閉じる

ニュース・フラッシュ

ボリビア:2019年1~4月の鉱業ロイヤルティ収入、12%下落

 2019年6月15日付け地元紙によると、鉱業冶金省のデータとして、本年1月から4月までの鉱業ロイヤルティ収入は382.1mBOB(ボリビアーノス:約54.90mUS$)で、前年同期比12%下落したと伝えた。県別に見ると、Potosi県は17.4%減、La Paz県は25.3%減、Oruro県は12.6%減と鉱業県の数・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:Echazú次官、蒸発資源産業化に向けた今後の計画に言及

 2019年6月13日付け地元紙によると、Oruroを訪問中のAlberto Echazúエネルギー高度技術次官は、政府がPotosi県とOruro県に、2024年までに蒸発資源産業化の14のプラントを設置する予定であり、その一部はボリビア政府独自のプラントとなるが、その他はドイツや中国との提携の下で創設されると報告し・・・ 続きを読む
鉱種:
カリウム その他 ボロン/ホウ素 リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Tia Maria銅プロジェクト、反対派らが24時間抗議デモ実施

 2019年6月21日付け地元各紙によると、経済財務大臣やエネルギー鉱山大臣らが、Tia Maria銅プロジェクト(Arequipa州)に関して6月中に鉱山建設許可が付与される可能性を示唆したことについて、Arequipa州のCaceres知事は6月17日、本プロジェクトは未だ社会的に受け入れられているとはいえないとコ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Marcona鉄鉱山、2020年に精鉱20百万tの生産達成の見通し

 2019年6月19日付け地元紙によると、Minera Shougang社のVera代表取締役は、Marcona鉄鉱山(Ica州)における精鉱生産量が、2019年に17百万t、2020年に20百万tに達する見通しを示し、拡張プロジェクトの目標であった2017年時点の生産量(10百万t)から生産倍増が達成される見通しを明・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:エネルギー鉱山省、経済財務省両大臣、Tia Maria銅プロジェクト建設許可についてコメント

 2019年6月17日付け地元紙によると、Oliva経済財務大臣は、Southern Copper社のTia Maria銅プロジェクト(Arequipa州)に関して、政府が6月中に建設許可を付与する見通しを明らかにした。またエネルギー鉱山省(MEM)とSouthern Copper社が協議を行っていることに言及したほか・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Regulus Resources社、Antakori銅・金プロジェクトの大規模な資源量を公表予定

 2019年6月17日付け地元紙によると、Regulus Resources社(本社:バンクーバー)のBlack CEOは、Antakori銅・金プロジェクト(Cajamarca州)の資源量は500百万tと数年前から倍増しているほか、2020年にはより大規模の資源量を発表する見込みであると述べた。Black CEOは、・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:水源の特定・区分・分類枠組み、2019年7月に完成予定

 2019年6月12日付け地元紙によると、2017年8月15日に公布された水資源法改正法(法律30640)に基づき、水資源庁(ANA)による作成が進められている「水源の特定・区分・分類方法の枠組み」に関し、国会のアンデス・アマゾン・アフリカ系ペルー人環境保全委員会に出席したANAのObando長官は、水源エリアの特定は・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Auryn Resources社、Sombrero銅・金プロジェクトのボーリング調査の結果を発表

 2019年6月17日付け地元紙によると、Auryn Resources社は、Sombrero銅・金プロジェクト(Ayacucho州)のFierrazoターゲットにおいて実施された8本のボーリング調査の結果を発表した。同社は、本結果によって、銅や金の鉱化作用がより深部に広がっていることや、地質や鉱化作用の特徴がLas ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Hudbay Peru社、Constancia銅鉱山におけるボーリング調査を計画

 2019年6月12日付け地元紙によると、Hudbay Peru社(本社:カナダ)は、Constancia銅鉱山(Cusco州)の採掘ピット周辺で計画される探鉱の試錐座やボーリングに関する変更を行うため、三度目となる技術根拠報告書(ITS)を、持続的投資環境認証サービス局(SENACE)に提出した。変更は、本鉱山のピッ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Minera Aruntani社が酸性水により河川汚染、エネルギー鉱山省は同社の保証金を利用した対策を決定

 2019年6月12日付け地元紙によると、Minera Aruntani社のFlorencia-Tucariユニット(Moquegua州)のリーチングプラントから流出した酸性廃水が、Coralaque川支流の2本の沢に流入、汚染していた問題を受けて、エネルギー鉱山省(MEM)は、本ユニットの閉山計画に係り同社が設定して・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Macusaniリチウム・ウランプロジェクト、環境評価未認可の探鉱を実施していたことを認める

 2019年6月11日及び12日付け地元紙によると、2018年半ばに大規模なリチウム資源の存在が報じられたMacusaniリチウム・ウランプロジェクト(Puno州)について、本プロジェクトが位置するCorani区のCaceres区長は、Macusani Yellowcake社が環境評価手続きの認可を受けない状態で探鉱活・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Minera Shouxing Peru社、多金属精鉱プラント拡大を計画

 2019年6月7日付け地元紙によると、Marcona鉱山を操業するMinera Shouxing Peru社は、多金属精鉱プラント(Ica州)の生産能力を、現在の8百万t/年から16百万t/年に倍増することを目的として、持続的投資環境認証サービス局(SENACE)に対し環境影響詳細調査(EIAD)の変更を申請した。
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Los Chapitos銅プロジェクト、新たな鉱化エリアを発見

 2019年6月6日付け地元紙によると、Camino Minerals社(本社:バンクーバー)は、Los Chapitos銅プロジェクト(Arequipa州)において、金と銅の新たな鉱化エリアを発見したと明らかにした。
 同社のWilliamsonゼネラルマネージャーは、これまで未確認だった新たな鉱化エリアが発見され・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2019年4月鉱産物生産量

 エネルギー鉱山省の発表によると、2019年4月の主要鉱産物生産量は、前年同月比で銅1.29%増、鉛20.39%増となった一方、亜鉛13.81%減、鉄27.34%減、金5.39%減となった。
 このうち銅に関しては、Southern Copper社(25.4%増)、Minera Antapaccay社(7.3%増)に・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン 亜鉛 鉄鉱石
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Minera Yanacocha社、Yanacocha金・銅硫化鉱プロジェクトのEIA承認

 2019年6月4日付け地元紙によると、Minera Yanacocha社のOyolaゼネラルマネージャーは、Yanacocha鉱山(Cajamarca州)の金・銅硫化鉱プロジェクトの環境影響調査(EIA)が3月に承認され、現在はFSを実施中であることを明らかにした。さらに、本プロジェクトへの投資額は約2,000mUS・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Miski Mayo社、2019年のリン生産量増加の見通し

 2019年6月4日付け地元紙によると、Miski Mayo社のAttie財務部長は、Bayovarリン鉱石鉱山(Piura州)における2018年の精鉱生産量は4050千tだったほか、2019年にはさらに増産となる見通しを示した。増産の要因として、親会社であるMosaic社が所有するブラジルの3つの鉱山が、廃滓処理の新・・・ 続きを読む
鉱種:
リン
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Minsur社、B2プロジェクト進捗率は89%

 2019年6月3日付け地元紙によると、Minsur社のB2プロジェクト建設責任者のBriones氏は、B2廃滓プロジェクトは89%の進捗状況にあるほか、8月から9月にかけてコミッショニングを、第4四半期には操業を開始する見通しを明らかにした。さらに、本プロジェクトによってSan Rafael錫鉱山の年間生産量は5~6・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Cerro Verde銅鉱山、ボーリング調査の増加を計画

 2019年6月3日付け地元紙によると、Cerro Verde銅鉱山(Arequipa州)は、生産ユニット拡大を目的とした環境影響調査の内容を変更するため、持続的投資環境認証サービス局(SENACE)に対し4度目の技術根拠報告書(ITS)を提出した。ITSには操業の最適化を目的とした補助設備に関する変更のほか、Sant・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Minera Chinalco Peru社、Colcaプロジェクト、Jalaocaプロジェクトを落札

 2019年5月31日、地質鉱業冶金研究所(INGEMMET)は、Colcaプロジェクト及びJalaocaプロジェクトの入札を実施し、両プロジェクト共にMinera Chinalco Peru社が落札した。
 このうち、最低入札価格1,570PENのColcaプロジェクトには5社が応札し、Minera Chinalc・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:新鉱山副大臣が就任

 2019年5月31日、ペルー政府は、同日付けで公布された大統領令決議005-2019-EMにより、Augusto Cauti Barrantes氏を鉱山副大臣として任命した。Cauti新副大臣は弁護士で、国内外の鉱業プロジェクトや操業における取引や融資プロセスに顧問弁護士として関与したほか、Pan American ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ