閉じる

ニュース・フラッシュ

著者名: 黒須利彦

ロシア:China National Gold社にKlyuchevskoe金鉱床開発プロジェクトの権益60~70%取得を許可

 2017年10月16日付の地元報道等によると、2017年10月12日付ロシア政府令第2219-r号により、Klyuchevskoe金鉱床開発プロジェクト(ザバイカリエ地方)の実施協力に関する中ロ政府間の協定案をロシア側が承認した。同協定は、当該プロジェクト実施の投資協力のための好条件創出を目的として、China Na・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:ロシアの2017年上期のプラチナ・パラジウム生産

 2017年10月11日付の地元報道等によると、ロシア金生産者同盟によれば、ロシアの2017年上期におけるプラチナ生産(採掘、随伴生産、スクラップ・くず処理)は、前年同期比約0.92%減の12.882t、パラジウム生産は6.9%増の45.251tで、2017年はプラチナ生産を25.7~28.1t、パラジウム生産を85.・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Norilsk Nickel社、北極圏地域の環境負荷を低減

 2017年10月6日付の地元報道等によると、2017年に実施されたNorilsk Nickel社の最重要環境プロジェクトは、Monchegorsk生産施設(世界最大級の精錬施設)における、ロシア唯一のニッケル精錬含塩廃液の処理施設建設である。その基盤となっているのは、含塩廃液の完全蒸発・乾燥・パッケージングのユニーク・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:BMC社、2018年末までにUdokan採鉱製錬コンビナートの設計作成へ

 2017年10月4日付の地元報道等によると、Baikal Mining Company(BMC、実業家ウスマノフ氏所有のUSM Holding傘下)は、2018年末までにUdokan銅鉱床(ザバイカリエ地方)におけるUdokan採鉱製錬コンビナートの設計を完了する予定である。
 設計はMekhanobr Engin・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:ロシア天然資源環境省、所定の期限を過ぎた地質調査に対し地下資源利用料引き上げの意向

 2017年10月2日付の地元報道等によると、ロシア天然資源環境省は、2017年9月、ライセンス上の義務を期限内に履行できなかった企業に対し、地下資源利用料を幾何級数的に引き上げることを盛り込んだ法案を政府に提出した。現在、地下資源区画における地質調査実施に対する地下資源利用者の年間支払額は僅少であり、所定の期限内に地・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ウクライナ:最高経済裁判所、ZALKに対する600万フリヴニャの賠償請求判決を支持

 2017年9月25日付の地元報道等によると、最高経済裁判所は、2017年9月、ウクライナ唯一の一次アルミニウム生産企業Zaporozhye Aluminium Combine(ZALK)に対して、市有地の違法利用に関する600万フリヴニャの賠償を請求するという下級審の判決を支持した。
 訴訟を起こした当局によると、・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

カザフスタン:カザフスタン政府、新地下資源法案を承認

 2017年9月19日付の地元報道等によると、カザフスタン政府は、9月19日、定例会議において、鉱業及び生産発展への投資誘致に向けた新地下資源法案を承認した。現在、カザフスタンの地質調査投資は不足している。1km2当たりの平均地質調査投資額は、米国87US$、豪州167US$、カナダ203US$に対し、カザフスタンは7・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:タングステン鉱石及び精鉱の輸出関税復活を延期

 2017年9月27日付の地元報道等によると、9月に予定されていたタングステン鉱石及び精鉱の10%輸出関税の課税再開は、2017年12月31日まで延期された。現在行われている関税のゼロ税率化は、国際市場における大幅な価格下落とロシア企業のタングステン鉱石・精鉱の生産量減少に対応したものである。
 ロシアが初期処理段階・・・ 続きを読む
鉱種:
タングステン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Lermontovsky採鉱選鉱コンビナート、タングステン選鉱プラントの操業を再開できず

 2017年9月26日付の地元報道等によると、Lermontovsky採鉱選鉱コンビナートは、資金不足によりタングステン選鉱プラントの操業を予定どおりに再開することができなかった。当初は、9月20日の操業開始が予定されていた。
 同コンビナートの社長は、「選鉱プラントは、地方予算による補助金の次回トランシェを受領しな・・・ 続きを読む
鉱種:
タングステン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Mikheevsky採鉱選鉱コンビナート、精鉱への銅回収率を90%以上に拡大へ

 2017年9月21日付の地元報道等によると、Russian Copper Company(RCC社)は、傘下のMikheevsky採鉱選鉱コンビナート(チェリャビンスク州)の選鉱プラントの発展に向けて、37億RUB(ルーブル)以上を投資する。これにより、Mikheevsky採鉱選鉱コンビナートは、現在の二段破砕から、・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:産金企業UGC社、Darasun鉱山の解雇従業員に1,180万RUBを送金

 2017年9月20日付の地元報道等によると、9月18日、Darasun鉱山(Darasun金鉱床の採鉱選鉱操業企業)を解雇された従業員454名のうち52名が解雇に伴う清算金未払いを理由にハンストを決行した。公式データではDarasun鉱山はUGC社の所有であるが、UGC社の発表では、2017年8月15日にUryumk・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Russian Platinum社、Norilsk-1及びChernogorsk鉱床の採掘開始を前倒し

 2017年9月14日付の地元報道等によると、Russian Platinum社は、2022~23年頃とされていた予定を大幅に前倒しし、2020年にNorilsk-1及びChernogorsk銅・ニッケル・白金族金属鉱床の採掘を開始する予定である。同社によると、両鉱床同時に採掘を開始することで開発を効率化できる。Rus・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:ロシアの非鉄金属加工業界、2017年は上向きに

 2017年9月14日付の地元報道等によると、ロシアの非鉄金属加工業界は、国内における景気後退の影響から徐々に脱しつつある。内需拡大により業界は生産量を増やし、2017年はここ数年で初めて1.5~2%の成長を示す可能性がある。
 一連の国内産業部門(機械・重機・機器製造等)の景気後退は、2013年に始まり、非鉄金属加・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

フランス:欧州でカザフスタン・フランス合弁のチタンスクラップ処理プラント開設

 2017年9月22日付の地元報道等によると、9月15日、仏サン・ジョルジュ・ド・モンにおいて、欧州初となるカザフスタン・フランス合弁企業「EcoTitanium」のチタンスクラップ処理プラントの開所式が行われた。この合弁設立者には、UKAD社(Ust-Kamenogorsk Titanium and Magnesiu・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ウクライナ:Velta社、2017年末にLikarivske鉱床でチタン採鉱選鉱コンビナート建設を開始予定

 2017年8月23日付の地元報道等によると、ウクライナの生産・商事会社Velta社は、ウクライナ国家地質地下資源局の地下資源利用に対する許可を取得すれば、2017年末にLikarivskeチタン鉱床(キロヴォフラード州ノヴォムィールホロド地区)をベースとする採鉱選鉱コンビナートの建設を開始する。建設期間は8か月を予定・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

カザフスタン:Tau-Ken Samruk社、株式25%のIPOを準備中

 2017年8月28日付の地元報道等によると、国営鉱業企業Tau-Ken Samruk社は、2020~2021年頃にIPOによる株式25%売却を準備している。2015年12月30日付カザフスタン政府決定第1141号に基づき、2016~2020年の民営化総合計画及び競争環境に移行すべき対象のリストが承認されおり、国営原子・・・ 続きを読む
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:GDK Baimskaya社、先行発展地域「ベリンゴフスキー」にて活動へ

 2017年9月13日付の地元報道等によると、2017年9月に開催された第3回東方経済フォーラム(ウラジオストク)において、極東開発公社、チュクチ自治管区政府、GDK Baimskaya社は、先行発展地域「ベリンゴフスキー」において、Baimskaya斑岩銅エリア開発投資プロジェクトを実施する旨の基本合意書に調印した。・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Pravourmiyskoe社、先行発展地域「コムソモリスク」にて活動へ

 2017年9月12日付の地元報道等によると、Seligdar社の子会社Pravourmiyskoe社(錫部門)は、金属ホールディングSeligdar社と極東開発公社の協定に基づき、先行発展地域「コムソモリスク」(ハバロフスク地方)の居住者のステータスを取得した。
 Pravourmiyskoe社は、本件により、ロシ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Polyus社、Natalka鉱床の採鉱選鉱コンビナートを稼働開始

 2017年9月7日付の地元報道等によると、Polyus社は、ロシア最大級の金鉱床であるNatalka鉱床(マガダン州)の採鉱選鉱コンビナートの稼働を開始した。同社の計画では、2017年にNatalka鉱床で758kgの金生産を行い、2019年にはフル操業化(鉱石年産1,000万t)すると発表されている。
 Nata・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:産金企業Seligdar社、錫生産を拡大

 2017年9月5日付の地元報道等によると、Rusolovo社(Seligdar社傘下)の2017年の錫生産量は、前年比60%増の約1,000tを予定している。同社の2017年1~8月期の錫精鉱(純分)生産量は511tとなり、2015年に達成した1~8月期の史上最高生産量300tに比べ70%増となった。大幅な生産増加は・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ