閉じる

ニュース・フラッシュ

ボリビア:Navarro鉱業冶金大臣、鉱業によるPotosíの水不足を否定

2017年7月31日付け地元紙によると、Gonzalo Barrientos野党UD党下院議員が「16か月前からPotosíが水不足に悩まされているのは、鉱業と産業によって地域の水の60%が消費されてためである」と批判したことに対して、César Navarro鉱業冶金大臣は、Potosíの水不足を鉱業によるものとしな・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:政府、2019年末までに約1,500百万US$の投資を表明

2017年8月1日付け地元紙によると、César Navarro鉱業冶金大臣は、ボリビア鉱業の強化のため政府は2019年末までに約1,500百万US$を投資する予定であると述べ、この投資がボリビア鉱業史上最も重要な投資であると強調した。Colquiri、Huanuni、Vinto、Karachipampaといった操業中・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:Paitití鉱山会社労働者、和解に向けて協議開始

2017年8月1日付け地元各紙及び鉱業冶金省によると、7月31日朝、Paitití鉱山会社(Empresa Minera Paitití)の80人程度の労働者のグループが、ブラジルと繋がる道路のSan Jose de Chiquitos市近辺で給与引き上げ等の保障を求めて道路封鎖を開始し、午後2時まで抗議行動を続けた。・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:2017年1~7月の鉱業ロイヤルティ収入、前年同期の35%増

2017年8月4日付け地元紙によると、鉱物輸出登録サービス局(Senarecom)のLourdes Abastoflor代表は、2017年1~7月の鉱業ロイヤルティ収入は547百万ボリビアノ(約78百万US$)で、前年同期の399百万ボリビアノ(約57百万US$)と比較して35%増となったと報告した。Abastoflo・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:Vinto社、アウスメルト炉のメンテナンス最終段階

2017年8月4日、ボリビアのABI通信は、3日、Vinto社(Empresa Metalúrgica Vinto)のRamiro Villavicencio社長は、2017年の同社の目標を2016年の錫生産13,106tを上回る生産量とすることであると述べた。Villavicencio社長は、アウスメルト炉のメンテナ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:ボリビアリチウム鉱床公社、リチウム産業化プランの進捗を報告

2017年8月5日付け地元紙は、ボリビアは、自国の技術を適用した4か所のパイロット・プラントでリチウム電池を生産すると伝えた。これまでに得た全ての知見をもとに、産業レベルの複合施設を設置するという第2フェーズが進んでいる。 ボリビアリチウム鉱床公社(Empresa Estatal de Yacimientos de ・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム レアメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:ペルーIlo港を貿易の公式の港とする二国間協定に署名の予定

2017年8月5日付け地元各紙によると、8月4日、ボリビア港湾サービス管理局(Administradora de Servicios Portuarios de Bolivia、ASPB)のDavid Sánchez代表は、8月8日にペルーのIloにおいて、同国の国家港湾公社(ENAPU)と、Ilo港をボリビアの貿易の・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Buenaventura社、2017年第2四半期業績

2017年7月27日付け地元各紙及びエネルギー鉱山省によると、Buenaventura社(本社リマ)が2017年第2四半期業績を公表し、6.16mUS$の損失を計上したことを報告した。 一方、2017年上半期では前年同期の107mUS$から約40%減となったものの、64.5mUS$の利益を確保した旨報告した。なお、上・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Southern Copper社プロジェクト進捗状況

2017年7月31日付け地元各紙によると、Southern Copper社(本社米国)のLarrea社長は、現在同社はペルー国内において投資総額が2,900mUS$に及ぶプロジェクト5件を実施しており、これまでに1,275mUS$の投資を実行した旨明らかにした。 このうち、Cuajone鉱山(Moquegua州)の最・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2017年1~5月鉱業投資額が増加

2017年8月4日付け地元紙によると、鉱業石油エネルギー協会(SNMPE)は、2017年1月から5月までの鉱業探鉱の投資額は153mUS$で、前年同期の125mUS$から22%増加、操業・開発段階にある鉱山への投資額は394mUS$で、前年同期の20%増となったことを明らかにした。SNMPEは、投資額の増加は金属価格の・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2017年度鉱業Canon還付額、5年ぶりに前年を上回る

2017年8月4日、鉱業石油エネルギー協会(SNMPE)は、2017年7月に中央政府から州政府や郡・区役所に送付された鉱業Canon(鉱山企業が2016年に納付した所得税の50%)の総額が1,863mソーレス(約574mUS$)となり、2016年還付額の1,497mソーレスを約24%上回ったことを報告した。鉱業Cano・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:鉱業協同組合のリース契約、鉱業生産契約への迅速な移行に合意

2017年7月26日付け地元各紙によると、César Navarro鉱業冶金大臣は、7月25日、モラレス大統領、ボリビア鉱山公社(Comibol)、鉱業協同組合連合(Fencomin)と大統領府で会合し、2016年10月に出された法律第845号の規定に従い、Comibolの鉱区で操業している鉱業協同組合のリース契約(c・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:リチウム公社、年末までに戦略的パートナーの条件決定の見通し

2017年7月28日付け地元紙によると、ボリビア・リチウム公社(Yacimientos de Litio Bolivianos、YLB)のJuan Carlos Montenegro総裁は、リチウム電池生産及び販売においてボリビアと戦略的パートナーになることに関心を示す外国企業6社とはすでに協議中であり、本年末までに戦・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム レアメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

コロンビア:鉱山エネルギー省、Huila県における持続的鉱業を目的とした電力供給改善策を発表

2017年7月19日付け地元紙によると、鉱山エネルギー省のCarlos Cante鉱山副大臣は、Huila県の鉱業促進・増産を目的として、Electro Huila社による本地域への電力供給強化プロジェクトを発表した。本プロジェクトには約25億ペソ(約838千US$)が投資される見通しとなっている。 本プロジェクトに・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

コロンビア:政府、協議に基づく合意形成実施により住民投票の歯止めを模索

2017年7月19日付け地元紙によると、ここ1年内に実施された鉱業・石油開発への是非を問う5回の住民投票において反対派が勝利したことや、今後少なくとも20ヶ所の自治体で同様の住民投票が実施される中、政府や鉱業・石油セクターは、これらの動きが投資家にもたらすネガティブなメッセージやそれに伴う経済への悪影響を懸念していると・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

コロンビア:国家鉱業庁(ANM)の鉱業フェア、Valledupar市で開始

2017年7月26日付け地元紙によると、国家鉱業庁(ANM)は、地方における鉱業活動強化のため、7月27日、Cesar県Valledupar市を皮切りに鉱業フェアを開始する。本フェアの実施は今回が二回目であり、ANM以外に鉱山エネルギー省、国立職業訓練所、税務庁、大学など5つ以上の機関が参加し、合計7市町村で実施される・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

コロンビア:国家評議会、Pasca市の住民投票に中止命令

2017年7月27日付け地元紙によると、国家評議会の第五小委員会は、8月6日にCundinamarca県Pasca市で予定されていた住民投票を暫時中止するよう命じた。 中止決定の理由は、住民投票における質問が普遍的すぎるために、Pasca市への炭化水素資源供給が不足に陥る恐れがあるためとされている。本決定について、評・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

コロンビア:Eco Oro Minerals社、Paramoエリア境界線決定による仲裁手続きを継続

2017年7月28日付け地元紙によると、Eco Oro Minerals社(本社バンクーバー)は、コロンビア政府に対して、世界銀行投資紛争解決国際センター(ICSID)による仲裁手続きを継続中である旨明らかにした。同社は、コロンビア政府によるSanturbánのParamoエリア決定により、本エリア近傍の鉱区において既・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

コロンビア:Cerro Matoro鉱山、2016年のロイヤルテイ支払いが約23mUS$に達する

2017年7月28日付け地元紙によると、ニッケル鉱石を採掘しているCerro Matoso鉱山の2016年の収支報告が公表され、2016年のロイヤルテイ支払いは700億ペソ(約23mUS$)に達したと伝えた。 2016年のOPEXは8,450億ペソ(約282mUS$)で、労働者や請負業者へ払った賃金、福祉厚生その他は・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:La Oroya精錬所とCobriza鉱山、第3回入札も不成立

2017年7月27日付け地元各紙及びエネルギー鉱山省によると、2017年7月26日、清算手続き中のDoe Run Peru社資産のLa Oroya精錬所とCobriza鉱山の第3回入札が実施されたが、応札企業はなく不成立に終わった。 La Oroya精錬所とCobriza鉱山は2017年3月にも合計3度にわたって入札・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ