閉じる

ニュース・フラッシュ

中国:広西平アルミ集団社、年間生産能力80万tの再生アルミニウムプロジェクト建設開始

 安泰科によると、2018年12月20日、広西平アルミ集団有限公司は、広西福地金融投資集団有限公司と年間生産能力80万tの再生アルミニウムプロジェクトの建設を開始した。
 年間生産能力80万tの再生アルミニウム事業は、広西平アルミ集団有限公司と広西福地金融投資集団有限公司共同投資により設立したものである。回収したアル・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2018年1~11月中国のモリブデン輸出量は前年同期比14.59%減

 中国税関統計によると、2018年1~11月のモリブデン製品輸出量は1万4,631t(前年同期比14.59%減、金属量(以下同様)であった。2017年のモリブデン製品の輸出量は1万8,144tであった。
 2018年11月、酸化モリブデンの輸出量は59t(前年同月比1.75%減、前月比81.08%減)、フェロモリブデ・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2018年1~11月中国のモリブデン輸入量は前年同期比23.67%減

 中国税関統計において、2018年1~11月のモリブデン製品輸入量は10,943tで、前年同期比23.67%減であった。2017年の年間輸入量は16,143tであった。
 中国は、主にモリブデン精鉱や酸化モリブデンを輸入しており、2018年11月のモリブデン精鉱の輸入量は924t(前年同月比51.48%減、前月比27・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:恒邦株式社は、杭州建銅集団の100%権益を買収

 安泰科によると、山東恒邦製錬株式有限公司の臨時株主総会は、「杭州建銅集団有限公司の100%株式権益及び関連取引への現金買収案」を審査、承認した。親会社の煙台恒邦集団有限公司は5億元で杭州建銅集団有限公司の100%の株式権益の買収を承認した。
 杭州建銅集団有限公司は、建徳市市場監督管理局で工商変更登記手続きを行い、・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:青山集団、Nickel Mines Limited社とニッケル鉱石供給契約を締結

 安泰科によると、2018年12月17日、Nickel Mines Limited社は、青山集団とニッケル鉱石供給契約を締結した。契約によると、同社はインドネシアのMorowali工業団地(IMIP)にあるHPAL工場に低品位ニッケル鉱石を提供する。IMIP内で年間ニッケル50千t、コバルト4千tの生産を見込む。生産し・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

ミャンマー:採掘権付与再開後の申請案件に不備多し

 2018年12月17日付地元メディアによると、ミャンマー天然資源環境保全省は2018年7月の鉱業採掘権付与の再開以降において、1,000件以上の申請があったものの、その大半に不備があり受理できていないことを明らかにした。不備の無かった申請は193件で、これから認可に向けた審査が1~6か月かけて行われる。また、不備の中・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

フィリピン:2019年のニッケル鉱石輸出量が減少の見通し

 2018年12月11日付地元メディアによると、フィリピンニッケル産業協会(PNIA:Philippines Nickel Industry Association)がフィリピンの2019年のニッケル鉱石輸出量が減少する見通しであるとの見方を示した。環境保護重視の政府の鉱山開発規制政策により、減産を余儀なくされており、・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

フィリピン:国内鉱山の再調査第2弾を2019年に実施

 2018年12月21日付地元メディアによると、フィリピンの環境天然資源省及び財務省主導による鉱業産業調整会議(MICC)が同国内の鉱山について、2019年に第2弾となる調査を実施すると発表した。これは、Gina Lopez前環境天然資源大臣による鉱山監査の対象となった鉱山のうち、既に2018年に行われた第1弾調査の対・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PT Timah、2019年も2018年並みの生産販売目標、新製錬所も建設

 2018年12月10日付地元メディアによると、インドネシア国営錫鉱業会社PT Timahは、同社の錫販売量が2018年末までに31,400t(生産量32,800t)に達することが見込まれ、また、2019年も同量の生産・販売を目標としていることを明らかにした。生産量は前年比でやや減少となるものの、販売量では前年比微増が・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:Antamの2019年の事業計画、3.4兆IDRの設備投資他

 2018年12月の複数地元メディアによると、国営非鉄金属会社PT Antam(PT Aneka Tambang)は2019年の設備投資に、3.4兆IDR(インドネシアルピア:約270億円)を準備していることを明らかにした。本資金は、北Maluku州東Halmahera県でのニッケル銑鉄(NPI)製錬所建設、西Kali・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:2018年の低品位ニッケル鉱石等の輸出量は許可量の3割程度

 2018年12月11日付地元メディアによると、エネルギー鉱物資源省は、2018年1~11月の低品位ニッケル鉱石及び洗浄工程後ボーキサイトの輸出量が政府の輸出許可量合計の3割程度であったことを明らかにした。低品位ニッケル鉱石については約4,700万tの輸出許可に対し約1,600万t、洗浄工程後ボーキサイトについては約1・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:2018年12月の鉱物参照価格及び輸出基準価格

 2018年12月3日付でエネルギー鉱物資源省は、2018年12月の鉱物参照価格(HMA)を設定した。このHMAは、LME、LBMA、Asian Metal、ICDXを含む公表された国際指標を基に毎月設定される。以下、主なHMAである。11月と比較して、亜鉛は0.3%、金は1.5%、クロム鉱石は5.2%上昇した。マンガ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

PNG:加Cobalt 27社が豪Highland Pacific社を買収することで両社が合意

 2019年1月2日付のメディアによると、加Cobalt 27社はPNGのRamu ニッケル-コバルト鉱山の権益8.56%を保有する豪Highland Pacific社を、約115mA$で買収することで両社が合意した。買収成立にはHighland Pacific社株主の75%以上の承認が必要となるため、Highland・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:米Albemarle社、WA州Kemertonの水酸化リチウム製造工場建設のための基礎工事を開始

 2019年1月2日付のメディアによると、米Albemarle社はWA州Kemertonにおける水酸化Li製造工場の建設に向けた基礎工事を開始したことを発表した。この工場は、当初60kt/yの水酸化Li製造能力で建設され、長期的には100kt/yへ拡張する予定である。建設に要する費用は明らかにされていないものの、メディ・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Neometals社、WA州Mt Marionリチウム鉱山の権益13.8%をMineral Resources社とGanfeng Lithium社に売却する契約を締結

 2018年12月21日、豪Neometals社はWA州Mt Marion Li鉱山に保有していた権益13.8%を、豪Mineral Resources社と中国Ganfeng Lithium社に103.8mA$で売却する契約を締結したと発表した。豪州外国投資審査委員会(FIRB)や中国当局からの承認が得られることを条件・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:SQM社、WA州のリチウム探鉱プロジェクトをMetalicity社から買収

 2018年12月21日付の地元メディアによると、チリのリチウム大手SQM社は、豪Metalicity社がWA州Pilbara地域に保有していたLiの探鉱プロジェクトを1mUS$で買収しており、豪州における鉱石リチウム資源への関心を高めていると報じた。Metalicity社は、SQM社にプロジェクトを売却した後も、生産・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:豪州で建設が検討されている資源プロジェクトの総価値の回復が予測される一方で、コモディティ価格の下落が懸念されるとの報告

 2018年12月21日付のメディアによると、豪連邦産業イノベーション科学省が発表した最新の「Resources and Energy Quarterly」では、各企業により豪州内で資源プロジェクトの進行が検討されている「committed projects」の総価値は、2018年の40bA$で底を打ち、2021年まで・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 リチウム 鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

DRコンゴ:Lukuni地方の銅・コバルトプロジェクトに、中国Huayou Cobalt社、147mUS$を投資予定

 2018年12月25日付けメディアによると、中国Zhejiang Huayou Cobalt社がDRコンゴ・Lukuni地方の銅・コバルトプロジェクトに147.2mUS$を投資する予定を、上海証券取引所に報告した模様。2019年9月には操業開始予定、電気銅3万t/年の生産能力を持つとのこと。また、報告の中では、これか・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
金属企画部
担当者:
特命調査役 原田武

南ア:鉱物資源省、新鉱業憲章のガイドラインを発出

 2018年12月20日付けメディアによると、南ア鉱物資源省が官報において、鉱業憲章Ⅲの手続きの概要と様式などを取り決めたガイドラインに相当する文書(59ページ)を公告した。オーナーシップの構成要素や権益・鉱石引取に関わる取り決め、調達や供給、人材育成、地域コミュニティ、雇用などの考え方が整理されている。
鉱種:
その他
海外事務所:
金属企画部
担当者:
特命調査役 原田武

カザフスタン:Tau-Ken Altyn社、2019年にフル操業へ

 2018年12月14日付の地元報道等によると、Tau-Ken Altyn社(国営鉱業企業Tau-Ken Samruk社の100%子会社)は、2019年に計画年産能力(金25t、銀50t)に達する予定である。Tau-Ken Altyn社の精錬プラント建設は2012年7月に開始されており、2012年以前ではカザフスタンは・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ