閉じる

ニュース・フラッシュ

ミャンマー:中色ニッケル業社、ミャンマーの環境保護への投資額は5,700万US$に達する

 中国有色鉱業集団有限公司が投資する中色ニッケル業(ミャンマー)有限公司の報告書によると、当該企業はニッケル鉱山の開発や経営を行うと同時に、現地の環境保護に合計5,700万US$を投入した。
 これらの資金は排気ガスの回収、廃水処理・排出システムに用いられ、鉱区周辺の生態環境の改善に効果があった。
 中色ニッケル業・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 ニッケル
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:中国銅加工材生産量は、2018年1~6月対前年同期比11.4%増

 安泰科によれば、中国有色金属工業協会の最新統計データによると、2018年1~6月の国内銅加工材生産量は、795.8万tで、前年同期比11.4%増加した。  2018年1~6月の銅加工材の歩留まりは78.25%であった。
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:安徽省、レアアース・タングステン鉱山の採掘総量を強く規制

 現地報道によれば、安徽省国土資源庁は、経済情報化委員会と共に「2018年レアアース・タングステン採掘総量規制指標に関する通達」を発表した。本通達によれば、タングステン精鉱生産指標を安徽省績渓タングステン業有限公司に270t、青陽県鼎勝鉱業発展有限公司に630t配分し、関連国土資源局は関連県の国土資源局と監督責任書を締・・・ 続きを読む
鉱種:
タングステン レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:湖南黄金株式有限公司傘下子会社が所有するアンチモン鉱山採掘権を取り消し

 安泰科によれば、湖南黄金株式有限公司傘下にある湖南省東安新龍鉱業有限責任公司と湖南鼎鑫鉱業有限責任公司は「東安県人民政府における湖南省東安新龍鉱業有限責任公司アンチモン鉱山を閉鎖に関する決定」(東政発「2018」7号)及び「東安県人民政府における湖南省東安県雲頭山鉱区アンチモン鉱山に対する一般調査事業の停止に関する決・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

DRコンゴ:中国・盛屯鉱業社、DRコンゴのコバルト事業に1,000万US$を投入

 安泰科によれば、盛屯鉱業集団株式有限公司は、金川集団国際資源有限公司傘下の金川Ruashi社とMusonoi Dilala鉱床に関する協定を締結した。
 盛屯鉱業社は、Musonoi Dilala鉱床に関する埋蔵量レポートにより、酸化銅・コバルトの埋蔵量は、200万t以上(鉱石品位:Co 0.7%、Cu 3%)であ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

ザンビア:中国有色金属有限公司が所有するChambishi東南鉱体プロジェクトは8月22日試運転開始

 安泰科によれば、中国有色金属有限公司傘下の中色アフリカ鉱業有限公司のChambishi東南鉱体に対する探査・開発共同プロジェクトが2018年8月22日に試運転を開始した。
 当該プロジェクトに対する投資総額は、8.3億US$である。当該鉱体は銅金属資源量279万t、コバルト資源量15万t(金属量)である。年間鉱石処・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:重慶博賽鉱業集団社の営口大南山酸化アルミニウムプロジェクトを取り止め

 安泰科によれば、遼寧省盖州市政府は、重慶博賽鉱業集団営口大南山酸化アルミ有限公司の生産能力250万tの酸化アルミプロジェクトを取り止めると発表した。当該プロジェクトは、盖州市沙崗鎮に位置し、投資総額は50億元、敷地面積は約1km2、建設期間は18か月で、低温による輸入鉱石生産ライン2本を建設予定で、そのうち1本の年間・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:贛鋒リチウム業社は、LG化学社と4.7万t水酸化リチウム供給契約を締結

 安泰科によれば、贛鋒リチウム業社とその子会社の贛鋒国際社は、韓国上場企業のLG化学社と2019年1月1日から2022年12月31日までの「供給契約」を締結した。贛鋒国際社からLG化学社に合計47,600tの水酸化リチウム製品を販売し、市場価格の変動に応じて見直しする。
 2017年度、贛鋒リチウム業社は、LG化学社・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:中国アルミ業社、中国アルミ内モンゴル国際貿易有限公司による取引倉庫資格申請に保証提供

 安泰科によれば、現在、中国アルミ内モンゴル国際貿易有限公司は大連商品取引所に取引倉庫資格申請を行う予定である。中国アルミ内モンゴル国際貿易有限公司は、中国アルミ業集団社傘下にある中国アルミ国際貿易有限公司の子会社である。当該取引所の関連規定に基づき、中国アルミ国際貿易有限公司が、中国アルミ内モンゴル国際貿易有限公司の・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト その他 亜鉛 鉄鉱石
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:玉龍銅鉱山、年間生産能力1,800万tの選鉱場の建設請負契約を締結

 安泰科によれば、西部鉱業集団社は、中国恩菲工事技術有限公司と青海省西寧市でチベット玉龍銅鉱山の年間生産能力1,800万tの選鉱場建設請負(EPC)調印式を行った。
 玉龍銅鉱山は、現在国内最大の単体銅鉱床として、西部鉱業傘下のチベット玉龍銅業株式有限公司に所属している。2005年から採掘を開始し、玉龍銅鉱山の第1期・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

アルゼンチン:中国贛鋒リチウム業社、Caucharil-Olarozリチウムプロジェクトの株式権益を買収予定

 安泰科によれば、チリのSociedad Quimica y Minera de Chile S.A(SQM)社は、アルゼンチンで保有しているCaucharil-Olarozリチウムプロジェクトの50%の権益を8,750万US$で贛鋒リチウム業社に売却することを決めた。Caucharil-Olarozリチウムプロジェク・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:江西贛鋒リチウム業社は、電池や炭酸リチウム事業を強化

 安泰科によれば、江西贛鋒リチウム業株式有限公司は取締役会で全額出資子会社の江西贛鋒電池科学技術有限公司に対する自己資金による資本増加案を承認した。増資額は20,000万元である。また、寧都県贛鋒リチウム業有限公司には39,000万元の増資を承認した。
 今回の増資により、贛鋒電池社の登録資本額は3億元から5億元に引・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:広東省政府は、汚染物質排出許可証を発給へ

 現地報道によれば、広東省環境保護庁は、「国家汚染排出許可制関連事項の実施に関する公告」を公表し、2018年9月1日より、市級環境保護主管部門は汚染物質排出許可証の発給に責任を負い、汚染物質排出許可証を取得していない場合は、汚染物質を排出してはならないこととした。
 関連法律規程に基づき、汚染物質排出許可管理を行う企・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:羅平亜鉛電社の玉合鉛亜鉛鉱山は、採掘許可証有効期限満了のため生産停止へ

 安泰科によれば、羅平亜鉛電社の子会社である普定県宏泰鉱業有限公司の玉合鉛亜鉛鉱山の採掘許可証有効期限が満了し、生産を停止した。
 宏泰鉱業社は貴州省普定県内の企業であるため、貴州省国土資源庁2017年の新しい規程に基づき、採掘権を新規設置、延長更新または変更する場合、鉱産資源グリーン開発利用計画案をエコラインに沿っ・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

インドネシア:中国企業、インドネシア企業と共同でニッケル製錬所を建設予定

 安泰科によれば、インドネシアの国有企業である多種金属公司は、2017年パプア州でGapニッケル製錬所を建設した後、パプア州ソロンまたはEast Halmahera経済特別区で製錬所を増設する予定。
 協力パートナーを求めるために、8月中に入札を行うこととしており、中国企業3社とフィリピン企業1社が応札を行う予定。今・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

インドネシア:中国投資者、インドネシアでリチウム電池事業を展開予定

 安泰科によれば、中国投資者は、インドネシアの北マルク州のNorth Halmaheraに位置するリチウム電池の構成部品となるニッケルを加工するための工場の建設に関心を持っている。リチウム電池は、主に電動自動車のエネルギー源として用いることとしている。
 中国の投資関係者は、第1段階のニッケル工場建設に50億US$を・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:蔵格持株社、再編計画案を見直しへ

 安泰科によれば、蔵格持株株式有限公司は、再編計画案に対し見直しを行う予定。株式を発行することによって、チベット巨龍銅業有限公司の100%の権益を買収する予定であったが、巨龍銅業社の51%の株式権益買収計画に変更する。
 今回の取引前には、蔵格持株社は、察尓汗塩湖鉄道にある東部鉱区724.35km2のカリ塩採掘許可証・・・ 続きを読む
鉱種:
カリウム
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2018年レアアース、タングステン採掘の総量規制指標はそれぞれ12万t、10万tに設定

 安泰科によれば、2018年7月30日、自然資源部・中国工業情報化部が、2018年レアアース・タングステン採掘総量規制指標に関する通達を公表した。国内優位鉱産資源の保護と合理的利用を図るため、保護性採掘特殊鉱種の管理規定に基づき、2018年には、継続的にレアアース鉱石、タングステン鉱石に対し採掘総量規制を実施する。
・・・ 続きを読む
鉱種:
タングステン レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2018年上半期、採掘業における固定資産投資額は、対前年同期比0.2%増

 安泰科によれば、国家統計局の最新データによると、2018年1~6月、国内一定規模以上の工業生産額は、対前年同期比6.7%増であった。採掘業増加率は、対前年同期比1.6%増、伸び幅は0.3ポイントを記録した。2018年1~6月の10種非鉄金属生産量は対前年同期比3.1%増の2,685万tと安定的に成長している。
 2・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:中国工業信息化部、駆動用バッテリー総合利用企業リスト(第1回分)を公表

 安泰科によれば、中国工業信息化部は、「新エネルギー自動車廃棄駆動用バッテリー総合利用業界の規範条件」に関する企業リストを公表した。当該「規範条件」企業リストの中に格林美社、光華科学技術社、華友コバルト業社等上場企業やその子会社等が含まれている。2009年以降、中央政府は、10件のバッテリー回収に関する規則を発表した。・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ