閉じる

ニュース・フラッシュ

ニカラグア:B2Gold社、El Limón金鉱山の生産減等の影響により2019年第1四半期の減収を発表

 2019年5月8日付け地元紙の報道によると、ニカラグア、ナミビア、フィリピンで操業を展開している加B2Gold社(本社:バンクーバー)は、同社がニカラグアに保有するEl Limón鉱山からの2019年第1四半期販売量が低調であったことに加え価格の影響から、前年同期の57mUS$の純利益が2019年第1四半期は27mU・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:加Torex Gold社、2019年第1四半期の金生産量が前期比減も2019年の目標達成を表明

 2019年5月8日付け地元紙の報道によると、加Torex Gold社幹部は、同社がGuerrero州に保有するEl Limón-Guajes鉱山の2019年第1四半期の金生産量が減少(2019年4月9日付 ニュース・フラッシュ:El Limón-Guajes金鉱山における第1四半期生産量が減少参照)したものの、201・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:豪Azure Minerals社、Alacránプロジェクトのボーリング調査結果を公表

 2019年5月8日付け業界紙によると、豪Azure Minerals社は、同社がSonora州に保有するAlacránプロジェクトのボーリング調査結果を発表した。なお、Minera Teck社(Teck Resourcesの子会社)が同プロジェクトのオペレーターを務め、調査計画第2フェーズにおいて、21孔、総延長10・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:メキシコ鉱業会議所、Peñasquito金銀鉱山アクセス道封鎖問題解決に向けた文書を政府に発出

 Newmont Goldcorp社が保有するPeñasquito鉱山で発生している鉱山アクセス道の封鎖問題について(2019年4月19日付 ニュース・フラッシュ:2018年6月に続き、Goldcorp社、Peñasquito鉱山アクセス道で封鎖活動参照)メキシコ鉱業会議所(Camimex)は政府に対し、問題解決に向け・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:2018年鉱業投資額、業界予想を大きく下回る

 2019年5月6日付け業界紙によると、メキシコ鉱業会議所(Camimex)は、2018年鉱業投資額が4,550mUS$となり、2018年7月時点の予想5,260mUS$を大きく下回ったと発表した。なお、同数値は2017年の投資額4,632mUS$を若干下回るものであったが、2016年の3,752mUS$は上回った。こ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

ペルー:2019年3月鉱産物生産量

 エネルギー鉱山省の発表によると、2019年3月の主要鉱産物生産量は、前年同月比で銅4.68%増、鉛5.69%増となった一方、亜鉛0.44%減、鉄10.95%減、金0.28%減となった。
 このうち銅に関しては、粗鉱処理量が増加したSociedad Minera Cerro Verde社(2.8%増)、Minera ・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン 亜鉛 鉄鉱石
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Hochschild Mining社、ペルー南部における探鉱継続の方針

 2019年5月8日付け地元紙によると、Hochschild Mining社は、第1四半期の決算発表において、Inmaculada金銀鉱山やPallancata金銀鉱山(共にAyacucho州)における生産は堅調であり、2019年の生産やコストの目標を達成できるとの見通しを示した。さらに、これら2鉱山及びSan Jos・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Nexa Resources社、Cajamarquilla亜鉛精錬所に24mUS$の投資を計画

 2019年5月6日付け地元紙によると、Nexa Resources社は、Cajamarquilla精錬所におけるジャロサイトプロセス導入により亜鉛回収率を3%高めるプロジェクトに対する投資総額は44mUS$であり、このうち20mUS$が2018年に投資され、残り24mUS$が2019年に投資される計画である旨明らかに・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Las Bambas銅鉱山関連争議

 2019年5月4~8日付け地元各紙によると、Las Bambas銅鉱山からの155mUS$の支払いを目的として、抗議運動の扇動や道路封鎖を計画した容疑で身柄を拘束されていたNueva Fuerabamba村の法務顧問2名に関し、5月3日、Apurimac州の裁判所は同2名の釈放を決定した。検察は本決定に対する異議を表・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:政府、リチウム開発に向けた制度の準備に着手

 2019年5月4日付け地元紙によると、Ismodesエネルギー鉱山大臣は、外国人記者協会での会見において、ペルー政府が米国国際開発庁(USAID)及びペルー原子力研究所(IPEN)の協力の下、リチウムおよびウラン開発を目的とした規則の枠組みを準備中である旨明らかにした。同大臣は、既に存在する規則の原案を基にUSAID・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:エネルギー鉱山大臣、Tia Maria銅プロジェクト建設許可についてコメント

 2019年5月3日付け地元紙によると、Ismodesエネルギー鉱山大臣は、Southern Copper社のTia Maria銅プロジェクト(Arequipa州)に関して、政府は環境影響調査(EIA)の期限となる2019年8月末までに建設許可を付与する可能性はあるとしつつ、「建設許可の付与によって、即時に建設が可能と・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Buenaventura社、2020年にTantahuatay銅プロジェクトのプレFSを実施

 2019年5月3日付け地元紙によると、Buenaventura社は、2,100mUS$の投資が予定されるTantahuatay金・銀鉱山(Cajamarca州)の硫化銅プロジェクトに関し、既にScoping Studyを完了しており、2020年第1四半期にプレFSを実施する見通しを明らかにした。本鉱山では2011年の・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:政府、鉱業関連争議80件の存在を公表

 2019年4月30日付け地元紙によると、内閣府の社会対策・対話事務局(SGSD)は、社会争議レポートを公表し、2019年3月における全国の社会争議件数は190件で、このうち80件が鉱業関連争議だったと報告した。SGSDによる鉱業関連争議件数は、オンブズマンによる同月の争議件数(73件)を7件上回るものとなっている。
・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

中国:2019年1~3月レアアース製錬分離製品の純輸入国に

 現地報道によれば、2019年1~3月において、中国はレアアース製錬分離製品の純輸入国になり、レアアース永久磁石材料の輸出量は継続的に拡大しており、輸入量は引き続き下落した。レアアース製錬分離製品と永久磁石材料の輸入低下と異なり、2019年1~3月のレアアース精鉱輸入幅は拡大し、対前年同期比50.8%増加した。
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2019年3月の中国のアンチモン鉱石及び精鉱輸入量、前年同月比34.9%減

 中国税関統計データによると、中国の2019年3月のアンチモン鉱石及び精鉱輸入量は3,399.4tで前月比27.4%減、前年同月比34.9%減少した。2019年1~3月のアンチモン鉱石及び精鉱の輸入量は前年同期比15.2%減の17,519.8tであった。2019年3月、中国のアンチモン鉱石及び精鉱は主にタジキスタン(2・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2019年3月の中国の未圧延アンチモン輸出量、前年同月比2,433.4%増

 中国税関統計データによると、中国の2019年3月の未圧延アンチモン輸出量は1,097.0tで前月比172.9%増、前年同月比2,433.4%増加した。2019年1~3月の未圧延アンチモン輸出量は前年同期比418.8%増2,695.1tであった。2019年3月、中国の未圧延アンチモンの輸出先は主に日本(180t、前年同・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2019年3月の中国の酸化アンチモン輸出量、前年同月比12.6%増

 中国税関統計データによると、中国の2019年3月の酸化アンチモン輸出量は3,996tで前月比100.7%増、前年同月比12.6%増加した。2019年1~3月の酸化アンチモン輸出量は前年同期比8.0%増9,679.5tであった。2019年3月、中国の酸化アンチモンは主に米国(1,461.2t、前年同月比2.8%減)、タ・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:中科三環社、南方希土社に資本加入予定で、ハイレベル希土類磁石材料事業を共同投資

 現地報道によれば、中科三環社は、中国南方レアアース集団有限公司と「協力意向書」を締結した。中科三環社は、増資する形で南方レアアース社の5%の権益を獲得する。同時に江西省贛州市で年間生産能力5kt/年の高性能焼結ネオジム・鉄ボロン系レアアース生産企業を共同投資する予定。
 両社が贛州で共同投資する当該ハイレベル磁石材・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:北方レアアース社、包頭市平遠物資回収公司と共同でアルミニウム・マグネシウム合金基地を設置

 安泰科によれば、北方レアアース社は、25.5m元を出資し、包頭市平遠物資回収有限公司と合弁会社を創設し、主にレアアース・アルミニウム・マグネシウム合金(第1期)事業を展開する予定。
 新規設立した会社は、「北方レアアース・アルミニウム・マグネシウム新材料有限責任公司」という名称とし、登録資本金は50m元を設定してい・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト マグネシウム
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:国家電気投資山西アルミ業社、寧武寛草坪ボーキサイト鉱山の生産開始

 安泰科によれば、国家電気投資集団山西アルミ業社の寧武寛草坪ボーキサイト鉱山が生産を開始した。寧武寛草坪ボーキサイト鉱山は、山西アルミ業社が所有する鉱山で、2012年12月24日に山西省国土資源庁から統合後の採掘許可証を取得した。2010年2月、同社は、寧武ボーキサイト鉱山に対する建設事業を開始していたが、歴史的な問題・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ