閉じる

ニュース・フラッシュ

中国:2018年1~9月の中国酸化アンチモン輸出量、前年同期比15.9%増

 中国税関統計データによると、中国の2018年9月の酸化アンチモン輸出量は2,545.1tで前月比17.7%減、前年同月比14.3%減少した。2018年1~9月の酸化アンチモン輸出量は前年比15.9%増29,723.0tであった。2018年1~9月、中国の酸化アンチモンは主に米国(13,771.7t、前年同期比35.0・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2018年1~9月の中国未圧延アンチモン輸出量、前年同期比0.3%減

 中国税関統計データによると、中国の2018年9月の未圧延アンチモン輸出量は1,493.3tで前月比164.2%増、前年同月比1,361.7%増加した。2018年1~9月の未圧延アンチモン輸出量は前年同期比0.3%減の2,789.9tであった。2018年1~9月、中国の未圧延アンチモンは主にオランダ(670.6t、前年・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2018年1~9月の中国アンチモン鉱石・精鉱輸入量、前年同期比33.6%増

 中国税関統計データによると、中国の2018年9月のアンチモン鉱石・精鉱輸入量は3,608.6tで、前月比58.0%減、前年同月比43.0%減少した。2018年1~9月のアンチモン鉱石及び精鉱輸入量は、前年同期比で33.6%増の66,839.1tであった。2018年1~9月、中国のアンチモン鉱石及び精鉱は、主にロシア(・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:雲南国有資産監督管理委員会は中国銅業有限公司に雲南冶金集団社の51%株式権益を無償譲渡へ

 中国アルミ業社が2018年11月13日に発表した公告によると、中国アルミ業社の持株主である中国アルミ業集団社傘下の子会社である中国銅業有限公司は、雲南省国有資産監督管理員会と「雲南冶金集団株式有限公司の権益に関する無償譲渡契約」を締結した。それによると、雲南省国有資産監督管理委員会は、中国銅業有限公司に雲南冶金集団株・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

豪:Rio Tinto、WA州Koodaideri鉄鉱石プロジェクト開発に3.5bA$の投資を決定

 2018年11月29日、Rio TintoはWA州Koodaideri鉄鉱石プロジェクト開発に対する3.5bA$の投資決定を承認した。同プロジェクトには選鉱施設の建設や既存鉄道ネットワークへ接続するための166kmの新規鉄道敷設などが含まれており、2019年の建設着手、2021年後半の生産開始が見込まれている。生産が・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Hastings Technology社、WA州Yangibana希土類プロジェクトのオフテイク契約を中国企業と締結

 2018年11月29日、豪Hastings Technology社はWA州で推進するYangibana希土類プロジェクトに関し、中国Sky Rock Rare Earth社と混合炭酸希土類のオフテイク契約を締結したことを発表した。この契約により、Sky Rock Rare Earth社は2,500t/yの混合炭酸希土・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ウズベキスタン:金の埋蔵量・生産量データの開示を検討

 2018年11月13日付の地元報道等によると、ウズベキスタン政府は、鉱物(貴金属・レアメタルを含む)の埋蔵量・生産量・販売量に関するデータ開示を検討している。
 ウズベキスタン政府の草案によると、AGMK(Almalyk Mining-Metallurgical Complex)とNGMK(Navoi Mining・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

キルギス:Kyrgyzaltyn社、Makmalzolotoコンビナートをベースとする合弁設立の入札を公告

 2018年11月15日付の地元報道等によると、国営企業Kyrgyzaltyn社は、2018年11月、Makmalzolotoコンビナートをベースとする有限責任合弁企業への出資者を募る入札を公告した。入札参加申請は2018年12月半ばまで受け付ける。設立を予定している合弁企業には、2つの尾鉱堆積場(金埋蔵量約10t)の・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

キルギス:中国Kichi-Chaarat社、2018年12月にキルギスで金選鉱プラント操業開始へ

 2018年11月8日付の地元報道等によると、中国Kichi-Chaarat社(China National Gold Group傘下)は、2018年12月にKuru-Tegerek鉱床(キルギス・Jalal-Abad州Chatkal地区)における選鉱プラントの操業開始を予定しており、そのための準備作業は全て完了してい・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Norilsk Nickel社のファンド、2019年もパラジウム購入を継続

 2018年11月19日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社のGlobal Palladium Fundは、2019年もパラジウムの購入と工業需要家への供給を継続する。ファンドが購入できるのは最大で60万oz(18.7t)であるが、実際の規模は需給状況による。Norilsk Nickel社は、2018・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:レアメタル採取税率を8%から4.8%に引き下げへ

 2018年11月13日付の地元報道等によると、ロシア政府は、2018年11月、主要成分として固有鉱床を形成するレアメタル及び随伴成分(固有鉱床を形成する他のレアメタルの鉱石、他の鉱物鉱石、多成分複雑鉱に含まれる随伴成分)の採掘に適用される鉱物採取税率を8%から4.8%に引き下げる法案を承認した。また、同法案は、戦略的・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Alrosa社によるサハ共和国(ヤクーチア)の自然破壊損害額は約270億RUB

 2018年11月1日付の地元報道等によると、Alrosa社のIrelyakhskaya砂鉱床のドレッジング・ピットのダム決壊によるイレリャフ川、マーラヤ・ボトゥオビヤ川、ビリュィ川水域(サハ共和国(ヤクーチア)Mirny地区)の暫定損害額は267億7,819万RUB(ロシア・ルーブル)となった。
 サハ共和国(ヤク・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

メキシコ:メキシコ鉱業会議所、議会の鉱業法改定等の動きが投資に与える影響に懸念

 2018年11月28日付け地元紙によると、メキシコ鉱業会議所(CAMIMEX)会頭は、メキシコ鉱業界の現状を改善するとした鉱業法等の改正案は、投資を損なう恐れがあると警告した。MORENA(国民再生運動党)のAngélica García上院議員の立法提案(2018年11月27日付 ニュース・フラッシュ:鉱業法改正イ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

ペルー:2018年10月鉱産物生産

 ペルー・エネルギー鉱山省によると、2018年10月の鉱産物生産量は、前年比で銅3.8%減、亜鉛7.9%減、金6.3%減、鉛8.4%減となった一方、鉄鉱石66.8%増、モリブデン20.6%増となった。
 このうち銅に関しては、主にSociedad Minera Cerro Verde社やMinera Las Bamb・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン 亜鉛 鉄鉱石
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Buenaventura社、銅開発への取り組みと方針

 2018年11月29日付け地元紙によると、Buenaventura社は、2019年と2020年における同社最大の目的は、Uchucchacua銀鉱山(Lima州)、Marcapunta銅鉱山(Pasco州)、Tambomayo金・銀鉱山(Arequipa州)、Orcopampa金鉱山(Arequipa州)の生産性を高・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:政府、鉱業一般法一部改正法案提出

 2018年11月28日付け地元紙及び国会に提出された法案によると、政府は、国会に対して鉱業一般法の一部改正法案を提出した。
 法案は今後国会において審議され、承認されれば税安定契約に係る恩恵が明確化・拡大されることが見込まれている。
 改正が提案されているのは主に税制安定契約に係る幾つかの条項である。このうち第7・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Nexa社、El Padrinoプロジェクト進行状況

 2018年11月27日付け地元紙によると、持続的投資環境認定サービス局(SENACE)の情報によれば、Nexa Resources Peru社のEl Padrino亜鉛プロジェクト(Ancash州)の環境影響調査は2019年2月を目途に承認される見通しである。同プロジェクトは、Hilarionプロジェクトの延長にあり・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Doe Run Peru社債権者集会、新たな資産管理会社を模索

Oroya精錬所(Junin州)とCobriza銅鉱山(Huancavelica州)の管理を担っていたDirige社は、11月19日、エネルギー鉱山省に対し辞表を提出し、本業務からの撤退を表明した。
 撤退の主な理由は、同社がLa Oroya精錬所の管理やCobriza銅鉱山の操業報酬として月額96,000US$(+・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Volcan社、2019年は多鉱種プロジェクトの探鉱倍増を計画

 2018年11月26日付け地元紙によると、Volcan社のPicasso社長は、2019年の探鉱投資額を現在の50mUS$から2倍となる約100mUS$とする方針を示した。
 同社は、Chugarユニット近傍のAlpamarcaユニット(Junin州)やCarhuacayanプロジェクト(Junin州)、Palma・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:エネルギー鉱山省、Tia Maria銅プロジェクトを2019年鉱業投資プロジェクトに追加の見通し

 2018年11月23日付け地元紙によると、エネルギー鉱山省は、Southern Copper社のTia Maria銅プロジェクト(Arequipa州)に関し、同社が提出した鉱物処理権の申請書類に対して鉱山総局が指摘した不備の修正が完了すれば、2019年に鉱山建設投資が開始されるとの見込みを示した。
 Inchaus・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ