カレント・トピックス
 
 
 
 
 

  平成28年3月31日 No.16-10
New Normalを迎えた中国銅需要と、需給変化に対応する世界各国のプレイヤー
―2016年春季国際銅研究会(ICSG)参加報告(2)―


< 金属企画部企画課 堀 琢磨 報告 >

 2016年3月9-10日にかけて、ポルトガル・リスボンにて国際銅研究会(ICSG)の春季定期会合が開催され、今次会合に併せて、3月8-9日に、国際銅会議が同市内で開催された。本稿では、各国関係者のプレゼンテーションや意見交換をもとに、世界各国の動向について報告する。

1. 中国

1)消費と在庫(Jinrui Futuresの講演)

“New Normal”へ:年率10%の消費拡大を続けてきた中国銅市場は、拡大のペースを5%程度に減じるものの、引き続き銅の消費は増加する。

分野別消費動向:2011年頃から、不動産建設に関係する建材・家具・家電や、金属・機械・化学関係工場の設備投資に関係する需要の伸びが緩やかになり、中には、管継手のように、マイナスに転じているものもある。エアコンの年間需要は、中国国内向けと輸出向けが半々であり、年間需要の半分(すなわち中国内需向けに相当)の中間在庫が生じた。他方、5か年計画のもと、発送電分野の需要は、堅調に推移する。

取引所在庫の変化:世界における主要取引所の在庫(LME、SHFE、中国保税、COMEXの合計)は、2014年ピークの1.3百万tから、2015年末に0.9百万tへ、約3割減じた。2016年1月末における中国保税倉庫の在庫は、2014年のピークと比べて、半分程度の0.41百万tまで下がってきた。一方で、上海取引所(SHFE)の在庫は、2016年1月末時点で0.27百万tまで積み増されている。

2)供給面(安泰科の講演)

調達形態:精鉱の輸入が急増しており、2015年の輸入は、地金(3.5百万t超)、精鉱(3.5百万t)が拮抗している。一方、スクラップはやや減少傾向にあり、2015年の輸入は1.5百万tである。

国内精鉱の供給計画:2015年1,558千t→2020年1,780千tに増産する。増加の要因は、チベットQulong 鉱山(2017年〜、100千t/年)、Xioncun鉱山(2016年〜、60千t/年)である。

国内銅資源循環の見通し:銅スクラップについては、2019年から、中国国内スクラップの供給量が、スクラップの輸入量を超える見通しである。2020年には、中国国内スクラップ1,800千t、輸入1,600千tになると予想される。

2. インド(Vedantaの講演)

1)インドの銅産業

主要企業:インド最大の非鉄会社Vedanta傘下のStarlite Copper社(インド銅市場の3割シェア、製錬能力年産400千t、Konkola銅鉱山(ザンビア)を保有)、BirlaグループのHindalco社(製錬能力年産500千t)、Hindustan Copper(政府系)である。

スクラップ:スクラップの輸入は、52.6千tである。ブラックロッドの年産は、130〜140千tであり、原材料に占める輸入スクラップの割合は34%である。

2)今後の動向

消費:2015年588千tが、2020年902千t(世界4位)に伸びると予測する。年率8%であり、成長率では、同時期の中国銅市場の成長率を上回る勢いになる。この背景には、都市化、住宅需要(Housing for all キャンペーン)、インフラ需要(電力網、鉄道)、内需を中心とする製造業の発展(自動車、電機機器)があり、需要が喚起される。1人あたりの銅消費量は0.5㎏(世界平均3.1㎏)であり、市場拡大の余地が十分ある。

供給:国内鉱山は非常に少ないが、インド政府は、2016年末までに、12の銅鉱山(可採埋蔵量計10〜15百万t)について、オークションを行う予定である。

3. チリ(COCHILCO(チリ銅委員会)の講演)

1)供給

想定価格の下方修正と生産調整:COCHILCOでは、世界の価格動向を踏まえ、1年前に想定していた2016年の銅価格280¢/lb(重量ポンド)を、220¢/lbに下方修正した。チリの銅輸出先(2014年)は、中国40%、日本13%、欧州13%、韓国8%、インド6%であり、現在、中国需要の伸びが緩やかになっている。2015年の探鉱費について、前年比を見ると、世界では18.3%減少したが、チリの減少率は13.1%にとどまっている。

今後の動向:上述の状況に伴い、プロジェクトの見直しを進めている。鉱石生産約600万tのうち半分程度が、200¢/lb以下のコストであり、大勢に影響がない。一方、Ampliacion Los Pelambres Ⅳ 6,500百万US$、Collahuasi Expansion Fase Ⅲ 7,000百万US$等について見直しを進めている。価格は、長期的には287¢/lbに上昇すると予想している。

 2014年5.75百万t(精鉱68%、カソード・SxEw32%)から、2026年6.16百万t(精鉱88%、カソード・SxEw12%)に伸び、その構成はカソード・SxEwの割合低下に特徴づけられる。

2)操業環境

ユーティリティー:世界の鉱山では、2010年頃から運営費の伸びを引き離すように、資本支出が著しく上昇した。しかし、チリでは、高い電力コスト等を背景に運営費も上昇している。電力使用量の低減に加えて、乾燥地ゆえに水の使用量削減が課題である。電力消費量は2015年22.15TWhから2026年34.00TWhに上昇する見込みであり、発電能力を上げる必要がある。水の利用は、2015年13.3㎥/s(うち海水2.5㎥/s)から、2026年10.8㎥/s(うち海水10.7㎥/s)となり、水消費量の削減と海水への転換を図る。

機能強化:鉱業の付加価値向上(Valor Minero等のイニシアティブ)を図るとともに、チリ環境基本法への対応が重要である。排ガス環境規制については、3つの製錬所が2016年の亜硫酸ガス削減対象であり、2018年に4つの製錬所について亜硫酸ガスの削減を行う。また、氷河地域周辺の環境保護に関する議論が進んでいることにも留意する必要がある。

4. DRコンゴ(鉱山省の講演)

1)カッパーベルトの復活

 ザンビアとの国境地帯のKatanga州と、首都Kinshasa西部の海岸に近い地域が産銅地帯である。歴史的に振り返ると、1970年半ばから1980年代後半まで400千tを超えた。その後、混乱下で生産は低迷を続ける。過去10年間で、銅鉱石の生産は、2005年28千tから、2010年500千t、2015年1,069千tに増加している。鉱石の半分は国内でSxEw等の処理を行い、残りの半分は隣国ザンビアへ輸出している。

プロジェクト名 主な所有者 鉱山名 可採埋蔵量
百万t(Cu)
Kamoa Copper Project Ivanhoe Mines,
紫金鉱業集団
Kamoa 15-
Tenke Fungurume Mining, TFM Sari Freeport Mc Moran,
Lundin/TMC
Kwatebala, Tenke,
Fwaulu
10.5
SICOMINES Sarl Gecamines, Chinese Consortium (中国五鉱集団等) Aggr. 6.9
Katanga Mining Limited Katanga Mining (TSX)/Glencore Kamoto, KOV,
Tilwizembe
1.5
Frontier Mining Limited Eurasian Natural Resources Co.ltd Lufuna/Kishiba 1
Ruashi Mining Metorex Pty Ltd(金川国際集団等) Ruashi 1

2)今後の懸念材料

 2014年に、7,874百万US$に達した銅の輸出は、2015年には半分以下に下がる見込みであり、今後の輸出低迷を懸念している。重量ベースで、最近の輸出動向を月別に見ても、2015年の月平均は83千tであったのに対し、2015年12月は70千t、2016年1月は68千tへと下降気味である。輸出先の需要変化に加えて、電力の安定供給も懸念材料である。Inga3プロジェクトをはじめ、水力発電のポテンシャルが大きい地域がある。電力分野は従来と比べて参入しやすくなった。新規の発電機需要のみならず、古い設備の更新需要も発生する。

5. イラン(NICICO(イラン銅公社)の講演)

1)これまでの動向

イランの銅鉱山:西はルーマニアから、イラン、チベットを経由し、東はスマトラ島まで、金属鉱床の発達が良好な“Tethyan Metallogenic Belt”が伸びている。イランには、西のSungunエリア、中央部のSarcheshmehエリアを中心に、全国7つの産銅地域、すなわち、East Azerbaijan、Ardabil、South Khorasan、Sistan & Baluchestan、Kerman、Isfahan、Yardが広がる。

NICICOの概要:イラン最大の銅企業であり、可採埋蔵量において、世界シェア3〜4%を占めている。その傘下に、Kerman copper(Sarcheshmeh鉱山・製錬所、Miduk鉱山・製錬所等)と、Azerbayjan copper(イラン西部のSungun鉱山・製錬所)を抱えており、年間生産量は、2015年107万tに達した。

 Sarcheshmeh及びMiduk鉱山の可採埋蔵量は、1,500百万tであり、800千tの銅精鉱プラント、7千tのモリブデンプラント、13千tのSxEwプラント、電解工場、加工工場(ワイヤーロッド、スラブ、ビレット)を保有する。一方、Sungun鉱山は可採埋蔵量800百万tであり、300千tの銅精鉱プラント、3.3千tのモリブデンプラントを持つ。

2)今後のプロジェクト

 NICICOは、2020年までに、鉱石420千t(2015年251千t)、製錬365千t(2015年236千t)、電解300千t(2015年185千t)に生産能力を増強する予定である。NICICO は、1970年代に海外大手と協力してきた実績があり、Dar Aloa鉱山、Darehzar鉱山等への投資を歓迎し、協力して開発を進めていく。これまで、ペルシャ湾、中国、トルコ、アフリカに限られてきた販路を、欧州、中国、米州等にも広げる方針である。

イランにおける今後の開発プロジェクト

プロジェクト名 地域 プロジェクト開始 生産開始 生産量
千t/a
精鉱中
銅成分
Dar Aloa Copper Mine & Plant Kerman 2015 2019 100 26%
Darehzar Copper Concentrator Mine & Plant Kerman 2015 2018 150 26%
Chah Firozeh Copper Mine & Plant Kerman 2012 2019 100 25%
Taft Copper Mine & Plant Yard 2011 2019 106 26%
Chehel Kooreh Copper Mine & Plant Systan & Baloochestan 2010 2016 16.7 20%

まとめ

 国際銅研究会の動向と、世界動向のポイントは以下の通りである。

  国際銅研究会の動向 世界動向
10年前 非鉄研究会の拠点統合:2006年、銅研究会(リスボン)、鉛亜鉛研究会(ロンドン)、ニッケル研究会(アムステルダム)の拠点集約、事務局長及び総務部門の兼務化等、ユニークな統合。 指標:LME価格とLME在庫の相関関係。
ICSG統計(単位:千t)
2005年 鉱石14,925、地金生産16,572、消費16,564
需要:輸入ポジションの中国では、内需向け(電力インフラ関係等)及び輸出製品向け(電気・電子部品等)の需要が急増、SHFE(Shanghai Futures Exchange)における取引の活発化。
日本人の役職:資源エネルギー庁鉱物資源課 朝日課長(当時)が2006年総会議長 供給:採鉱対象鉱床の低品位化・深部化・奥地化。鉱山開発コストの上昇。
現在 統合の効果:組織機構、予算執行、調査業務(地域動向、環境規制)等のシナジー効果を発揮。 指標:在庫はLME+SHFE+中国保税倉庫+COMEX。
資金流入・流出の影響:コモディティーとして同一視される銅。LME銅は、英ICE原油、米CME原油に続く市場サイズ。COMEX金市場より大きい。他コモディティーが好調な時は銅にも資金が集まり、他方で、需給状況に関わらず、資金が去る。青島以降の投資変化。価格のボラティリティーが高まるかどうかは見方が分かれる。
加盟国・地域国:豪州、ベルギー、チリ、中国、フィンランド、EU、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、ルクセンブルク、メキシコ、ペルー、ポーランド、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン+過去2年にザンビア、イランが加盟。 ICSG統計(単位:千t)
2015年 鉱石19,138、地金生産22,821、消費22,878 需給バランスは均衡状態。2015年実績 -57千t。
需要:中国消費は世界の半分となり、建設、電力、家電等に関する消費増に伴う精鉱、地金、スクラップの輸入増。欧米日におけるリサイクルの進展(欧州銅需要の55%はリサイクルによる。ICAによれば、1900年以降に採掘された銅の2/3は今なお利用されている)。
加盟国のシェア:世界鉱石生産の75%、地金生産の85%、地金消費の86%シェア。 供給:鉱石生産の3割はチリ。銅の探鉱費(2015年)は、南米838百万US$、欧・北米・豪804百万US$、アジア・アフリカ430百万US$。新規案件は、モンゴルOyu Tolgoi、チリLos Pelambres拡張、Sierra Gorda、ペルーToromocho、Las Bambas。川上に特化したメジャーの経営変化。生産調整や資金難によるプロジェクト遅延は、減産に直結。実需給のタイト化を懸念。
10年後 加盟の可能性:オブザーバーとして今次会合にDRコンゴ、モンゴルが出席。 指標:地金で取引が生じる産業構造を持つ、消費地の取引所に注目。
需給:2020年までに供給不足の感等、見方は様々。
需要:中国は、内需増の緩やかな伸び+為替相場に影響される輸出、国内銅資源循環増(スクラップ使用量に占める国内スクラップの使用率は5割強へ)。国内鉱に乏しいインドやブラジル需要が増加。中東は地場のアルミニウム指向か。インドと中国は都市化率や銅製品輸入に違いあり。分野別には、材料置換の進展により、建築配管、情報通信、ラジエーターの伸びは緩やか。
供給:産銅国における製錬能力増強、精鉱品位の更なる低下。新規案件は、米Pebble、ペルーLas Bambas、Cobre Panama、DRコンゴKamoa、露Udokan、フィリピンTampakon、チリAndina等。
各国の位置づけ(概念図)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。



 ページトップへ