閉じる

ニュース・フラッシュ

カザフスタン:政府、法律に「国有化」の用語を導入

現地報道によると、カザフスタン共和国政府は、初めて法律に「国有化」の概念を導入し、「他に手段がない場合」に投資家に補償金を支払うことを盛り込んだ改正となっている。 アイトジャノワ経済発展貿易相は、「国有化とは、他の没収方法や財産所有者との調整方法がすべて尽きた非常事態においてのみ用いられる財産没収のプロセスである」と、・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
大木雅文

ロシア:Norilsk Nickel、2025年までの企業発展戦略

当地報道等によると、Norilsk Nickelは、同社の今後のグローバル事業に関して、その地理的範囲を拡大する計画について発表した。 2025年までの企業発展戦略案の検討が行われたNorilskでの会議の結果を受け、ウラジミル・ストルジャルコフスキーCEOが述べたところによると、同社はまずロシアのプロジェクト、特に北・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
大木雅文

ロシア:2011年1月におけるロシアの銅、ニッケル輸出の状況

ロシア連邦税関局の統計によると、2011年1月のロシアの外国市場向け精銅輸出は、2010年同期に比べ73.7%減少し11.4千tとなった。金額ベースでは1億630万$で64.3%の減少となった。精銅の供給は、前年同期はCIS 諸国にも若干行われていたが、非CIS諸国に対してのみとなった。 一方、2011年1月の未加工ニ・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル ベースメタル レアメタル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
大木雅文

ロシア:ロスアトム、レアアースの世界市場シェア10~15%を目指す

当地報道では、ロシア国家会社ロスアトムは、レアアースの需要増加に鑑み、その世界市場の10~15%を占めることを目指している旨を伝えている。これは、国家院の拡大会議において、ロスアトム傘下のARMZ の非ウラン・プロジェクト担当取締役であるウラジーミル・セルヴェトニク氏が報告したものである。 専門家によると、レアアースは・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
大木雅文

ロシア:Norilsk Nickel北極圏支社、鉱石採掘量の増加を予定

当地金属専門誌によるインタビューに対して、Norilsk Nickelの北極圏支社長エフゲニー・ムラヴィヨフ氏は、2011年、Norilsk Nickelの北極圏支社に対する投資額は327億RUB(11.6億US$)であり、新たなボーリングや鉱山機械の購入等を計画していること、また北極圏支社の銅・ニッケル鉱石採掘量は数・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
大木雅文

カザフスタン:第2回「マイネックス中央アジア」、4月にアスタナで開催

カザフスタン及び中央アジア諸国の鉱業部門での重要なイベントの1つである国際鉱業フォーラム「マイネックス中央アジア」(第2回)が4月5~7日、アスタナで開催される。 目的は、リーマンショック後のカザフスタン及び中央アジア諸国の鉱業に関する戦略と今後の発展の見通しについての意見情報交換であり、カザフスタン及び中央アジアの他・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
大木雅文

ロシア:ルサール・KrAZ、ロシアの需要家へアルミ供給を増大

当地専門誌等では、2012年のアルミ需要増に向けて、ルサールがアルミ供給を増加する旨を伝えている。 2011年1~2月、クラスノヤルスク・アルミニウム工場(KrAZ)の国内市場向け供給は対前年同期比35%増加した。KrAZ は2ヵ月間に3万8,700 tの製品をロシアの需要家向けに出荷した。ルサールは、機械製造、建設部・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
大木雅文

ロシア:ロシアの供給減少によりパラジウム価格が上昇の可能性

ビジネス誌は、ロシアの供給減少を背景に、2011年末までにパラジウム価格は15%上昇する可能性があると伝えている。 ロシアは世界最大のパラジウム生産国だが、現在、貴金属取引主要国のスイスに対するロシアからのパラジウム供給は、過去15年で最低レベルまで減少している。かつて130万oz(約40 t)に達した輸出量は、201・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム レアメタル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
大木雅文

ロシア:Norilsk Nickel、連邦自然利用監督局との間で共同行動計画を作成

当地報道は、Norilsk Nickelが、同社のウラジミル・ストルジャルコフスキー社長と連邦自然利用監督局のウラジミル・キリロフ長官との間で「2011年の共同行動計画」に署名した、と発表した旨を伝えた。 この計画は連邦自然利用監督局と同社との間で締結されている、Norilsk市の環境における汚染物質の排出による影響を・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
大木雅文

ロシア:ロシア天然資源環境省、地下資源鉱区の境界変更に関する修正法案を政府に提出

当地報道では、ロシア連邦天然資源環境省が、ロシア連邦地下資源法について利用に供された地下資源鉱区の境界変更に関する修正法案をロシア連邦政府幹部会会議に提出する旨を伝えている。 ロシア連邦地下資源法第7条に基づき、地下資源鉱区は、地下資源利用権に応じて、鉱区すなわち地下資源の幾何学的ユニットとして利用者に提供される。鉱区・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
大木雅文

カザフスタン:ENRC、銅生産でKazakhmysを追い抜く投資計画を明言

現地報道等によると、カザフスタンの鉱山会社Eurasian Natural Resources(ENRC)(注1)が、2011~13年に、同国内に55億US$、国外に40億US$の投資を行う計画を報じている。 同社出資者の1人であるアレクサンドル・マシケヴィチ氏が同社傘下のカザフスタン・アルミニウム社との会合で明らかに・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
大木雅文

ロシア:天然資源環境省、地下資源利用権の認可システム迅速化に係る修正法案を政府に提出

ロシア情報誌によると、ロシア連邦天然資源環境省は、大陸棚を含む連邦政府が管理する地下資源利用権の付与に関する意思決定期間を短縮することを目的として、現行法規の修正案を作成した。地下資源利用権は連邦政府の決定により認可がなされている。 同省が作成した草案は、連邦政府が管理する地下資源鉱区における地下資源利用権取得申請の審・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
大木雅文

ロシア:Rusalは、2011~15年に東部のアルミ工場に7億US$を投資

地元金属専門誌によると、クラスノヤルスク経済フォーラムでの記者会見において、Rusalオレグ・デリパスカ CEOが、同社東部アルミ事業部の工場近代化に2011~15年の間に7億US$投資すると述べた。 また同氏は、今後12年間に、シベリアの同社アルミ工場の能力を現在の320万tから倍増する計画であると補足した。この生産・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
大木雅文

ロシア:Rusal、2010年の生産実績を公表

世界最大のアルミニウム・メーカーのRusalは、2010年の生産実績を公表した。その概要は次の通り。・アルミニウム生産量:408.3万t(前年比3%増)・アルミナ生産量:784万t(前年比8%増)・ボーキサイト採掘量:1,180万t(前年比9%増)・ネフェリン鉱石採掘量:490万t(前年比9%増)・アルミ箔パッケージン・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
大木雅文

カザフスタン:2010年輸出実績、銅と錫は減少、鉛は増加

2011年2月14日付けの国家統計局の公表によると、カザフスタンは2010年対前年比12.3%減の278千tの粗銅と銅合金を輸出した。輸出額は18.7億US$で対前年比33%増であった。錫輸出は対前年比6.5%減の276.2千tで、輸出額は対前年比44.8%増の5.8億US$であった。鉛輸出は、対前年比9.9%増の91・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル レアメタル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
大木雅文

南ア・ボツワナ:ノリリスク・ニッケルの海外展開(その1)

地元金属関係誌によると、ケープタウン(南アフリカ)で開催された国際フォーラム「Mining Indaba 2011」において、ノリリスク・ニッケルのロマン・パノフ海外生産拠点部長は、南アとボツワナで操業中の生産拠点の発展可能性についてスピーチした。 パノフ部長によれば2011年、ノリリスク・ニッケル・インターナショナル・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
大木雅文

豪:ノリリスク・ニッケルの海外展開(その2)

ノリリスク・ニッケル社パノフ海外生産拠点部長は、Mining Indaba 2011で、同社の豪州生産拠点の活動について以下のようにスピーチした。 現在、豪州の複数の鉱山について段階的な生産再開を実施しているが、これらは2009年、厳しい経済情勢とニッケル市況の悪化のため生産を無期限停止していたものである。2010年に・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
大木雅文

カザフスタン:政府が地下資源利用権付与の新規則を承認

現地放送等によると、カザフスタン政府は地下資源利用権付与に関する新規則を承認した。 当該規則は2011年1月20日に公布され、公布日から10日経過後の1月30日に発効する。新規則によると、地下資源利用権は地下資源法に基づき、次の3つのうちいずれかの方法で付与される。[1]入札の実施、[2]入札を実施しない直接交渉、[3・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
大木雅文

カザフスタン:2010年非鉄金属生産動向

現地報道は、2010年のカザフスタンにおける非鉄金属動向について以下のように紹介している。 2010年の鉱石生産量は、ボーキサイト5.3百万t(対前年比3.5%増)、銅鉱石3.2百万t(同3.6%増)、銅・亜鉛鉱石4.8百万t(同6.1%減)、鉛・亜鉛鉱石6.8百万t(同3.7%減)、マンガン鉱石3.0百万t(同23.・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
モスクワ
担当者:
大木雅文

ロシア:ノリリスク・ニッケルがヴォロネジ州の鉱床獲得を計画

地元誌等では、プーチン首相とノリリスク・ニッケルのウラジミル・ストルジャルコフスキーCEOとの会談等について取り上げている。 この会談で、同CEO はプーチン首相に対し、同社が関心を有するヴォロネジ州の2つの大規模ニッケル鉱床(エラン及びヨルカ鉱区)の開発権につき入札の実施を要請した。同氏は「今年入札を実施するとの指示・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
大木雅文
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ