閉じる

ニュース・フラッシュ

ペルー:La Oroya精錬所とCobriza銅鉱山、買収期限の再延長を承認

 2018年7月16日付け地元紙によると、Doe Run Peru社の従業員団体が、Cobriza銅鉱山(Huancavelica州)とLa Oroya精錬所(Junin州)の買収に必要な139mUS$のうち、80%に相当する112mUS$を中国企業のSamsel Group社とShunxing Internation・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2018年度鉱業Canon還付額、前年比70%増加

 2018年7月14日付け地元紙によると、エネルギー鉱山省は、2018年7月に中央政府から州政府や郡・区役所に送付される鉱業Canon(鉱山企業が2017年に納付した所得税の50%)の総額は3,158百万ソーレス(約965.4mUS$)となり、2017年度還付額の1,863百万ソーレス(約569.5mUS$)を約70%・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:ペルー鉱業石油エネルギー協会(SNMPE)会長、金属価格下落に言及

 2018年7月12日付け地元紙によると、ペルー鉱業石油エネルギー協会(SNMPE)のDe la Flor会長は、中国と米国の貿易摩擦を主な要因とする銅価格の下落は、鉱業投資には影響しないとの見通しを示した。
 会長は、金属市場のファンダメンタルに基づき、銅価格は長期的に上昇する見通しであるとしたほか、短期的にも国内・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Minera Ares社、Apurimac州における探鉱を計画

 2018年7月12日付け地元紙によると、Minera Ares社(Hochschildグループ)は、エネルギー鉱山省に対してCorinaプロジェクト及びHuanuculloプロジェクト(共にApurimac州)の資源量増加を目的とした探鉱計画を提出した。
 同社のBustamante社長は、Corinaプロジェクト・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー・ボリビア:ボリビアによるIlo港からの貨物輸出の簡略化を目的とした協定を締結

 2018年7月5日付け及び6日付け両国地元紙によると、ペルーのTrujillo運輸通信大臣と、ボリビアのClaros公共事業・サービス・住宅大臣は、ぺルー南部のIlo港(Moquegua州)からの貨物輸出の簡略化を目的とした協定を締結した。この協定により、ボリビア側はIlo港での取り扱いに際しオペレーションコストの3・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Bear Creek社、Corani銀プロジェクト選鉱プラント建設許可を取得

 2018年6月28日付け地元紙によると、Bear Creek社(本社バンクーバー)は、Corani銀プロジェクト(Puno州)のプラント建設許可を取得したことを明らかにした。
 今回の許可により、選鉱プラント、廃さいや廃棄物処理施設、貯水システムのほか、ラボラトリーや電力システム等を含む補助的な施設の建設が可能とな・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:SENACEのEIA審査手数料、最大25倍の値上げを検討

 2018年6月28日付け地元紙によると、持続的投資環境認証サービス局(SENACE)のWieland長官は、主に鉱業や炭化水素セクターをはじめとする企業によって支払われる環境影響評価(EIA)の審査・承認手数料が、現行法で1UIT(1UIT=4,150ソーレス(約1,267US$))までと定められていることに関し、大・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Inchaustegui鉱山副大臣、鉱業セクターの現状や見通しについてコメント

 2018年6月27日付け地元紙によると、Inchaustegui鉱山副大臣は、同紙のインタビューに対して以下のコメントを行った。
 まず、エネルギー鉱山省による鉱業政策の見直しや行政手続きの簡素化については、既に公布された新鉱業探鉱環境規則や、鉱業保安規則の改善等に加えて、一般鉱業法の改正に取り組んでいるほか、数週・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Panoro Minerals社、Cotabambas銅金銀プロジェクト探鉱を継続

 2018年6月27日付け地元紙によると、Panoro Minerals社(本社バンクーバー)は、Cotabambas銅金銀プロジェクト(Cusco州)のMaria Joseエリア及びPetro Davidエリアで実施した6本のボーリング調査の追加結果を発表した。同社のShaheen社長は、本調査によって両エリア共に、・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Yanacocha金鉱山、Cerro Negroピットの拡大を計画

 2018年6月26日付け地元紙によると、Minera Yanacocha社は、Cerro Negro鉱床における探鉱エリア拡大を目的としたEIAの修正書を提出した。本計画では、2,128haのエリアに254か所の試錐座が設置される見通し。
 Cerro Negro鉱床は、El Tapado、San Jose、Car・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Vizcarra大統領、Tia Maria銅プロジェクトについてコメント

 2018年6月25日付け地元紙によると、Vizcarra大統領は、Tia Maria銅プロジェクト(Arequipa州)について、政府にとって現時点における優先案件ではないとし、本プロジェクト実施の可能性については、適切な時期に地域住民や地方自治体と共に検討したいとの考えを示した。
 さらに、年内に地方選挙が実施さ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Aruntani社、Utunsa金プロジェクトにおける生産を開始

 2018年6月25日付け地元紙によると、Aruntani社のDel Castillo社長は、Utunsa金プロジェクト(Apurimac州)における生産を3月に開始したことを明らかにした。本鉱山では今後5年間にわたり、年間80,000oz(約2.5t)の金を生産するほか、1日あたりの粗鉱処理量は15,000~20,0・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Cerro Verde銅鉱山、選鉱処理量拡大の認可取得

 2018年6月25日付け地元紙によると、Cerro Verde銅鉱山(Arequipa州)は、C2選鉱プラントの粗鉱処理量を、240,000tpdから280,000tpdに拡大するための許認可をエネルギー鉱山省より取得したことを明らかにした。
 本プラントは硫化鉱の銅やモリブデンを対象としており、より自動化が進めら・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Miski Mayo社、米国のプラント向けリン鉱石供給拡大を計画

 2018年6月18日付け地元紙によると、Miski Mayo社のLulf社長は、Bayovarリン鉱石鉱山(Piura州)の増産を目指す方針を示した。Lulf社長によると、Mosaic Company社によるVale Fertilizantes社の買収に伴い、将来的にBayovarリン鉱石鉱山の生産物の75%がMos・・・ 続きを読む
鉱種:
リン
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:住友商事、Yanacocha鉱山に参画

 2018年6月20~22日付け地元各紙によると、住友商事は、Yanacocha鉱山(Cajamarca州)を操業するMinera Yanacocha社の権益5%を、48mUS$で取得することで、Newmont Mining社、Buenaventura社と合意したことを発表した。これにより、Minera Yanacoc・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Auryn Resources社、2018年第4四半期にSombrero金・銅プロジェクトでボーリングを開始

 2018年6月20日付け地元紙によると、Auryn Resources社(本社バンクーバー)は、第4四半期から、Sombrero金・銅プロジェクト(Ayacucho州)における最初のボーリング調査を開始する計画を明らかにした。同社のBebek社長は、地表調査の結果、新たに99m間で品位:Cu 0.42%及び105m間・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Doe Run Peru社従業員団体、中国企業の資金提供によるLa Oroya精錬所とCobriza銅鉱山買収を発表

 2018年6月18日付け地元紙によると、6月14日、Doe Run Peru社の従業員団体は、Cobriza銅鉱山(Huancavelica州)とLa Oroya精錬所(Junin州)の買収に必要としていた資金を確保したと発表した。
 従業員団体代表のCastillo氏によると、中国企業のSamsel Group社・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:三菱商事、Quellaveco銅プロジェクト権益40%に増加でAnglo Americanと合意

 2018年6月14日付け地元各紙によると、Anglo Americanは、三菱商事が保有するQuellaveco銅プロジェクト(Moquegua州)の権益を18.1%から40%に増加することで両社が合意した旨明らかにした。
 Anglo Americanによれば、Quellaveco銅プロジェクトを所有するAngl・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Volcan社、Animon鉱山とIslay鉱山の操業を再開

 2018年6月14日付け地元紙によると、Volcan社は、子会社Chungar社が操業しているAnimon亜鉛・鉛・銅鉱山及びIslay亜鉛・銀鉱山(共にPasco州)は、安全上の理由により5月末から操業を停止していたものの、安全確認が完了したことから操業を再開したことを明らかにした。
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:ペルー政府とSouthern Copper社、Michiquillay銅プロジェクト権益移譲契約を締結

 2018年6月13日付け地元各紙によると、6月12日、ペルー政府とSouthern Copper社は、Michiquillay銅プロジェクトの権益移譲契約を締結した。投資額は約2,500mUS$にのぼる。
 Southern Copper社のGonzales社長は契約の調印後、2019年の詳細設計から初期投資を開始・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ