

 2020年1月22日付け地元メディアによると、インドネシア国民議会第7委員会は、2020年内に3法案の改正・策定を終える方針を明らかにした。3法案とは、2009年鉱業法、2001年石油ガス法、そして再生可能エネルギー法案を指す。このうち、鉱業法の改正については、鉱物の国内加工義務(高付加価値化)、外資の出資比率及び石・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PTFIの国内新規製錬所建設は2020年第2四半期から本体建設工事に着手

 2020年1月20日付け地元メディアによると、Papua州Grasberg銅・金鉱山を操業するPTFI(PT Freeport Indonesia)のTony Wenas社長は1月17日、東Java州Gresik・Java統合工業港湾団地(JIIPE)において進めている新規銅製錬所建設について、2020年第2四半期に・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ