閉じる

ニュース・フラッシュ

カンボジア:Mesco Gold社が2019年中に金を生産開始へ

 2019年1月24日付地元メディアによると、インド鉄鋼会社Mesco Steel社子会社Mesco Gold社は22日、カンボジア北東部Ratanakkiri州のPhum Syarung鉱山において、2019年中に精錬所を稼働し、金を生産開始する見通しとなっていることを明らかにした。同社Rita Singh会長兼社長・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:AMNTが新しい銅精鉱輸出許可を取得、一方PTFIは未取得

 2019年2月18日付地元メディアによると、AMNT(PT Amman Mineral Nusa Tenggara)が新しく2020年2月まで1年間の銅精鉱輸出許可を取得した。同社は2月21日に銅精鉱輸出許可の期限を迎えるため、延長申請を行っていた。輸出許可量は、昨年の450,826wmtより少ない336,000wm・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:2014年から2018年末までに27か所の国内製錬所建設が実現

 2019年2月12日付地元メディアによると、エネルギー鉱物資源省Ignasius Jonan大臣は11日、2009年新鉱業法からの高付加価値化政策によって2014年から2018年末までに27か所の国内製錬所建設が実現したと国民議会第7委員会の作業部会で述べた。同大臣によると、2016年までにニッケル、銅、ボーキサイト・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト ニッケル マンガン 亜鉛 鉄鉱石
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PT Smelting・Gresik製錬所、2019年に増産の予定

 2019年2月12日付地元メディアによると、PT Smeltingは11日、東Java州Gresik銅製錬所が2019年に、110万tの銅精鉱を処理し292千tの銅地金を生産する予定であることを明らかにした。2018年の銅地金生産実績は242千tであったため、約20.7%の増産となる。現在、生産した地金の59%が輸出・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PT Vale Indonesia、株式20%売却についてInalumと非公式協議

 2019年2月11日付地元メディアによると、Sorowakoニッケル鉱山の権益所有・操業会社であるPT Vale IndonesiaのNico Kanter CEO兼社長は7日、同社株式20%の売却について、国営鉱業持株会社PT Inalum(PT Indonesia Asahan Aluminium)と非公式ながら・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:2019年2月の鉱物参照価格及び輸出基準価格

 2019年2月1日付でエネルギー鉱物資源省は、2019年2月の鉱物参照価格(HMA)を設定した。このHMAは、LME、LBMA、Asian Metal、ICDXを含む公表された国際指標を基に毎月設定される。以下、主なHMAである。1月と比較して、ニッケルは1.4%、鉛は0.9%、金は3.9%、銀は6.6%上昇した。ま・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

DRコンゴ:Boss Mining社、銅とコバルトの生産を2月末から一時停止

 2月19日付けのメディア情報によると、Eurasian Resources Group社は、Boss Mining社(Eurasian Resources Group社とDRコンゴの国営会社Gecaminesの出資会社)によるDRコンゴでの銅・コバルト鉱山の生産を2月末から一時停止する予定。この一時停止は、コバルトの・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香、福田光紀

南ア:炭素税法案を可決、2019年6月1日から施行予定

 2019年2月19日付けのメディア情報によると、同日、南ア議会は、2010年から検討されていた炭素税法案を可決した。鉱山会社のSibanye-Stillwater社や鉄鋼会社ArcelorMittal社を含むエネルギー多消費型の企業は、2019年の炭素税導入に対し、負担が大きすぎるので、廃案にするか、導入を遅らせるよ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香、福田光紀

加:Hudbay Minerals社、Lalor金銅亜鉛鉱山の生産量を倍増する計画を発表

 2019年2月19日、加Hudbay Minerals社は、同社の操業するMT州Lalor金銅亜鉛鉱山において、新鉱体の開発及びNew Britanniaの処理施設の改修により年間生産量を現在の2倍以上に増加させる計画を発表した。
 新鉱体の開発及び処理施設の改修は2019年から2021年まで段階的に実施される予定・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
杉崎真幸

加:カナダ鉱業協会、新しい水管理プロトコルを作成

 2019年2月19日、カナダ鉱業協会は持続可能な鉱業(Towards Sustainable Mining)イニシアチブへの取り組みの一環として、新たな水管理プロトコル(Water Stewardship Protocol)を作成、同団体のwebサイト上で公開した。
 鉱山における水管理、流域計画及びモニタリングに・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
杉崎真幸

メキシコ:El Boleo銅鉱山における2018年生産量減少

 2019年2月19日付け地元紙の報道によると、墨Minera y Metalúrgica del Boleo社(MMB)が操業するEl Boleo鉱山(南Baja California州)における2018年銅カソード生産量は目標の24,937tを下回る19,438tであった。坑内採掘による生産量減少、品位低下、坑内及・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

ボリビア:ボリビアリチウム公社、中国企業とCoipasa塩湖とPastos Grandes塩湖のリチウム産業化プラント建設のための予備合意に署名

 2019年2月6日付け地元紙によると、同日、ボリビアリチウム公社(YLB)のMontenegro総裁は、Xinjiang TBEA Grup Compani Ltda.のJianfeng米州部長、Baocheng Desarrollo y Tecnología del Salar SRL.のJianlin He社長と・・・ 続きを読む
鉱種:
カリウム ナトリウム リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Hochschild Mining社、2019年の活動計画

 2019年2月21日付け地元紙によると、Hochschild Mining社のBustamante社長は、2019年はペルーやアルゼンチンの既存鉱山に対して130mUS$の投資を行う計画を明らかにした。このうちペルーではInmaculada金銀鉱山(Ayacucho州)のMillet鉱脈やDivina鉱脈における開発・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Hudbay Peru社、2019年活動方針

 2019年2月18日及び20日付け地元紙によると、Hudbay Peru社(本社:カナダ)は、Constancia銅鉱山(Cusco州)の2019年における銅生産量は、2018年とほぼ同じレベルの100千~125千tとなる見通しである一方、モリブデンに関しては選鉱プラントの稼働率上昇により、前年を上回る1,100~1・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Nexa Resources社、2019年の見通し

 2019年2月19日付け地元紙によると、Nexa Resources社は、2019年におけるCerro Lindo鉱山(Ica州)の生産量は2018年を上回る見通しを示した。本鉱山では、2019年に資源量増加を目的とした約20kmのボーリング調査、Pahuaypiteズリ堆積場の建設、海水淡水化用の新たな配管の利用開・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Hochschild Mining社、Arcata金銀鉱山の操業停止を発表

 2019年2月14日付け地元紙によると、Hochschild Mining社は、銀価格の低迷や地質の状況を理由として、Arcata金銀鉱山(Arequipa州)の操業を停止する旨発表した。同社は2018年から資源枯渇や銀価格下落による本鉱山の操業停止の可能性に触れてきており、近傍に位置するCondorプロジェクトやA・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Plateau Energy社、リチウム資源量増加の見通しを発表

 2019年2月11日付け地元紙によると、Plateau Energy社(カナダ)は、Macusaniリチウム・ウランプロジェクト(Puno州)における新たな探鉱活動により、リチウム資源量が倍増する見通しであることを明らかにした。
 本件についてHealeyアナリストは、直近に行われたボーリングにおいて、これまでを上・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ザンビア:コバルト製錬原料の輸入抑制によって、ERG社の銅・コバルト製錬所生産一時停止

 2019年2月14日付けのメディア情報によると、ザンビア政府による製錬原料の輸入抑制によって、DRコンゴからのコバルト鉱石の輸入に制限がかかり、ERG社はChambishi銅・コバルト製錬所の生産を一時停止した。この一時停止は銅・コバルトの輸入精鉱に対して2019年から有効になった同国の5%の関税の影響を受けたもの。・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香、福田光紀

ノルウェー:ノルウェー政府、Kvalsundでの銅探査事業を承認

 2019年2月14日付けのメディア情報によると、ノルウェー政府はNussir ASA社にKvalsundの銅探査事業への許可を与えた。同国のThorbjørn Røe Isaksen貿易産業大臣は「この鉱山プロジェクトはノルウェー北地方のビジネスを活発化させ、地域コミュニティに新しい仕事や知識を与え、ポジティブな貢献・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香、福田光紀

豪:Fortescue社、WA州の鉄鉱石鉱山で運用する無人ダンプトラックが事故を起こしたことを公表

 2019年2月15日付の地元メディアによると、Fortescue社はWA州Pilbara地域のChristmas Creek鉄鉱石鉱山で運用している無人ダンプトラックに関し、低速で移動中の無人ダンプトラックが停車中の無人ダンプトラックに接触する事故が発生したことを公表した。同社によると、この事故によるけが人は発生して・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ