閉じる

ニュース・フラッシュ

ペルー:Volcan社、銅プロジェクト開発に外国企業との提携を検討

 2017年9月25日付け地元各紙によると、Volcan社のIR部長のGleit氏は、現在同社が探鉱を実施している初の銅プロジェクトに関して、開発の際には国際的な銅生産企業との提携を組みたいとする方針を示した。 ペルーを代表する亜鉛生産企業であるVolcan社は、2017年から本格的な銅プロジェクトへの参入を開始し、・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:政府、水資源法改正への懸念を否定

 2017年9月22日付け地元紙によると、2017年7月26日に国会承認され、8月15日に公布された水資源法改正法(法律30640)が、今後の鉱業プロジェクトに影響を及ぼすとの懸念をもたらしていることに対して、政府は、鉱業への影響はないと主張すると共に、改正法の趣旨を説明した。 水資源法改正法では、①水資源庁(ANA・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Zafranal銅プロジェクト、2018年にEIA開始

 2017年9月21日付け地元紙によると、Minera Zafranal社のDel Castillo代表は、2018年にZafranal銅プロジェクト(Arequipa州)のEIA及びFSを実施することを明らかにした。さらに、全ての行程が順調に進行した場合、2022年上半期には生産を開始できるとの見通しを示しつつ、銅価・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Las Bambas銅プロジェクト、周辺エリアの鉱物ポテンシャルに期待

 2017年9月21日付け地元紙によると、MMG Las Bambas社のVadnagra社長は、Las Bambas銅鉱山では、保有する全鉱区(34,000ha)のうち探鉱が実施されたのは10%にすぎないとし、鉱区内だけでなく、鉱区周辺エリアにおいても多大な鉱物ポテンシャルが存在するとの考えを示した。その上で、既存の・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:水資源法改正による鉱業プロジェクトへの影響に懸念

 2017年9月21日付け地元紙によると、鉱業石油エネルギー協会(SNMPE)のGalvez氏は、先に国会で承認された水資源法改正法(法律30460)は、今後投資が計画されている鉱業プロジェクトに影響を及ぼすと警告した。  2017年7月26日に公布された水資源法改正法では、①水資源庁(ANA)が、365日以内に太平・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Toquepala銅鉱山の新選鉱プラント操業開始、2018年5月に延期

 2017年9月22日付け地元紙によると、Southern Copper社のCueto購買・契約部長は、2017年末に予定されていたToquepala銅鉱山(Tacna州)の新規選鉱プラントの操業開始が、2018年4月から5月に延期されることを明らかにした。さらに、今後は215.5mUS$を投じてのCuajone銅鉱山・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:Navarro鉱業冶金大臣、ボリビア鉱業の回復に言及

 2017年9月12日付け地元各紙によると、9月11日、César Navarro鉱業冶金大臣は、2017年は国際市況の安定によりボリビアの鉱業は回復が顕著であると述べた。また、Navarro大臣は、この価格の安定により、国営鉱山会社や鉱業協働組合は収入の向上及び利益の獲得ができたと述べ、例として、Huanuni鉱山の・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2017年7月鉱産物生産量

 2017年9月10日、エネルギー鉱山省は2017年7月の鉱産物生産量を発表した。  7月の主要鉱産物生産量は、前年同月比で亜鉛が7.11%増、鉄鉱石14.64%増、モリブデン20.81%増、銅2.03%増、金2.50%増等と、軒並み増産となった一方、鉛は5.63%減産となった。  一方、2017年1~7月までの累・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Buenaventura社、小規模鉱山4件を売却

 2017年9月11日付け地元紙によると、Buenaventura社は、Antapite金鉱山、Ishihuinca金鉱山、Recuperada多金属鉱山(いずれもHuancavelica州)と、Breapampa金鉱山(Ayacucho州)の売却を完了した。  同社のBenaviedes事業開発部長は、Buenav・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2017年1~7月、鉱業投資額が増加

 2017年9月12日付け地元紙によると、エネルギー鉱山省は、2017年1月から7月までの鉱業探鉱投資額は2,372mUS$で、前年同期比で1.5%増加したことを明らかにした。このうち、探鉱投資額は237mUS$で前年同期比25.2%増となったほか、インフラ投資額611mUS$も前年同期より22%の増加となった。企業別・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2017年8月の国内争議状況

 2017年9月13日、憲法に基づき設立された独立・自立的監査機関であるオンブズマン(Defensoria del Pueblo)事務所は、2017年8月の国内社会争議状況を公表した。  レポートによると、国内社会争議総件数は前月から10件少ない167件で、このうち係争中の案件は109件、潜在状態の案件は58件だった・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:零細鉱業従事者1千人以上が合法化

 2017年9月17日付け地元紙によると、Labo鉱山副大臣は、現政府が導入した鉱業合法化プロセスの簡略化によって合法化した零細鉱業従事者の数が1,004名にのぼることを発表した。  同副大臣は、Humala前政権時代の制度下においては、合法化を完了した業者が102名にすぎなかった一方で、規則改正が行われた現在、Ic・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Santa Ana銀プロジェクト鉱業権取消巡る仲裁裁判、2018年初頭に判決の見通し

 2017年9月19日付け地元紙によると、Bear Creek Mininig社(本社バンクーバー)は、Santa Ana銀プロジェクト(Puno州)の鉱業権取消問題を巡ってペルー政府を相手取った仲裁裁判において、国連の国際投資紛争解決センター(ICSID)が2018年初頭に判決を行う見通しである旨明らかにした。  ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Toromocho銅鉱山、2018年に向けた採掘計画を策定中

 2017年9月20日付け地元紙によると、鉱業大会(Perumin)に出席したChinalco Peru社のParedes営業・物流担当部長は、同社はここ数週間にわたり、Toromocho銅鉱山(Junin州)における2018年の採鉱計画を策定中であるとコメントした。同部長によると、生産や採掘量、鉱物の品質向上や精鉱品・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:El Brocal社、選鉱能力拡張に向け許認可手続きを実施

 2017年9月20日付け地元紙によると、El Brocal社は、2018年の活動計画の一つとして、Colquijircaユニット(Pasco州)の選鉱プラントの処理能力を25,000tpdに拡張する目標を示した。本プラントの処理能力は2009年まで6,000tpdだったが、その後18,000tpdへの拡張プロジェクト・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Lupaka Gold社、Crucero金プロジェクトを売却

 2017年9月20日付け地元紙によると、Lupaka Gold社は、Crucero金プロジェクト(Puno州)をGold Mining社に売却する旨発表した。Lupaka Gold社は、本プロジェクトの売却によって、Invictaプロジェクト(Lima州)の操業開始を目指すほか、Josnitoro金銅プロジェクト(A・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Zinc One Resources社、Esquilacheプロジェクトを売却

 2017年9月20日付け地元紙によると、Zinc One Resources社は、Esquilache銀・鉛・亜鉛プロジェクト(Puno州)をNubian Resources社に売却すると発表した。Nubian Resources社CEOのWalter氏は、Esquilacheプロジェクトは高品位で良い場所に位置して・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:エネルギー鉱山大臣、今後の政策方針・目標を発表

 2017年9月20日付け地元紙によると、9月18日に開始された鉱業大会(Perumin)に出席したAljovinエネルギー鉱山大臣は、現在、ペルーにおける探鉱投資額は世界における探鉱投資総額の6%に相当するが、これを8%に引き上げることが目標だと発表した。また、この目標達成のため、許認可手続きの見直しにより無駄なプロ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Mina Justa銅プロジェクトEIA修正を承認

 2017年9月6日付け地元紙によると、持続的投資環境認証サービス局(SENACE)は、Minsur社のMina Justa銅プロジェクト(Ica州)の環境影響評価(EIA)修正を承認した。  これは、2010年に承認されたEIAの内容を修正・改善したもので、San Juan埠頭におけるターミナルの設置や、海水利用等・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Tambomayo金銀鉱山、商業生産を開始

 2017年9月6日付け地元紙によると、Buenaventura社は、Tambomayo金銀鉱山(Arequipa州)におけるランプアップ期間が完了し、商業生産に達したことを明らかにした。同社は、「Tambomayo鉱山の処理プラントがフル生産能力1,500t/日での操業を2週間以上にわたって継続することで、ランプアッ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ