閉じる

ニュース・フラッシュ

メキシコ:6月の鉱業生産、3か月連続の前年割れ

 2018年8月31日付け地元紙によると、6月のメキシコ鉱業生産は3か月連続の前年同月比割れとなり4%減少した。メキシコ国立統計地理情報院によると、金が前年同月比15.1%減の7,969kg(256,000oz)、鉛は同7.7%減の12,547t、銅は0.7%減の42,051tとなった。一方、銀は同0.5%増の333,・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:2018年第2四半期のメキシコ主要銀生産企業の動向

 2018年8月30日付け地元紙によると、メキシコで銀鉱山を操業している主要10社の2018年第2四半期の銀生産量は、前年同期の1,175.6tから1,225.3tに増加した。なお、第1四半期の銀生産量は1,256.4tであり、第1四半期及び第2四半期の各企業等の生産量の下、算出した2018年の総生産量は4,944.9・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

ペルー:Doe Run Peru社清算期限、2020年まで延長、従業員による資産買収は未決着

 2018年8月31日付け地元各紙によると、Doe Run Peru社の債権者集会は、先に国会で入札制度総合法の改正が承認されたことに基づき、La Oroya精錬所(Junin州)とCobriza鉱山(Huancavelica州)から成るDoe Run Peru社資産の清算期限を2020年8月27日まで延長することを決・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Las Bambas銅鉱山アクセス道、封鎖解除も緊張状態が続く

 2018年9月4日付け地元各紙によると、8月22日から地元住民により封鎖されていたLas Bambas銅鉱山(Apurimac州)のアクセス道は、約240名の警官隊によって2か所の封鎖地点がいずれも解除され、精鉱輸送が再開された。
 ペルー国家警察Cusco州長官のMar大佐によれば、警官隊は道路封鎖の解除に加えて・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2018年7月鉱産物生産量

 2018年8月30日、エネルギー鉱山省は2018年7月の鉱産物生産量を発表した。
 主要鉱産物生産量は、前年同月比で亜鉛8.29%増、鉛4.52%増となった一方、銅5.2%減、金3.54%減、錫8.91%減と減産した。
 このうち銅については、Sociedad Minera Cerro Verde社(前年同月比2・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン 亜鉛 鉄鉱石
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ニュージーランド:高等裁判所、South Taranaki Bight海底砂鉄プロジェクトの海洋利用許諾認可に対する不服申立てを認める判決を下す

 2018年8月28日付の地元メディアによると、ニュージーランド環境保全庁が2017年8月、ニュージーランドに拠点を置くTrans-Tasman社に対してSouth Taranaki Bight(STB)海底砂鉄プロジェクトの海洋利用許諾を認可したことに対し、高等裁判所は地元先住民グループや環境保護団体による不服申立て・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Mineral Resources社、WA州Koolyanobbing鉄鉱石鉱山の買収を完了し、生産再開へ

 2018年8月30日付の地元メディアによると、豪Mineral Resources社はWA州Yilgarn地域に所在するKoolyanobbing鉄鉱石鉱山とそれに付随するインフラ資産に関し、前所有者である米Cliffs社からの買収が完了したことを発表した。買収を完了するための最終調整はWA州南部のEsperance・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:CSIRO、シアンや水銀を利用しない金抽出・生産技術による金を豪州で初めて生産したことを報告

 2018年8月29日付の地元メディアによると、豪州科学産業研究機構(CSIRO)はシアンや水銀などといった有害な化学薬品を利用したプロセスを経ずに金を抽出・生産することに、豪州国内において初めて成功したと発表した。CSIROによると、シアンを利用した金抽出技術である青化法は世界の金生産の90%以上で利用されているが、・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:鉱山技術や冶金を対象とした豪大学学部への入学生急減に対する鉱山会社の懸念

 2018年8月29日付の地元メディアによると、豪州の大学における鉱山技術や冶金を対象とした学部への入学者数がここ数年急減しており、必要とされる卒業生の4分の1にも満たないという予測もあることから、鉱山会社が将来の技術者不足に懸念を抱いている。豪州鉱物資源評議会(MCA)は、豪州では毎年200人の鉱山エンジニア学部の卒・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:国立先住権原審判所、WA州Thunderbirdミネラルサンドプロジェクトを巡り伝統的土地所有者の訴えを退ける判断を下す

 2018年8月28日、WA州でThunderbirdミネラルサンドプロジェクトを推進する豪Sheffield社は、同プロジェクト内の伝統的土地所有者グループであるMount Jowlaenga Polygon(MJP)との間の先住権交渉をめぐり、Sheffield社が先住権原法(1993)で定められた大原則である「誠・・・ 続きを読む
鉱種:
ミネラルサンド
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:VIC州政府、同州内における資源セクターの成長を促すための新たな鉱物資源戦略を発表

 2018年8月28日付の地元メディアによると、VIC州政府は2018~2023年における新たな鉱物資源戦略(State of Discovery:Mineral Resources Strategy 2018-2023)を発表した。VIC州内における持続的な資源セクターの成長を確かなものとすることを目的としたものであ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

カザフスタン:Kazzinc社、デジタル化プロジェクトに1,120億KZT投資へ

 2018年8月25日付の地元報道等によると、Kazzinc社(Glencore子会社)は、カザフスタンにおける7つのプロジェクトから成るデジタル化ロードマップを決定した。投資額は1,120億KZT(カザフスタン・テンゲ)となる。Maleevsky鉱山(Zyryanovsk)における人事・設備自動管理システム「Pitr・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:KAZ Minerals社、ロシア・Chukotka自治管区Baimskaya銅プロジェクト買収へ

 2018年8月2日付の地元報道等によると、カザフスタンKAZ Minerals社は、ロシア・Chukotka(チュクチ)自治管区のBaimskaya銅プロジェクトを現金と株式合わせて9億US$(イニシャルペイメント6億7,500万US$、延払い2億2,500万US$)で買収する契約を締結したと発表した。イニシャルペイ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Tomtorレアアース鉱床、2022年に商業採掘開始へ

 2018年8月20日付の地元報道等によると、Vostok Engineering社(TriArk Mining社傘下)は、Tomtor鉱床Buranny鉱区の地質調査を完了した。同社は2018年秋に施設の設計、2021年末に剝土作業、2022年に商業採掘を開始する予定である。
 Tomtor鉱床の開発は露天採掘で冬・・・ 続きを読む
鉱種:
イットリウム スカンジウム テルビウム ニオブ レアアース/希土類
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:天然資源環境省、地下資源利用廃棄物の処理を強化へ

 2018年8月9日付の地元報道等によると、ロシア天然資源環境省は、鉱業廃棄物の二次利用を強化し、「地下資源利用廃棄物」の概念を導入する方針である。2018年8月、関連する連邦法案「地下資源利用廃棄物の利用促進を目的とするロシア連邦地下資源法及び各法令の変更」が関係連邦行政機関に提出された。法案では、「採掘及び採掘関連・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Rusal社、対露制裁の影響によりNadvoitsyアルミニウム製錬所休止

 2018年8月7日付の地元報道等によると、2018年4月に米国による対露制裁の影響により、Nadvoitsyアルミニウム製錬所(略称NAZ、Rusal社傘下、Karelia共和国)は販路と安定した原料供給元を失った。これまでの生産体制が完全に米国指向だったことから、同社の製品需要がなくなり、2018年4月以降は在庫を・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Rosgeologia社、Yakutskgeologia社の株式75%マイナス1株を取得へ

 2018年8月3日付の地元報道等によると、プーチン大統領が署名した2018年8月3日付大統領令第470号に基づき、1年以内にYakutskgeologia社の株式75%マイナス1株(3,367万8,397株)がRosgeologia社の定款資本に繰り入れられる見通しである。現在、Yakutskgeologia社の所有・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

米:豪Northern Star社、AK州Pogo金鉱山の全権益を住友金属鉱山と住友商事から買収することを発表

 2018年8月30日、豪Northern Star社は住友金属鉱山(株)が85%、住友商事(株)が15%の権益を保有する米国AK州Pogo金鉱山の全権益を260mUS$で買収することを発表した。住友金属鉱山(株)によると、Pogo鉱山は2006年から操業開始、2009年から同社がオペレーターを務めていたが、同鉱山のす・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ペルー:Minsur社、プロジェクト進捗状況

 2018年9月3日付け地元紙によると、Minsur社CEOのKruger氏は、1,600mUS$の投資が予定されているMina Justa銅プロジェクト(Ica州)について、同社が本プロジェクトを取得した2012年当初は坑道掘りによる開発が予定されていたものの、2014年に経済性調査により坑道掘り開発が不可能であるこ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Tahoe Resources社、La Arena鉱山の操業を一時停止

 2018年9月3日付け地元紙によると、Tahoe Resources社(本社カナダ)は、La Arena金・銀鉱山(La Libertad州)において8月29日夜、何者かが金の盗難を目的としてリーチング工程の金浸出液を集める遮水シートや活性炭吸着プロセスへの輸送用のパイプを切断した結果、およそ600m3のシアン溶液が・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ