閉じる

ニュース・フラッシュ

豪:Rio Tinto、合理的な鉄鉱石鉱山操業実現のため、2018年に2.2bUS$を投資することを検討

 2017年12月4日付のメディアは、Rio TintoがWA州における「合理的な(Intelligent)」鉄鉱石鉱山操業を開発するため、2018年に2.2bUS$を投じることを検討していると、豪鉄鉱石責任者であるChris Salisbury氏が語ったと伝えている。合理的な鉄鉱石鉱山操業とは、操業のロボット化と鉄道・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:2017年7~9月四半期の鉱物資源探鉱支出総額が6.8%増加し、475.2mA$となる

 2017年12月4日付のメディアは12月4日に発表された豪統計局の報告書に基づき、2017年7~9月四半期の鉱物資源への探鉱支出額が前期比で6.8%上昇し、475.2mA$となったことが判明したと報じている。特に初期探鉱支出額は前期比で16.9%、探鉱試錐支出額は23.3%の増加となり、豪ジュニア探鉱企業が新規鉱床発・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ