閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: ニッケル

Falconbridge社、ニューカレドニア・Koniamboフェロニッケルプロジェクト、単独開発を提案

 加Falconbridge社は14日、ニューカレドニアのKoniamboフェロニッケル鉱山開発プロジェクトは全額出資で行う提案を行ったと明らかにした。 同社はパートナーのSociete Miniere du Sud Pacifique(SMSP)に対する具体的提案を明らかにしていないが、SMSPの同プロジェクトの持分・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
池田 肇

フィリピンでニッケル鉱山開発プロジェクト前進

 フィリピン・トレード・マイニング社(TMC)は14日、同国Berongニッケル鉱山開発プロジェクトが地元団体のPalawan Council for Sustainable Development(PCSD)との交渉で合意に達し、鉱山建設着工で大きく前進したと明らかにした。 TMCがLMEで発表したところによると、P・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
池田 肇

豪州・Western Areas社、Flying Foxニッケル鉱山の資源量増加

 Western Areas NL社(本社パース)は、12月14日、同社が探鉱・開発中のFlying Fox鉱床(西オーストラリア州)T5 鉱体の南側への延長(T5 South)を確認、T5鉱体の資源量が27%(含有Ni量で36.5%)増加したと発表した。 T5 South鉱体で確認された資源量は141,600t・平均・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

Albidon社(豪)、ザンビア・Munaliニッケル・プロジェクトの鉱量拡大を発表

 Albidon社(豪)は、ザンビアMunaliニッケル・プロジェクトのEnterpriseニッケル鉱床の鉱量拡大を発表した。ボーリングの結果、推定・予想鉱量の合計が693万t(推定450万t、予想243万t)、ニッケル品位1.4%、PGM(プラチナ、パラジウム)品位1.0g/tに増加、ニッケル金属量にして97千t、P・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
高橋健一

ブラジル・CVRD社のニッケル売上10億ドル以上に、ドイツ銀行が予測

 11月30日付け地元紙等によると、ドイツ銀行はCVRD社のニッケル売上は10億ドル以上になると予測した。CVRD社は既にVermelhoニッケルプロジェクトの開発を決定しており、2008年末までに46,000t/年の規模で生産を開始する予定。またOnÇa PumaプロジェクトをカナダのCanico社の買収に・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

ファルコンブリッジ、ニューカレドニア・ニッケル開発を拒否へ

 フランス政府は25日、ファルコンブリッジ(FB)社に対してニューカレドニアのKoniamboニッケル・プロジェクトを実現させるかどうかの決定を年内に行なうように要請した。フランス蔵相は先週、同プロジェクト実現で、仏政府は資金援助を行なう方針で、FB社に対して1998年のル・ニッケル社との合弁事業取り決めの通り、ニッケ・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
池田 肇

英・トレド社、フィリピン・Berongニッケル鉱山開発認可を取得

 英トレド・マイニング社(Toledo Mining)は30日、フィリピン・Berongニッケル鉱山開発プロジェクトで暫定探鉱認可(TEP:Temporary Exploration Permit)を取得、近く開発に着工すると明らかにした。 TEPはフィリピン政府・環境・天然資源省(DENR)が発行したもので、トレド社・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
池田 肇

Antam、フェロニッケル製錬所第3工場の生産開始を延期

 国営鉱山会社PT Aneka Tambang社(Antam)は28日、フェロニッケル製錬所第3溶鉱炉(FeNi SmelterⅢ)のレンガ補修で生産開始を2006年1月まで延期することを明らかにした。同工場は当初11月中に生産を開始する予定だった。同社の2006年フェロニッケル生産は当初計画に比べ5%減産の2万1,0・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
池田 肇

ル・ニッケル、ニッケル生産正常化へ

 仏ル・ニッケル(Le Nickel)社は25日、ニューカレドニアのニッケル生産が正常化する見込みと明らかにした。同社は労働不安で解雇した現場従業員の職場復帰を一時的に容認したことで労働不安が解消したもの。 ル・ニッケルと仏領ニューカレドニア政府は、NoumeaにあるDoniambo製錬所で11月初めから現場従業員の部・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
池田 肇

豪州・Heron社、Highwayニッケル鉱山の権益確保

 Heron Resources Limited(本社カルグーリー、以下Heron社)は、12月1日、Highwayラテライト・ニッケル・プロジェクトの権益25%をHelix Resources Limitedより取得し、同プロジェクトの権益を100%とすることを発表した。 買収金額は61万豪ドル。そのうち15万豪ドル・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

マダガスカル・Ambatovyニッケル・プロジェクト、Implats社が撤退

Dynatec社(カナダ)は11月28日に、Impala Platinum Holdings社(Implats社、南ア)がマダガスカルAmbatovyニッケル・プロジェクトから撤退する意向であると発表した。これに伴いDynatec社の株価は同日のうち約17%近く急落した。現在、同プロジェクトの権益シェアは、Dynate・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
高橋健一、中塚正紀、宮武修一

European Nickel社、トルコ・ÇaldagニッケルプロジェクトのBFSを完了

European Nickel社(英)は、11月22日、同社のトルコÇaldagニッケルプロジェクトの銀行融資可能なFS(BFS)が完了したと発表した。BFSは、国際エンジニアリング・グループであるAker Kvaerner Australia社と共同で実施され、精錬所へ売却可能なニッケル・コバルト水酸化物(金属品位約・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
嘉村 潤

グアテマラ・フェニックス・フェロニッケル開発計画、2006年第2四半期末にFS終了

 業界情報(11月18日付)等によると、バンクーバーに本社を置くスカイ(Skye Resources)社は、グアテマラのフェニックス・フェロニッケル開発計画のFS調査を、2006年第2四半期末までに終了予定と報じた。 同計画は、グアテマラ市北東170km、イサバル湖周辺に位置し、スカイ社89%とグアテマラ政府11%の共・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
メキシコ
担当者:
権藤 浩

PTインコ、第3四半期ニッケル生産小幅減少

 PTインコ社は10月27日、2005年第3四半期のニッケル・マット生産は4,330万lb(約1万9,600t)で前年同期の4,440万lb(2万100t)に比べ2%減産、この結果、年初来の同生産累計は1億2,270万lb(5万5,600t)となり、前年同期の1億2,171万lb(5万5,100t)に比べ0.9%の小幅・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
池田 肇

Antam、フェロニッケル減産

 インドネシアの国営鉱山会社(PT Aneka Tambang:Antam)は10月28日、第3四半期のフェロニッケル生産は1,271tで前年同期比40%減産、この結果、2005年1~9月の同生産累計は4,001tで同38%の減産と明らかにした。これは生産能力5,500tのフェロニッケル第2製錬所の閉鎖やPamco社の・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
池田 肇

Jubilee Platinum社、マダガスカルの銅・ニッケル多金属鉱床の大規模な空中物理探査をBHP Billitonと共同実施

 業界紙等によれば、Jubilee Platinum社(本社英国。以下「Jubilee社」)は、マダガスカルにおいて、BHP Billiton(以下「BHP社」)と共同で、互いの隣接所有鉱区をカバーする大規模な空中物理探査(VTEM法)を実施する、と発表した。探査資金はBHP社が供給し、両鉱区の調査データはシェアされる・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル ベースメタル レアメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
高橋健一

Antam、フェロニッケル第2製錬所操業再開

 地元紙等によると、インドネシアの国営鉱山会社(PT Aneka Tambang:Antam)は20日、Sulawesi島Pomalaaにあるフェロニッケル第2製錬所(Fe Ni II)が年産5,500tで商業生産を再開したと発表した。現在の操業率は90%である。 同製錬所は2005年3月下旬、金属不純物の異常な混入と・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
池田 肇

Antam、フェロニッケル販売好調

 地元紙等によると、インドネシアの国営鉱山会社(PT Aneka Tambang:Antam)は20日、フェロニッケル需要が好調なため、2006年の同生産は2万2,000tを計画、売上は2億9,000万USドルと大幅に増加する見込みを明らかにした。同社は現在、フェロニッケル第3製錬所の建設を進めており、2006年3月か・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
池田 肇

国際ニッケル研究会、2006年のニッケル需給予測を発表

 国際ニッケル研究会は、10月25日にハーグ(蘭)で開催された2005年秋季会合において、2006年の需給予測を発表した。 これによると、2005年の世界の一次ニッケル地金生産量は1,292千tと、2004年の1,256千t(実績)と比べて2.8%の増加となると予測した。一方、消費量は1,258千tと予測され、2004・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
調査部
担当者:
本庄鉄弥

豪州・Jubilee社、ニッケル生産量増やす

 Jubilee Mines社(本社パース)は、ニッケル生産量が2004年の実績を上回っている。2004年は11千tを生産した。2005年第3四半期の生産は、現在Cosmos鉱山で低品位のニッケル鉱床を採掘しているにもかかわらず、予想より5%上回った。 しかしながら、ニッケル価格の低下と生産コストが3.03ドル/ozか・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
シドニー
担当者:
永井正博
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ