閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:

中国:銅陵富翔有限公司の銅棒(半製品)事業は生産設備取り付け段階に

 安泰科によれば、銅陵富翔リサイクル利用有限公司は年間20千tの銅棒(半製品)生産施設の建設作業を急ピッチで進めており、現在生産設備の取付段階に入った。当該事業における投資総額は1.5億元で、生産稼働後の年間生産販売額は10億元、税込み利益は8,000万元を見込む。
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

インドネシア:PTFIが国内新規銅製錬所建設の資金を調達、また追加の輸出許可を申請中

 2019年8月26日付け地元メディアによると、Papua州Grasberg銅金鉱山を操業するPTFI(PT Freeport Indonesia)のTony Wenas社長は8月24日、東Java州Gresik・Java統合工業港湾団地(JIIPE)において進めている新規銅製錬所建設にあたり、国内外の銀行11行と総額・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

ボツワナ:T3銅鉱山の開発、影響評価に係るパブリックコメントの手続きに入る予定

 2019年8月27日付け、豪MOD Resources社の発表によると、ボツワナにある同社所有のT3銅露天掘り鉱山の許可プロセスの一環として、MOD社は、環境・社会影響評価を公表し、パブリックコメントを受ける予定。T3銅鉱山の影響を受ける可能性のある関係者は、4週間以内に国の環境部局にコメントを提出する必要がある。M・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

メキシコ:Gloria銅プロジェクトが開発段階目前に

 2019年8月28日付け地元紙は、加VVC Exploration社がChihuahua州に保有するGloria銅プロジェクトが開発段階目前となったと報じている。同プロジェクトの開発は2015年に当時のChihuahua州知事により正式に発表されていたものの、土地利用変更許可取得に時間を要したことから延期されていた。・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ