閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:

中国:2018年1月の国内主要銅生産企業カソード生産量、対前年同月比11.13%増

 安泰科の追跡調査によれば、国内主要銅カソード生産企業16社の2018年1月の合計生産量は60.3万tで、国内総生産能力の70%以上を占める。2017年の春節休暇は1月で少し早かったため、一部企業は点検作業を行っていた。2018年1月の生産量は2017年1月と比べ11.13%増加した。また、国内重要製錬企業7社の1月の・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2017年12月の国内主要銅生産企業13社の銅カソード生産量、対前年同月比16.9%増

 安泰科の追跡調査によれば、国内主要銅カソード生産企業13社の2017年12月の合計生産量は62.4万tで、国内総生産の65%以上を占め、対前年同月比16.9%増加、対前月比5.7%増加した。これらの企業は共に通常生産を行っている。13社の年間銅カソード生産量は対前年比3.1%増の652.2万tであった。硫酸生産企業7・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:雲南銅業社、普朗銅鉱山を買収予定

 安泰科によれば、雲南銅業社は、迪慶有色社を買収する予定であり、銅精鉱の生産量は大幅に上がる見込み。雲南銅業社は、14.39億元の非公募発行資金を利用し、迪慶有色社の50.01%株式権益を買収する。迪慶有色社は、普朗銅鉱山の採掘権及び鉱山周辺の探査権2件の鉱業権を保有している。現在、普朗銅鉱山は品位:Cu 0.51%(・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:“石炭からガスに切り替える”により一部地域の銅棒企業は生産停止へ

 現地報道によれば、2017年11月中旬以降、中国国内のいくつかの地域でガス規制政策を続々と実施しており、陝西省、河北省、山東省、河南省等北方地域ではガス不足となっている。
 “石炭からガスに切り替える”ことによって、天然ガスの供給が不足となり、価格も上昇していた。その影響は銅産業にも及んでいる。銅産業の中で最も天然・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:品質検査総局は、輸入銅精鉱中の有害不純物の制限値を明確に定める

 安泰科によれば、品質検査総局が、2017年12月8日「品質検査総局、環境保護部、商務部による輸入銅精鉱中の有害不純物の制限値発表に関する公告」を公表した。
 当該「公告」によると、健康と安全を保障し、環境安全を保護し、国家利益を守るため、「中華人民共和国輸出入商品検査法」及び実施条例等法律の規定に基づき、品質検査総・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:雲南銅業株式公司、チリ・CODELCOと長期契約を締結

 安泰科によれば、2017年11月27日、雲南銅業株式有限公司は、チリ・CODELCOと上海で長期供給契約を締結した。
 CODELCOは、銅鉱石の採掘、製錬及び銅金属の販売事業を展開している鉱業公社で、雲南銅業にとって理想的な協力パートナーである。
 CODELCOは、1976年4月1日にチリの首都サンティアゴで・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:金龍集団社、2017年の銅管生産量は50万tに増加

 安泰科によれば、金龍精密銅管集団株式有限公司からの情報によると、現在、金龍集団社の銅管月間生産総量は4万t余りに達し、最高月は5万t以上になることもある。
 金龍集団社のこれまでの銅管最高記録は2014年で、銅管生産は43万t近くに達した。2017年1~10月、金龍集団の銅管加工量は42万tに達したため、銅管生産目・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:中国五鉱・水口山銅鉛亜鉛総合基地プロジェクトは正式に調印

 安泰科によれば、2017年6月27日、湖南省常寧市政府は、株洲製錬集団と常寧市で水口山銅・鉛亜鉛総合基地プロジェクトに関する調印式を行った。
 当該基地は、錫鉱山の亜鉛製錬能力4万tを停止し、株洲製錬集団の亜鉛製錬能力65万tを廃止したうえで、水口山工業団地に80~100億元を投入し、新規年間亜鉛生産能力30万t、・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

ミャンマー:中国多金属鉱業有限公司、銅・鉛鉱山採掘権の買収に4,900万元を投入

安泰科によれば、中国多金属鉱業有限公司傘下の華興環球は、瑞麗納迪有限公司とミャンマー銅・鉛鉱山の採掘権を4.900万元で買収する契約を締結した。公告によると、当該採掘権の使用期限は2014年12月24日から2019年12月23日まで設定され、ミャンマーマンダレー州にある銅・鉛鉱山に対する採掘・開発を行う。ミャンマーの銅・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:洛陽モリブデン集団、DRコンゴ銅・コバルト鉱山買収

安泰科によれば、洛陽栾川モリブデン業集団株式有限公司は、DRコンゴの首都キンシャサで開かれた中国・コンゴ投資フォーラムでTenke鉱業の権益に対する取引を完了した。同社は、DRコンゴ内最大の埋蔵量を有する銅・コバルト鉱山を買収することになる。海外で安定した鉱物資源供給基地を保有し、国内で深刻化している鉱物資源に関する需・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル レアメタル コバルト
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

英:IWCCの銅需給予測、2017年は僅かな供給不足、2018年はバランス

国際銅加工業者協議会(International Wrought Copper Council, IWCC)は、2017年5月22日付で2017年及び2018年における銅需給見通しを発表した。報告書によれば、2017年は277千tの供給不足となり、2018年はバランスすると予測した。銅鉱山生産量については、2017年は・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

豪:外国投資審査委員会、中国企業によるCloncurry銅-金鉱山開発への出資を承認

2017年5月11日のAltona社の発表によれば、外国投資審査委員会(FIRB)は、Altona社の新規の銅-金の開発事業であるCloncurryプロジェクト(QLD州)に対して、中国のSichuan Railway Investment Group (SRIG)社が出資することを承認した。
2017年2月の両社の・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
シドニー
担当者:
山下宜範

DRコンゴ:中国・中色香港、雲港金属と乾式銅製錬所を共同設立

安泰科によれば、中国有色鉱業傘下の中色香港投資会社は、雲港金属と共同投資契約を締結した。両社はDRコンゴで合弁企業を共同設置し、銅精鉱の年間処理量40万tの乾式製錬所を建設する。
当該合弁企業の登録資本金は20,000US$、中色香港投資会社は60%の株式権益を保有する。共同投資契約に基づき、当該プロジェクトにおける・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

カザフスタン:中国企業、銅選鉱場における請負工事完了し、生産開始

 現地報道によれば、中国有色金属建設株式有限公司(中色株式)は、カザフスタンにある最大の銅選鉱場であるAktogay銅選鉱場の建設を請け負い、2017年3月3日に正式に稼働した。
 Aktogay銅鉱山は、世界的に大規模な露天採掘銅鉱山で、確定埋蔵量は17億tである。Aktogay銅選鉱場への投資総額は21億US$で・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

英:BMI Research、今後数十年で石炭、鉄鉱石、鉄鋼の需要は減少するが、銅、錫、リチウム、コバルトの需要は堅調と予測

2017年4月7日付のメディア報道によると、英BMI Researchは構造的なマクロ経済と産業のシフトにより、今後数十年に渡り石炭、鉄鉱石、鉄鋼といったいくつかのコモディティ需要パターンは変化するだろうと予測した。同社によると、石炭、鉄鉱石、鉄鋼の需要は2050年までに鈍化する一方、銅及び錫の需要は維持されるとした。・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 鉄鉱石 レアメタル コバルト リチウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

英:CME、銅のヘッジ取引量が増加

2017年3月10日付メディア報道によると、CMEのGlobal head of metals、Young-Jin Chang女史は同社の“シンプルな電子取引”によって銅のヘッジ取引量が増加していると述べた。同女史によると、従来LMEはヘッジの主要取引場である一方、CMEは金融トレーダが中心であったが、現在CMEを介し・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

中国:中国五鉱集団、銅生産量引き上げを計画

安泰科によれば、中国五鉱集団は、銅及び亜鉛等ベースメタルの生産能力を拡大する予定である。今後5年以内に銅生産を100万t以上に引き上げる計画。中国五鉱集団の2016年の銅生産は約65万tであった。既存鉱山の拡張または海外買収により拡張目標を実現させる。
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:2016年銅の輸出の伸び増加へ

安泰科によれば、2016年の銅輸出総額は対前年比3.05%増の579,509万US$であった。中国は重要な銅材生産、消費及び国際取引の国として、生産量は数年連続世界第1位を占めている。近年、中国の経済成長は“ニューノーマル”に入り、国内の銅消費成長も次第に減速しており、銅における供給過剰問題も益々目立ってきている。国内・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

豪:Rio Tinto、2016年の利益は増加、配当も予想を上回る

2017年2月8日、Rio Tintoは2016年の年間の決算を発表した。基礎的純利益(Underlying earnings)は51億US$であり前年比12%増となった。また純利益は46億1,700万US$であり前年の8億6,600万A$の赤字から黒字に転じた。また2016年の通年での配当は1株当たり1.70US$(・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
山下宜範
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ