閉じる

ニュース・フラッシュ

著者名: 栗原健一

ペルー:2018年2月鉱産物生産量

 2018年4月2日、エネルギー鉱山省は2018年2月の鉱産物生産量を発表した。
 主要鉱産物生産量は、前年同月比で銅0.13%増、亜鉛8.59%増、鉄41.17%増、鉛5.75%増だった一方、金は8.4%減産した。このうち銅に関しては、Antamina鉱山がAntamina1及びAntamina7鉱区の採掘を開始し・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

エクアドル:鉱業省、10鉱区の取り消しを決定

 2018年3月17日、鉱業省は、環境省及びPichincha県政府との協議の結果、Choco Andino地帯(キト西部のPichicha山の沿岸側山麓)を生物圏保全地帯としてUNESCOに登録する計画を受けて、本地帯と重複する鉱区を調査し、合計で10件の鉱区取り消しを決定したことを明らかにした。
 これら鉱区には・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

エクアドル:CodelcoとEnami EP、Llurimagua銅プロジェクト共同開発で合意

 2018年3月11日付け地元紙によると、3月10日、チリ銅公社(Codelco)とエクアドル鉱山公社(Enami EP)は、Llurimagua銅プロジェクトの共同開発合意書に署名した。
 エクアドルのIllescas鉱業大臣は、2018年にLlurimagua銅プロジェクトにおける後期探鉱活動を終え、2019年よ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Cobriza銅鉱山入札、3回目も不調に終わる

 2018年4月3日付け地元各紙によると、清算手続き中にあるDoe Run Peru社のCobriza銅鉱山(Huancavelica州)では、4月2日に第3回目となる入札が実施されたが、応札はなく不調に終わった。この結果を受けて、4月9日に実施が予定されているLa Oroya精錬所の第3回目入札も不調に終わる可能性が・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:新内閣、鉱業促進の方針示す

 2018年4月2日及び3日付け地元各紙によると、Villanueva新首相は、新政権に残された期間は(次期大統領選が予定される2021年までの)実質的に3年と短期間であることから、各省や大臣らの連携による迅速な仕事が必要になるとの考えを示した。さらに、新政権は停滞している鉱業プロジェクトの推進に関心を抱いているとし、・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:鉱業石油エネルギー協会、新内閣への信頼を表明

 2018年4月2日付け地元紙によると、ペルー鉱業石油エネルギー協会(SNMPE)のMarchese会長は、Villanueva首相率いる新内閣による、鉱業・エネルギーセクターへの投資推進への信頼と期待を表明した。
 Marchese会長は、新内閣の閣僚人事はバランスがとれており、経済や投資の成長レベルを取り戻すため・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Titan Minerals社、Andina Resources社買収で合意

 2018年3月28日付け地元紙によると、Titan Minerals社(豪州)は、Andina Resources社(豪州)を買収することで同社と合意したことを明らかにした。買収は、2018年5月から6月にかけて、株式の市場外公開買い付けにより実施される計画。
 Titan Minerals社は、買収の主な理由とし・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Labo鉱山副大臣、鉱業見通し等についてコメント

 2018年3月28日付け地元紙によると、Labo鉱山副大臣は、同紙のインタビューで鉱業を取り巻く現状やエネルギー鉱山省の取り組み、今後の展望等についてコメントした。
 Labo鉱山副大臣は、エネルギー鉱山省は様々な規則や手続きの簡素化や整理、情報更新に取り組んでおり、その成果が見え始めているとの見解を示した上で、同・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:中央準備銀行、2018年における鉱業のGDP成長率を下方修正

 2018年3月28日付け地元各紙によると、中央準備銀行(BCR)は、2018年3月版のインフラレポート内の業種別GDP成長率に関する報告において、2018年における鉱業のGDP成長率は2.4%となる見通しを示し、前回(2017年12月)の予想4.2%からの下方修正を行った。本見通しが実現した場合、鉱業のGDP成長率は・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Pampa de Pongo鉄鉱石プロジェクトへの融資は2018年第2四半期に確定の見通し

 2018年3月26日付け地元紙によると、Jinzhao Mining Peru社は、Pampa de Pongo鉄鉱石プロジェクト(Arequipa州)における資源量の増加を目的としたボーリング調査を実施するための許認可を申請した。新たな調査はプロジェクトの南西部で実施され、50mUS$が投資され、合計142本、総延・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Cobriza銅鉱山入札、2018年4月2日に最終入札の見通し

 2018年3月26日付け地元各紙によると、清算手続き中にあるDoe Run Peru社のCobriza銅鉱山(Huancavelica州)では、1回目(最低入札価格97.7mUS$)に続き、2回目(最低入札価格は約83mUS$)も応札企業は現れず、不調に終わった。最終となる第3回目は4月2日の入札予定で、最低入札価格・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:アンデス中央鉄道社(FCA)、鉱物資源の輸送量20%増加の見通し

 2018年3月26日付け地元紙によると、アンデス中央鉄道社のBlanco社長は、2017年に同社の鉄道により2.5百万t以上の精鉱が輸送され、2018年にはさらに輸送量が20%増加する見通しを示した。
 Blanco社長によれば、同社は現在ペルー中部で操業するほぼ全ての鉱山企業と取引を行っており、今後は鉱物資源だけ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Aruntaniグループ、新たな金鉱山開発を準備

 2018年3月26日付け地元紙によると、Aruntaniグループは、子会社Apumayo社を通じて、Ancos金プロジェクト(Ayacucho州)の鉱山建設に68mUS$を投資する計画である。
 本プロジェクトの環境影響詳細評価(EIAD)によれば、2つのピットからの露天掘り開発によって1日20,000tの鉱石を採・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Bongara亜鉛プロジェクト、ボーリング調査計画

 2018年3月26日付け地元紙によると、Zinc One Resources社(本社バンクーバー)は、Bongara亜鉛プロジェクト(Amazonas州)における資源量の増加を目的として、新たに400か所の試錐座を設置するための許認可をエネルギー鉱山省に対して申請する見通しとなっている。
 申請が承認された場合、同・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:ペルー鉱業石油エネルギー協会(SNMPE)、新政権についてコメント

 2018年3月23日付け地元紙によると、ペルー鉱業石油エネルギー協会(SNMPE)のMarchese会長は、Kuczynski前大統領の辞任により市場には一定の安堵感が広がったものの、鉱山企業にとっては依然政治的な不安が残る状況であり、今後の投資判断に遅れが出る可能性があるとの考えを示した。
 Marchese会長・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:エネルギー鉱山省、Toromocho銅鉱山の拡張を承認

 2018年3月23日付け地元紙によると、エネルギー鉱山省は、Toromocho銅鉱山(Junin州)の粗鉱処理量を117,200t/日から170,000t/日に増加することを目的とした技術根拠報告書(ITS)を承認した。
 同社スポークスマンによれば、選鉱プラントのエリアそのものを拡張するのではなく、機材を追加的に・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Vizcarra新大統領が就任、数日中の組閣を発表

 2018年3月23日付け地元各紙によると、3月23日正午、Martin Vizcarra大統領が就任した。
 Vizcarra新大統領(55歳、土木エンジニア)は2011年から2014年までMoquegua州知事を務め、任期中に同州内の教育レベル改善に取り組み全国首位に導いたほか、鉱業プロジェクトを巡る社会争議を仲・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Los Chancas銅プロジェクト、操業開始を2022年に前倒し

 2018年3月22日付け地元紙によると、Southern Copper社は、米国証券取引委員会に対する財務報告書(10-k)において、Los Chancas銅プロジェクト(Apurimac州)の操業開始が2022年となる見通しを明らかにした。同社は、2018年2月時点において操業開始は2025年としていたが、3年ほど・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Kuczynski大統領辞任表明、ペルー鉱業石油エネルギー協会(SNMPE)声明発表

 2018年3月22日付け地元各紙によると、Kuczynski大統領は、3月22日に予定されていた罷免決議採決に先立つ3月21日、国会に対して辞表を提出した。国会は3月22日午後に辞任を承認する見通し。
 ペルー鉱業石油エネルギー協会(SNMPE)のMarachese会長は、ここ数か月間に及ぶ政治的不安定性は既に投資・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Hochschild社、2018年内に少なくともプロジェクト4件でボーリング調査目指す

 2018年3月20日付け地元紙によると、Hochschild Mining社のBustamante社長は、インタビューにおいて、同社は2013年から2016年にかけて、初期段階の探査活動を停止していたものの、新規案件の模索や既存鉱区におけるボーリング調査に取り組んでいたとした上で、2018年は、ペルー、チリ、米国等で・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ