閉じる

ニュース・フラッシュ

チリ:2018年炭酸リチウム輸出額、前年比38%増となる948mUS$を記録

 チリ中央銀行によると、2018年のチリにおける炭酸リチウム輸出額は9億4,836万US$となり、2017年の輸出額6億8,594万US$と比較して約38.3%増となった。
 2018年、チリにおける各月の炭酸リチウム輸出額は、9月および11月を除いて2017年同月の輸出額を上回っており、最も高い輸出額は4月の1億7・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
村上尚義

インドネシア:PTFI・Grasberg銅金鉱山、2019年の生産量は大幅に減少の見込み、その他2019年1月の動き

 2019年1月10日付及び14日付地元メディアによると、エネルギー鉱物資源省Yunus Saefulhak鉱物事業開発部長は9日、PTFI(PT Freeport Indonesia)・Grasberg鉱山の銅精鉱生産量は2018年の210万tから2019年は120万tまで減少する見込みであることを明らかにした。同部・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:2019年1月の鉱物参照価格及び輸出基準価格

 2019年1月2日付でエネルギー鉱物資源省は、2019年1月の鉱物参照価格(HMA)を設定した。このHMAは、LME、LBMA、Asian Metal、ICDXを含む公表された国際指標を基に毎月設定される。以下、主なHMAである。2018年12月と比較して、コバルトは0.6%、亜鉛は0.3%、銅は0.2%、金は0.9・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

豪:QLD州政府、Sconiラテライトコバルト・ニッケル・スカンジウムプロジェクトを「prescribed project」に認定

 2019年1月25日付のメディアによると、QLD州政府は豪Australian Mines社が推進するSconiラテライトCo・Ni・Scプロジェクトを、地元に対する雇用と経済効果が顕著に期待されるとして、「prescribed project」として認定した。同プロジェクトは2019年中に建設開始が予定されており、・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト スカンジウム ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:豪州鉱業探鉱企業協会、豪州におけるバッテリー鉱物資源の投資機会をまとめた冊子を公表

 2019年1月23日、豪州鉱業探鉱企業協会(AMEC)は電気自動車の普及拡大に合わせて注目が集まっているニッケル、リチウム、コバルト、グラファイトなどの「バッテリー鉱物資源」に関し、豪州における投資機会を紹介することを目的に、豪州中小企業が保有する鉱業プロジェクトをまとめた冊子を公表した。同冊子では、探鉱プロジェクト・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト コバルト ニッケル リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

メキシコ:Minera Gorrión社の金・銀Ixtacaプロジェクト、先住民による抗議対象に

 2019年1月27日付け地元紙は、Puebla州のIxtacamaxtitlán先住民コミュニティにおける団体がMinera Gorrión社保有のIxtacaプロジェクトに関し、「生命を脅かす」としてLópez Obrador大統領宛てに抗議書簡を提出したと報じた。同社は加Almaden Minerals社の子会社・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

ボリビア:アンデス共同体、違法鉱業対策の共同活動に向けて調整

 2019年1月23日付け地元紙によると、同日、アンデス共同体(CAN)は、CANの議長国であるペルーの呼びかけで、加盟国であるボリビア、コロンビア、エクアドルと共に、アンデス地域の違法鉱業対策のための共同活動の調整を再開すべく、「違法鉱業アンデス委員会(Comité Andino de Minería Ilegal)・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 水銀
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:政府、Coipasa塩湖のリチウム産業化を公式に表明

 2019年1月21日付け現地報道によると、ボリビア政府は約2,300mUS$をCoipasa塩湖のリチウム産業化に投資すると公式に伝えた。具体的には、同塩湖において、硫化カリウム、ホウ酸、水酸化リチウム、炭酸リチウム、塩化リチウム、金属リチウム等を、ウユニ塩湖のリチウム産業化と似た条件で生産することである。
 Ál・・・ 続きを読む
鉱種:
カリウム リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ウズベキスタン:金生産データ開示へ

 2019年1月21日付の地元報道等によると、Mirziyoyevウズベキスタン大統領は、2019年1月、金生産・販売量データの秘密保持制度の解除に向けた対応を1か月以内にとるよう内閣に指示した。ウズベキスタンは、現在、金・銀その他非鉄金属・レアアースの生産動向の公式データを公開していない。
 ウズベキスタン国家地質・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ウズベキスタン:三大採鉱製錬コンビナート、IPOを予定

 2019年1月19日付の地元報道等によると、2019年1月17日付ウズベキスタン大統領決定第PP-4124号に基づき、ウズベキスタンの三大採鉱製錬コンビナートであるAGMK(Almalyk Mining-Metallurgical Complex)、NGMK(Navoi Mining and Metallurgica・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:カザフスタンKAZ Minerals社、Baimsky銅プロジェクトの買収を完了

 2019年1月23日付の地元報道等によると、KAZ Minerals社(金・銅生産企業)は、2019年1月、Aristus Holdings社のコンソーシアム企業からのBaimsky銅プロジェクト(露・Chukchi自治管区)買収を完了した。買収総額は9億US$で、うち現時点で6億7,500万US$(現金4億3,60・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:ロシア政府、2035年までのロシア連邦鉱物資源基盤発展戦略を承認

 2018年12月28日付の地元報道等によると、Medvedev首相は、2018年12月22日、政府令第2914-r号「2035年までのロシア連邦鉱物資源基盤発展戦略の承認」に署名した。この戦略では、あらゆる地質調査段階の投資魅力度向上、新規鉱床の予想・探査の精度向上、未開発鉱床を含む既知の鉱床の最新技術の導入等による・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Rosgeologia社、Poaz山塊のプラチナ鉱床の有望性を発表

 2018年12月24日付の地元報道等によると、North-West PGO社(Rosgeologia社傘下)は、Monchegorsk鉱産地方(Murmansk州)Poaz山塊においてプラチナ鉱床の有望性を確認した。山塊の北東部で鉱層の露頭が発見されており、露天採掘が見込まれる。山塊の北部、中央部、南部では掘削・ボー・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:地下資源利用者によるライセンス義務の期限延長要請を政府が分析へ

 2018年12月20日付の地元報道等によると、ロシア政府は、地下資源利用企業によるライセンス義務の期限延長要請について、どの企業が客観的な困難に直面し、どの企業が何らかの理由で投資と事業継続を望まないのかを分析する予定である。Medvedev首相は、地下資源利用者のライセンス義務の延長申請に関して、「天然資源環境省は・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ジャマイカ:露UC Rusal社、政府によるKirkvine鉱山の鉱業権取り消しを提訴

 2019年1月25日付け地元紙によると、Windalco社の親会社である露UC Rusal社は、ジャマイカ政府がKirkvine鉱山の鉱業権(ボーキサイト)を取り消した件に対し提訴したことを明らかにした。報道によれば、鉱山法第42条(b)には6か月間、鉱業権のある土地において何ら作業が行われていない場合、政府は鉱業許・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

グアテマラ:加Pan American Silver社、Escobal鉱山買収を検討

 2019年1月24日付け地元紙は、加Tahoe Resources社が保有するEscobal鉱山に関し採掘権(ライセンス)再取得のため先住民との協議を進める一方で、加Pan American Silver社は同鉱山買収を検討していると報じた。Pan American Silver社は、同鉱山の買収により世界の銀生産企・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

中国:鉛製錬所に対する点検作業が完了し、中国2018年12月の鉛生産量は急増へ

 安泰科によれば、国家統計局が公表したデータによると、中国2018年12月の鉛生産量は、対前月比15.9%増の56.1万tで、対前年同月比30.5%増加した。2018年1~12月の総生産量は対前年比9.8%増加した。
 鉛製錬企業は、年末は生産能力を全開しており、稼働率は高いレベルを保っている。山東省、河南省等地域に・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:国内最大の亜鉛製錬所の移転により、2018年12月の亜鉛生産量は小幅に減少

 安泰科によれば、国家統計局が公表したデータによると、中国2018年12月の精製亜鉛(電気亜鉛)の生産量は、前月比2%減の50.9万tで、前年同月比1.7%減少した。2018年年間生産量は前年比3.2%減の568.1万tであった。
 国内大手生産企業である株洲製錬集団社は、2018年12月に製錬所全体の移転を行い、湖・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:中国アルミ業社は、中国アルミ南海合金社の100%の株式権益をもって中国アルミ創新開発投資有限公司に資本増加

 安泰科によれば、中国アルミ業社は中国アルミ南海合金有限公司の100%株式権益を保有しており、それをもって中国アルミ創新開発投資有限公司に資本拡大させる。拡大した後、中国アルミ業社は、中国アルミ開発投資公司の19.49%の株式権益を所有することになる。
 中国アルミ開発投資公司は、中国アルミ業集団有限公司の全額出資子・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:江西銅業社は、国興銅業社の65%の株式権益を買収

 安泰科によれば、江西銅業株式有限公司は、競争入札により煙台国興銅業有限公司の株式権益を買収した。江西銅業社は、煙台国豊投資持株有限公司と共に国興銅業社に投資し、10億元まで資金を増加させる。これにより、それぞれ65%、35%の権益を確保することになる。1月3日午前、両社は、生産能力18万t銅製錬共同投資プロジェクトに・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ