閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:

インドネシア:AMNT、国内新規銅製錬所建設を2020年半ばに開始へ

 2019年6月18日付け地元メディアによると、AMNT(PT Amman Mineral Nusa Tenggara)のRachmat Masakau社長は6月17日、西Nusa Tenggara州Sumbawa県にて進めている国内新規銅製錬所の建設を2020年半ばに開始することを明らかにした。2022年末までに操業・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PTFI、国内新規製錬所建設開始は2020年半ばを目標に

 2019年6月13日付け地元メディアによると、PTFI(PT Freeport Indonesia)のRiza Pratama広報担当副社長は6月12日、最新の情報として、東Java州Gresikにおける新規製錬所建設を2020年半ばに開始する目標であることを明らかにした。同製錬所の銅精鉱処理能力は2百万t/年、20・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:政府が国内製錬所の建設進捗率達成目標を25~30%に設定

 2019年6月12日付け地元メディアによると、エネルギー鉱物資源省Bambang Gatot Ariyono石炭鉱物総局長は6月11日、今後建設予定の国内製錬所30か所に対し、2019年末までに進捗率25~30%まで建設を進めるよう要請したことを明らかにした。これにより、2009年新鉱業法制定から始まった一連の鉱物高・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト ニッケル マンガン
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

中国:江西銅業集団社、過去5年間で銅加工製品計235.5万tを生産

 安泰科によれば、江西銅業集団有限公司では、2014年に当該集団内にある加工事業部と銅材公司が統合再編後、新しい加工事業部が発足し、2014~2018年、合計銅加工製品235.5万tを生産した。そのうち銅管29万t、銅棒179.2万t、銅線18.4万t、エナメル線8.9万t、総利潤額は5.7億元を達成した。
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:紫金銅業社、2019年8月末に生産開始予定

 安泰科によれば、黒竜江省紫金銅業有限公司は、過去2年間の建設を経て、生産能力15万t/年の銅精錬プロジェクトにおける土木建築工事の95%が完成し、8割以上の組み立て工事も完了した。投資総額は20.6億元で、計画どおりに工事が完了し生産開始の見込み。
 当該銅製錬プロジェクトは、黒竜江省政府が検討した、産業配置に基づ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

インドネシア:AMNT、Batu Hijau銅鉱山周辺探査においてElang地区に注力

 2019年5月20日付け地元メディアによると、AMNT(PT Amman Mineral Nusa Tenggara)のRachmat Masakau社長はBatu Hijau鉱山の周辺探査においてElang地区に注力しており、順調に進んでいることを明らかにした。同社長は、Elang地区の資源量が銅鉱石は約200億l・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

ベトナム:豪Blackstone Minerals社がTa Khoaニッケルプロジェクトの90%権益を取得へ

 2019年5月13日付け地元メディアによると、豪Blackstone Minerals社は、ハノイの西約160kmに位置するSon La省Ta Khoaニッケルプロジェクトの90%株式取得オプションのためのタームシート(バインディング)を締結した。これは加Asian Mineral Resources社と締結したもの・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PTFI、2020年初めに国内の新規製錬所建設を開始

 2019年5月10日付け地元メディアによると、PTFI(PT Freeport Indonesia)は2020年初めに東Java州Gresikにおいて新規製錬所建設を開始する計画であることを明らかにした。現在は環境影響評価(AMDAL)や整地を行っている段階で、着工は2020年初めを予定し、2022年末の完成を目標に・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:政府が2022年までの国内製錬所建設の目標を57か所に設定

 2019年5月13日付け地元メディアによると、エネルギー鉱物資源省Bambang Gatot Ariyono石炭鉱物総局長が国内の製錬所数(現在は27か所)を2022年初めまでに57か所に増加させるとの目標設定を明らかにした。これは、2009年新鉱業法制定から始まった鉱物の高付加価値化政策の一環で、輸出許可を付与する・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト その他 ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

中国:海亮株式社、KME集団社傘下の銅合金棒や銅管事業の買収完了

 現地報道によれば、浙江海亮株式有限公司は、2019年1月28日にKME集団社と「株式権益資産買収契約」を締結した。KME集団社がドイツ、フランス、イタリアの3か所に設置している銅合金棒生産工場及びドイツ、スペインの2か所に設置している銅管生産工場を買収する。
 KME社は、世界大手銅及び銅合金生産企業で、銅加工分野・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

ベトナム:副首相が銅製錬所拡張の竣工式で鉱物の効率的管理・採掘の重要性を強調

 2019年3月29日付地元メディアによると、ベトナム・Trinh Dinh Dung副首相は27日、経済の持続可能な発展を目指すには鉱物の効率的な管理による採掘が重要であると、VINACOMIN(ベトナム国営石炭鉱物産業会社)が操業する同国北部Lao Cai省でのSinh Quyen銅製錬所拡張の竣工式において強く訴・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

フィリピン:Philex Mining社、Silangan銅金鉱山の生産開始が4年間延期、2022年生産開始予定

 2019年3月25日付地元メディアによると、フィリピン鉱業大手Philex Mining社は25日、Mindanao島北Surigao州のSilangan銅金鉱山の生産開始が4年間延期されて2022年になると発表した。当初は2018年の生産開始予定だったが、同国の露天掘り鉱業禁止政策により延期を余儀なくされている。ま・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

中国:工業情報化部、2018年銅産業の事業実施状況を発表

 工業情報化部の発表によると、2018年銅産業全体の事業実施は安定しており、利益も若干伸びているが、価格の上げ幅は反落した。環境保全に関する課題が重くなり、末端産業における消費モチベーションが不足している。
一、生産量は対前年比増加し、技術は改善されている。2018年、中国銅精鉱(金属量)、精製銅、銅材の生産量はそれ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

インドネシア:金生産4社の2019年生産目標量等

 2019年2月及び3月の地元メディアに掲載されたインドネシア金生産4社の2019年(年度)生産目標等を下記のとおりまとめた。
 豪州・金生産大手Mewcrest社の子会社PT Nusa Halmahera Mineralsの北Maluku州Halmahera島Gosowong鉱山は、2019年度(2018年7月~2・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PT Smelting、さらに1年間のアノードスライム輸出延長許可を取得

 2019年3月12日付地元メディアによると、エネルギー鉱物資源省Bambang Gatot Ariyono石炭鉱物総局長は11日、東Java州Gresik銅製錬所を操業しているPT Smeltingのアノードスライム(陽極泥:銅の副産物)輸出延長許可を交付したことを明らかにした。延長期間は1年間。輸出割当量は2017・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:政府がPTFIの新しい銅精鉱輸出許可を交付

 2019年3月9日付地元メディアによると、エネルギー鉱物資源省Yunus Saefulhak鉱物事業開発部長は3月8日、Papua州Grasberg銅金鉱山を操業するPTFI(PT Freeport Indonesia)に対し、新しく銅精鉱輸出許可を交付したことを明らかにした。同社は2月15日に2018年度輸出許可の・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

中国:玉龍銅鉱山における拡張・改築工事を全面的に開始

 安泰科によれば、2019年2月17日四川省成都市において、西部鉱業集団傘下の玉龍銅鉱山における拡張・改築工事稼働式が開かれた。第13次5か年計画期間中に年間採掘選鉱規模を1,800万tとすると予定しており、2020年までに試運転段階に入る予定。
 玉龍銅鉱山は、超大規模ポーフィリー型・接触交代混合型銅鉱床で、国内最・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

インドネシア:AMNTが新しい銅精鉱輸出許可を取得、一方PTFIは未取得

 2019年2月18日付地元メディアによると、AMNT(PT Amman Mineral Nusa Tenggara)が新しく2020年2月まで1年間の銅精鉱輸出許可を取得した。同社は2月21日に銅精鉱輸出許可の期限を迎えるため、延長申請を行っていた。輸出許可量は、昨年の450,826wmtより少ない336,000wm・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:2014年から2018年末までに27か所の国内製錬所建設が実現

 2019年2月12日付地元メディアによると、エネルギー鉱物資源省Ignasius Jonan大臣は11日、2009年新鉱業法からの高付加価値化政策によって2014年から2018年末までに27か所の国内製錬所建設が実現したと国民議会第7委員会の作業部会で述べた。同大臣によると、2016年までにニッケル、銅、ボーキサイト・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト ニッケル マンガン
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PT Smelting・Gresik製錬所、2019年に増産の予定

 2019年2月12日付地元メディアによると、PT Smeltingは11日、東Java州Gresik銅製錬所が2019年に、110万tの銅精鉱を処理し292千tの銅地金を生産する予定であることを明らかにした。2018年の銅地金生産実績は242千tであったため、約20.7%の増産となる。現在、生産した地金の59%が輸出・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ