閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:

カナダ:First Quantum社、2008年第1四半期の銅生産量が過去最高を記録

 ザンビアを中心に、DRCコンゴ等で銅、コバルト、金を採掘しているFirst Quantum社(バンクーバー)は4月10日、2008年第1四半期の銅生産量が前年同期比63%増の75,600tと四半期の過去最高を記録したと発表した。 最も貢献しているのが80%の権益を持つザンビアのKansanshi鉱山で・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武富義和

カナダ:Terrane Metals社のMount Milligan銅-金プロジェクトにゴーサイン

 旧PlacerDome社の役員であったPease氏がCEOを務めるベンチャー企業のTerrane社は、100%権益を有するBC州北東部のMt.Milliganプロジェクトの良好なFS結果を得たと発表した。 Wardrop社によるFSは22か月、20百万US$をかけ作成されており、条件として、金属価格はLMEの・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武富義和

カナダ:Teck Cominco、Inmet Mining社との間で、パナマでの銅鉱山開発に合意

 Teck ComincoとInmet Mining社(本社トロント以下、Inmet)は3月26日、パナマのPetaquilla銅開発プロジェクトを推進することで合意したと発表した。 Petaquilla銅鉱床の開発主体となるMinera Petaquilla社(MPSA社)の現時点での株主契約では、Inmetは、MP・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武富義和、メキシコ 小島和浩

カナダ:Chelopech金-銅JVプロジェクト、政府とDundee社(カナダ)が製錬所建設計画に合意

 Dndee precious Metals社(カナダ・トロント)は、ブルガリア政府との間で、Chelopech銅-金鉱山のロイヤルティを2004年に締結した比率より高率に改訂すること(利益率10~60%のときのロイヤルティを2~8%)、並びに、同鉱山サイトに155百万$かけ、新たに製錬所を建設することに基本合意した。・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武富義和

米国:Kennecott Eagle Minerals社、ミシガン州のUpper Peninsulaでのニッケル・銅プロジェクトの建設許可取得

 Kennecott Eagle Minerals社は、ミシガン州のUpper Peninsulaで進めるニッケルプロジェクトの建設許可を取得したことを発表した。 ミシガン州天然資源局は、土地利用(州所有地120エーカー)及び終掘後の埋め戻し計画(設備撤去を含む)について了解している。また、2007年12月に、ミシガン・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル レアメタル ニッケル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武富義和

カナダ:ユーコン州での銅山開発により河川汚染の恐れ

 地元紙によると、ユーコン州に建設が予定されている銅鉱山によりユーコン川の汚染が懸念されている。 バンクーバーベースのジュニア企業Western Copper社が150百万$をかけてユーコン州Carmacsの北西13kmに位置するWilliams Creekに露天掘りの銅鉱山建設し、Heap Leachingによる銅回・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武富義和

Teck Cominco、Red Dog亜鉛鉱山(米国)とHighland Valley銅鉱山(カナダ)の近況について言及

 カナダ・Teck Comincoは、アラスカRed Dog亜鉛鉱山の尾鉱ダムの能力増強に係る申請を行ったと発表した。なお、生産等は順調であるとも述べている。 BC州のHighland Valley銅鉱山については、300百万$を投資し、マインライフを6年のばし、2019年までとする計画を既に発表している。延命策の一環・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 ベースメタル
海外事務所:
バンクーバー

ペルー:Lara銅プロジェクト、Lara Explorations(カナダ)が探鉱結果を発表

 カナダジュニア企業Lara Explorations社は、Lara銅鉱床(Ayacucho県)の2本のボーリング結果を発表した。Lara鉱床は、ポーフィリー型銅鉱床で、輝水鉛鉱、黄銅鉱、黄鉄鉱を含み石英脈を伴う。同社が2007年に実施したダイヤモンドボーリングのうち、1孔は88mから108m間で平均銅品位1.2%、も・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康

インド大手鉱山会社、カナダ産銅会社に触手

 インドの銅、亜鉛の最大手Vedanta社が、カナダのFirst Quantum社の買収を検討しているとの憶測が流れている。 両社ともザンビアの北部カッパーベルト地域で銅鉱山、製錬施設を操業しており、時価総額はFirst Quantum社51億US$に対して、Vedanta社100億US$。2009年の銅生産計画はFi・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武富義和

カナダ:XstrataのHorne銅製錬所、リサイクル能力倍増

 Xstrata Copper社は、ケベック州Rouyn-NorandaにあるHorne銅製錬所でのパソコン、テレビ、携帯電話等e-スクラップの処理能力を現状の5万t/年から2010年には10万t/年に増強すると発表した。 カナダでは、商業ベースでe-スクラップ(電子廃棄物)のリサイクルが可能な施設はHorne製錬所の・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武富義和

チリ・Relincho銅プロジェクト、Global Copper社(カナダ)が銅資源量435万tを発表

 2007年12月12日付の地元業界紙等によると、カナダ・バンクーバーのGlobal Copper社は、チリ・Relincho銅プロジェクトの資源量評価で銅95.97億lb(435万t)、モリブデン465百万lbとの結果を受け取った。この数字は硫化鉱・酸化鉱の確定及び推定資源量を含んでいる。 硫化鉱の確定資源量は、カッ・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
菱田 元

アルゼンチン・Los Azules銅プロジェクト、Minera Andes社(米国)が銅量450万t獲得を目指す

 2007年12月12日付の地元業界紙等によると、米国Washington州のMinera Andes社は、アルゼンチンSan Juan州のLos Azules銅プロジェクトで銅量80億~1,000億lb(360~450万t)の資源量確定に向けての作業を実施中である、と同社IRマネージャーのArt Johnson氏は語・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
菱田 元

アルゼンチン・Las Aguilasニッケル・銅鉱床、Castillan社(カナダ)が資源量評価を実施

 2007年11月29付の地元業界紙等によると、カナダ・トロントに本社のあるCastillan Resources社は、アルゼンチンSan Luis州のLas Aguilas鉱床についてのN143-101基準に則した資源量評価が2008年1月末までに終了するであろうと述べた。 最近の探鉱ボーリングでは、幅17.5m,品・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル レアメタル ニッケル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
菱田 元

アルゼンチン・Josemaria銅鉱床、Suramina社(カナダ)が新粗鉱量460百万tと発表

 2007年12月6日付の地元業界紙等によると、バンクーバーに本社のあるSuramina Resources社はアルゼンチンSan Juan州のJosemaria銅鉱床の推定資源量評価を更新し、銅カットオフ品位0.3%とした場合、粗鉱量460百万t,品位銅0.39%,金0.30g/tとの数字を発表した。この資源量評価で・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
菱田 元

First Quantum社(カナダ)、ザンビア・Lumwna銅鉱山の権益を17.27%取得

 カナダ・First Quantum社は、Equinox Minerals社の発行済み一般株41.3百万株を買い増し97.6百万株とし、17.27%相当の権益を確保したと発表した。 Equinox Minerals社は、ザンビア共和国北西州に100%子会社であるLumwna銅鉱山を保有している。この鉱山は、First ・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武富義和

ペルー・Magistral銅プロジェクト、Inca Pacific社(カナダ)がFS結果を発表

 Inca Pacific社(カナダ)のプレスリリース(2007年12月3日付け)によると、ペルーのアンカッシュ県に位置するMagistral銅プロジェクトのFSの結果、同鉱山は、2011年に生産を開始し、年間34,100tの銅、2,869tのモリブデンを生産予定であり、マインライフは15年であることを明らかにした。ま・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康

チリ・Cerro Casale金・銅プロジェクト、Kinross社(カナダ)が開発スケジュールについて言及

 11月8日付の地元業界紙等によると、カナダ・Kinross Gold社は、チリ第Ⅲ州のCerro Casale金・銅プロジェクトのFS再評価を2008年に開始するため、2007年末まで探鉱ボーリングを続けると同社CEO Tye Burt氏は会議で述べた。「我々はFS再評価後の開発期間をおよそ2~3年と見ている。」と述・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
菱田 元

コンゴ民主共和国(DRC)・Tenke Fungrume銅コバルトプロジェクト、Lundin社(カナダ)が開発遅延、コスト上昇を発表

 カナダ・Lundin社は、Tenke Fungrume銅・コバルトプロジェクトの生産時期が、建設遅延により、当初の2008年第4四半期から2009年に延期、また、建設費が38%増加すると発表した。第1フェーズ段階の投資額は、650百万$から900百万$に増加する。 同プロジェクトのオペレーターはFCX(旧Phelps・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル レアメタル コバルト
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武富義和

カナダ・Terrane Metals社、BC州Mt.Milligan銅・金プロジェクトの事前経済評価を発表

 カナダ・Terrane Metals社は、Mt.Milligan銅・金プロジェクトの事前経済評価結果を発表した。これはWardrop Engineering社が2008年第1四半期までに20百万$の費用をかけて行うFSの一部として実施したもの。 ベースケースとして、金価格を550US$/oz、銅価格を2.3US$/l・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武富義和

カナダ・NovaGold社、BC州Galore Creek銅・金プロジェクトの開発費上昇

 カナダ・NovaGold社は、Teck Comincoと共同開発するBC州北西部のGalore Creek銅・金プロジェクトについて、その開発費を20億$と見積もっているが、インフレ等により10%程度上昇し、22億$に達するとの見解を示した。 この主な要因は、高圧送電線敷設に対応した追加的会社負担、建設コストのエスカ・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武富義和
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ