閉じる

ニュース・フラッシュ

アンゴラ:Longonjo REEプロジェクト、高品位Nd・Prの鉱化帯を捕捉

 2019年5月13日付け豪Pensana metals社の発表によると、アンゴラにて、高品位のNd・Prの鉱化帯(部分的に1%を越える)を確認した。同社保有のLongonjo Nd・Prプロジェクトは、カーボナタイトの風化殻に賦存する鉱床であり、地表から浅所にブランケット状に分布する。今回の結果は、実施済みの100m・・・ 続きを読む
鉱種:
ネオジム プラセオジム レアアース/希土類
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:Mopani Copper社、2本の立坑を閉鎖

 2019年5月9日付けメディアによると、Glencoreの子会社Mopani Copper Mines PLC社はNkana銅鉱山(ザンビアKitwe州)の2本の立坑(Mindola NorthとCentral)を閉めると発表した。Mopani Copper社は年産銅量約10万tのアフリカ第2の銅生産者であった。当該・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ボツワナ:Molopoニッケル・白金族プロジェクトに豪ジュニアAfrican Battery Minerals社が参入

 2019年5月13日付け豪African Battery Minerals社(ABM)の発表によると、同社はボツワナの白金族・ニッケル探鉱プロジェクトについてEarn-in契約を締結した。対象となるMolopo Farms Complexプロジェクトは3鉱区(総面積2,725km2)からなる広範囲な地域の初期段階であ・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) ニッケル
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

その他:ICSGの銅需給予測、2019年は約19万t、2020年は約25万tの供給不足

 2019年5月9~10日、ポルトガル・リスボンにおいて国際銅研究会(ICSG)が開催され、2019年及び2020年の銅需給予測について協議が行われた。2019年及び2020年の銅需給バランスについて、2019年は約19万t、2020年は約25万tの供給不足と予測した。
 供給サイドについて、銅鉱山生産量については、・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

米:米上院、電池関連金属の国内供給率維持を目的とした法案を検討

 2019年5月13日付けメディア報道によれば、Lisa Murkowski共和党上院議員らによる超党派のグループは、米国内産業のサプライチェーンを守り、原材料の過度な海外依存を減少させることを目的とした法案「金属保護法」(American Minerals Security Act)への支持を表明した。現在、法案は上・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト コバルト その他 ニッケル リチウム レアアース/希土類
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
杉崎真幸

メキシコ:加Premier Gold Mines社、Mercedes金・銀鉱山において新鉱化帯を捕捉

 2019年5月14日付け地元紙によると、加Premier Gold Mines社は、同社がSonora州に保有するMercedes鉱山において現在実施されているボーリング調査の最新の結果を発表した。San Martín、Margarita鉱徴地において、地質ポテンシャルの高い約3kmの新鉱化帯が捕捉されたほか、Lup・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

ペルー:Hudbay Peru社、先住民事前協議によるプロジェクト延期を公表

 2019年5月10日付け地元紙によると、Hudbay Peru社(本社:カナダ)は、Constancia銅鉱山(Cusco州)近傍のPampacancha銅プロジェクトについて、地域コミュニティとの地表権に関する交渉は慎重かつ着実に進展している一方で、2019年4月に本コミュニティが文化省によって先住民コミュニティと・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Las Bambas銅鉱山関連争議、続報

 2019年5月9日及び10日付け地元各紙によると、Minera Las Bambas社とNueva Fuerabamba村代表者は、Cusco州Chumbivilcas郡Yavi Yavi農園において2日間にわたる協議を実施した結果、5月20日に協議を再開すること、同日までは抗議行動等は実施しないことで合意した。
・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:政府、Canon法改正案を発表

 2019年5月9日付け地元各紙によると、5月8日、Del Solar首相は、鉱業・炭化水素・漁業セクター等に由来するCanon、Sobrecanon、ロイヤルティ等の一部を、これら資源の採掘現場の先住民コミュニティに直接配分することを目的としたCanon法改正案を国会に提出すると発表した。首相は「2018年におけるC・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Strike Reousrces社、鉄道建設のFS実施コンソーシアムとの間で秘密保持契約を締結

 2019年5月9日付け地元紙によると、豪Strike Resources社は、Andahuaylas(Apurimac州)からMarcona港(Ica州)までの鉄道敷設計画を目的とするコンソーシアムConsorcio Ferrocarril del Sur(CFS)との間で秘密保持契約を締結したことを明らかにした。
・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 鉄鉱石
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

豪:Alcoa社、WA州Pinjarraアルミナ工場の生産能力20%拡張を検討か

 2019年5月9日付けの地元メディアによると、米Alcoa社はWA州で操業するPinjarraアルミナ工場に関し、現在の環境認可で許容されている5mt/年のアルミナ生産能力への拡張工事を実施するための承認申請をWA州環境保護委員会に提出した。現在のPinjarraアルミナ工場の生産能力は4.2mt/年であり、約20%・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Rio Tinto、伝統的土地所有者グループが運営する企業とWA州の鉄道メンテナンス業務委託契約を締結

 2019年5月9日付けの地元メディアによると、Rio TintoはWA州Pilbara地域の鉄道メンテナンス業務に関し、伝統的土地所有者であるYindjibarndi族の代表により運営されているYurra社に対して5年間20mA$の委託契約を締結した。Rio TintoとYindjibarndi族は2013年にInd・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:WA州環境保護委員会、Greenbushesリチウム鉱山の拡張計画を承認

 2019年5月8日付けの地元メディアによると、WA州環境保護委員会は、Talison社(中国Tianqi社が51%、米Albemarle社が49%を保有)が実施する予定のWA州Greenbushes鉱山の拡張計画を承認した。この拡張計画は、512mA$を新たに投じて建設が既に計画されているリシア輝石選鉱設備の第3系列・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:WA州地質調査所、Pilbara地域における空中重力探査を開始

 2019年5月8日付けの地元メディアによると、WA州地質調査所(GSWA)は2018年にKimberley地域やLittle Sandy砂漠、Great Victoria砂漠で実施した空中重力探査のデータを公表するとともに、Pilbara地域の面積170,000km2の地域において、空中重力探査を新たに開始したことを・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Heron社、NSW州Woodlawn亜鉛・銅鉱山がフル操業体制となったことを報告

 2019年5月8日付けの地元メディアによると、豪Heron社はNSW州Woodlawn Zn・Cu鉱山の選鉱施設が試験操業からフル操業体制となり、今後1.5mt/年の給鉱処理量達成と回収率良化、生産精鉱の品質改善に向けて作業を継続していくことを明らかにした。現在Heron社は、尾鉱の再処理を新しく建設した浮遊選鉱施設・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:WA州の資源業界、豪州経済に対して57.7bA$貢献していることが新たな調査結果で判明

 2019年5月6日付けのメディアによると、WA州鉱物エネルギー会議所(CME)の新たな調査結果により、WA州の資源業界が2017/18年度、豪州経済に対して57.7bA$貢献したことが明らかになった。この調査はWA州の鉱業、石油ガス、エネルギー企業41社を対象に実施したもので、CMEによるとこれらの企業はWA州経済に・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

その他:ILZSGの鉛需給予測、2019年は7.1万tの供給過剰

 2019年5月8日に、ポルトガル・リスボンで春季国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)が開催され、2019年の鉛需給予測について協議された。ILZSGは鉛需給バランスについて、2019年は7.1万tの供給過剰になると予測した。
 供給サイドについては、鉛鉱山生産量は、2019年は主に中国とインドの鉱山の生産増により、前年比・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

その他:ILZSGの亜鉛需給予測、2019年は12.1万tの供給不足

 2019年5月8日に、ポルトガル・リスボンで春季国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)が開催され、2019年の亜鉛需給予測について協議された。ILZSGは亜鉛需給バランスについて、2019年には12.1万tの供給不足になると予測した。
 供給サイドについては、亜鉛鉱山生産量は、2018年が前年比1.3%増となった後、201・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

その他:INSGのニッケル需給予測、2018年は14.6万t、2019年は8.4万tの供給不足

 2019年5月6日から7日にかけて、ポルトガル・リスボンで国際ニッケル研究会(INSG)が開催され、ニッケルの2018年の実績見込み及び2019年の需給予測について協議された。INSGはニッケル需給バランスについて、2018年の供給不足幅を14.6万t、2019年の供給不足幅を8.4万tとした。
 供給サイドについ・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

米:Nevada Copper社、Pumpkin Hollow銅プロジェクトの操業費用として115mC$を資金調達

 2019年5月8日付けメディア報道によれば、米Nevada Copper社は独KfW IPEX銀行と115mC$のクレジット契約を締結したと発表した。また、併せて30mC$の私募債発行及びAurubis社及びConcord社との35mC$相当のオフテイク契約を締結したと発表した。これらの資金は同社が100%の権益を保・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
杉崎真幸
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ