スペース
 
カレント・トピックス
 
 
 
 
 

  平成28年5月26日 No.16-19
インドネシア鉱石輸出禁止後のニッケル供給構造変化と、
“New Normal”を迎えた中国の一次ニッケル生産・消費
―2016年春季国際ニッケル研究会(INSG)報告(2)―


<金属企画部企画課 堀 琢磨 報告>

ニッケルの需給構造は大きく変化した。中国の一次ニッケル消費が世界の半分を超え、供給面ではインドネシアにおける未加工鉱石輸出禁止措置が価格低迷期に重なり、鉱石市場のみならず一次ニッケルにかかる各国の生産体制や貿易に大きな変化をもたらしている。2016年4月25〜26日、ポルトガル・リスボンにおいて、国際ニッケル研究会(INSG)の春季定期会合が開催された。

本稿では、供給構造と消費構造の両方が変化したニッケルについて、各国関係者のプレゼンテーションや意見交換をもとに、世界各国の動向について報告する。具体的には、@鉱石禁輸を境に変化するインドネシアの動向(輸出動向及び製錬所の建設計画)、A供給地の役割を発揮するフィリピンの生産・輸出動向、B世界消費の半分を占める中国の生産・消費動向、Cステンレス鋼スクラップ供給国である米国の貿易動向、D欧州における新たな鉱山開発について、報告する。

1. インドネシア(エネルギー・鉱物資源省の講演)

1)輸出品の変化

鉱石の禁輸措置により、2015年に鉱石の輸出はゼロとなり、変わって、ニッケル銑鉄の輸出が増えつつある。

図1 インドネシアの輸出動向(グロス量)

(出典)エネルギー・鉱物資源省講演資料よりJOGMEC作成

図1 インドネシアの輸出動向(グロス量)

2)製錬所の建設計画

インドネシアの既存製錬所は次の通りである。

表1 インドネシアにおける既存の製錬所

企業名 地域 主要生産物 生産能力(グロス量)
PT. Sulawesi Mining Investment スラウェシ島Morowali フェロニッケル 年産300千t
PT. Aneka Tambang (Antam) スラウェシ島Pomalaa フェロニッケル 年産180千t
PT. Vale Indonesia スラウェシ島Sorowako ニッケルマット 年産80千t
PT. Cahaya Modern Metal Industri スラウェシ島Konawe ニッケル銑鉄 年産9千t
PT.Bintang Timur Steel ジャワ島西部Serang ニッケル銑鉄 日産120t
PT.Indoferro ジャワ島西部Cllegon ニッケル銑鉄 年産250千t

2014年の鉱石禁輸実施後に、製錬所の建設が進んでいる。エネルギー・鉱物資源省では、各設備の進捗率を5段階に分類しており、各段階における件数は次の通りである。各企業における財政上の課題に加え、ニッケル価格低下による採算性の悪化により、建設はやや遅れ気味である。

ステージ5(進捗率81-100%、生産・試運転):9件。上記6製錬所の他、PT.Gebe Industry Nike(ジャワ島東部)、PT.Macika Mineral Industri(スラウェシ島)、PT.Fajar Bhakti Lintas Nusantara(マルーク諸島)。

ステージ4(進捗率51-80%、建設終期):4件、内訳は、@PT.Megah Surya Pertiwi(マルーク諸島)、ACOR Industry Indonesia、BPT.Integra Mining Nusantara、CPT.Karyatama Konawe Utara(以上スラウェシ島)

ステージ3(進捗率31-50%、建設中期):8件、内訳は、@PT.Wanatiara Persada dan Rimba Kurnia Alam(ジャワ島東部)、APT.Kembar Emas Sultra、BPT.Pernick Sultra、CPT.Konawe Nickel Nusantara dan PT.Ellt Kharisma、DPT.Bhineka Sekarsa Adidaya、EPAM Metalindo、FPT.Sambas Mineral Mining、GPT.Cipta Djaya Surya(以上スラウェシ島)。

*ステージ2(進捗率11-30%、建設初期・整地)及びステージ1(進捗率6-10%、環境影響評価)は省略。

3)今後の生産予測

以上のように、インドネシア国内において製錬所が相次いで立ち上がることから、今後、ニッケル銑鉄の生産は急増し、フェロニッケルの生産量も増加する。

図2 インドネシアにおける生産予測(グロス量)

(出典)エネルギー・鉱物資源省講演資料よりJOGMEC作成

図2 インドネシアにおける生産予測(グロス量)

2. フィリピン(Nickel Asia社の講演)

1)中国への輸出

フィリピンから中国への供給は、2012年38.2百万t(グロス) → 2013年40.8百万t → 2014年50.5百万t → 2015年45.4百万tのように、インドネシアの鉱石禁輸措置が実行された2014年から高水準に推移している。ハイグレード(以下HG)ニッケルは、2014年以降、Tawi Tawi州にあるTumbagaan島の鉱山からの輸出が増加した。Zambalesは環境問題等のため増産は延期され、Palawanは生産能力に限界がある。ミドルグレード(以下MG)ニッケルについては、インドネシアにおける鉱石禁輸措置の実施を境に、需要が拡大して、SurigaoやNAC所有鉱山からの輸出が増加した。ローグレード(LG)ニッケルについては、2013年までは中国への主要輸出品であり、NPIのうちローグレード品の原料に使用されていた。しかし、炭素鋼の需要減退や鉄鉱石価格の低下とともに、需要は減退している。

2)今後の動向

ニッケル価格によって3つのケースが想定される。@9,000US$/tでは多くの鉱山で生産をカットする。A11,000US$/tではSurigao鉱山及びDinagat鉱山がフル稼働となり、B13,000US$/tになった場合はこれらに加えて、Zambales鉱山がフル稼働になる。速やかに13,000US$/tに上がれば、フィリピンの2017年の供給能力は300-350千t(純分)となり、将来的に、フィリピンは最大410-460千t(純分)に達する。

図3 フィリピン産鉱石・対中国供給推移(グロス量)

(出典)Nickel Asia社講演資料からJOGMEC作成

図3 フィリピン産鉱石・対中国供給推移(グロス量)

3)Nickel Asia社について

Nickel Asia社は、フィリピン最大の鉱山企業であり、1977年以降ラテライト鉱を扱ってきた。Rio Tuba鉱山(権益65%)、Taganito鉱山(65%)、Cagdianao鉱山(100%)、Taganaan鉱山(100%)に加え、HPAL方式のプラントを持つTaganito HPAL社(10%)及びCoral Bay Nickel社(22.5%)を所有する。インドネシア鉱石の禁輸措置を補うように、鉱石生産を進めている。

3. 中国(1〜3. 安泰科の講演、4. AMEの講演)

1)生産・消費

中国の一次ニッケル消費量は、2013年899千t(以下3.の単位は純分t)(対前年比17%増) → 2014年957千t(6%増) → 2015年980千t(2%増)となり、2016年は1,020千t(4%増)になる。消費の伸びは鈍化し、対前年比3〜5%増になるものの、今後も拡大を続ける。

一方、一次ニッケル生産量は、2013年をピークに減少し、2015年600千t、16年に560千tとなる。2016年の内訳は、ニッケル銑鉄(NPI)330千t、カソード175千t、添加用ショット(ユーテリティー)30千t、ニッケル塩25千tである。また、2016年3月、上海取引所132千t(ほとんどは露メーカーブランド)、保税倉庫70千tの在庫が存在する。

ステンレス用途に関して、種類別には、ニッケル銑鉄のシェア減少と、カソード及びフェロニッケルのシェア拡大に特徴づけられる。バッテリー等に使用されるミックスサルファイドの生産は、2010年に80千t(総重量)を超え、2015年136千tとなった。

図4 中国ステンレス生産において使用されるニッケル原料

(出典)安泰科講演資料よりJOGMEC作成

図4 中国ステンレス生産において使用されるニッケル原料

2)インドネシアにおける現地生産

中国は、主に、インドネシア及びフィリピンから鉱石を輸入し、中国国内で加工していた。うち、インドネシアについては、鉱石禁輸措置を背景に、「インドネシア産鉱石の輸入 → 中国国内におけるニッケル銑鉄生産」のフローが、「インドネシア産鉱石の現地製錬(中国との合弁企業等) → 中国の輸入」に流れが変わってきている。

3)ニッケル銑鉄の国内生産

ニッケル銑鉄の生産量は2015年385千tから、2016年330千tに減るものの、2020年には390千tに回復する。2015年のグレード別構成は、81%はハイグレード(ニッケル品位10%)、16.3%はローグレード(ニッケル品位1〜2%)である。

地域別には、江蘇省が生産量の1/4を占め、福建省、山東省、内モンゴル自治区、遼寧省がこれに続く。昨今の状況から生産者数は減少傾向にある。40以上の担い手が、ニッケル銑鉄を生産しており、需要及び価格低迷を背景に、生産者数は近年、減少傾向にある。生産量上位10工場(大規模のTsingshan group, Jiangsu delong nickel, Shandong xinhai technology等)のシェアは、2015年57%(220千t)から、2020年66%(260千t)に拡大する。

4)ニッケル銑鉄工場の競争力

ニッケル銑鉄プラントの稼働率は、2015年6月の47%から、最近は30%まで落ちている。2015年に比して2016年の生産は軒並みマイナスの中で、海岸部の山東省及び江蘇省におけるRKEF(ロータリーキルン/電炉)の稼働率は、2015年より2016年の方が良くなっている。もし、インドネシアの各製錬所が立ち上がれば、これに競争できるのは中国沿岸部のRKEFである。他方、インドネシアの製錬所建設の多くは、全般的に予定より遅れている。

4. 米国(スクラップ・リサイクル工業研究所の講演)

1)米国の需要

米国内におけるニッケルの用途は、ステンレス鋼及び合金鋼45%、非鉄合金及びスーパーアロイ43%、電気メッキ7%、その他5%である。2015年、200千t(以下グロス)のステンレス鋼スクラップ、800千t以上のステンレス鋼を輸入している。

2)スクラップの輸出

ISRIのスクラップ・インデックスは、2011年1月から下降を続け、2016年3月に、底を打った。輸出量は、徐々に減少して、2015年は520千tである。2015年(括弧内は2006年)の輸出は、国別に、中国151千t(184千t)、台湾122千t(94千t)、インド57千t(48千t)、パキスタン54千t(2千t)、韓国30千t(815千t)である。

ピッツバーグにおけるステンレス鋼スクラップ価格(304 scrap solids)は、2014年6月1977.5US$/tから2016年3月984.50US$/tまで、半値に落ち込んだ。輸出は、中国経済のスローダウン等を背景に海外のスクラップ需要は弱含みで、ドル高により輸出競争力は低下している(筆者注:INSG統計によれば、世界におけるスクラップ(HS72.04.21)の主な流れは、@米国から、中国、台湾、インド、パキスタンへの輸出、AEU27から、インド、韓国への輸出、B最大の輸入国インドによる、米国、タイ、マレーシア、オランダ(EUスクラップの積出港)からの調達である)。

5. 欧州(Terrafame社の講演)

Sotkamo鉱山は、欧州最大級のニッケル硫化物鉱床であり、2015年8月に所有権が移り、操業を開始した。バイオ・ヒープリーチング技術を駆使して、貴液から、ニッケル及び亜鉛、副産物としてコバルト及び銅を生産する。リーチングには長期間かかる一方、電気代等のコスト・メリットがある。また、エネルギー使用量を抑制できることから、地球温暖化防止に貢献する手法である。2018年にフル稼働になる見込みであり、ニッケル30千t、亜鉛65千tを生産する。

まとめ

世界動向のポイントは次の通りである。また、各国の位置づけは図5のようになる。

  ニッケルを取り巻く世界動向
10年前

@指標:LME価格とLME在庫の相関関係。

AINSG統計(以下純分換算)
2005年 鉱石生産1,387千t、一次ニッケル生産1,271千t、一次ニッケル消費1,249千t

B需要
中国は、2005年に最大の消費国(当時世界消費の15%)となり、以降輸入ポジションを強め、鉱石の輸入を拡大。低品位のラテライト鉱を原料にニッケル銑鉄(主に200系用)の生産を拡大。
用途は、ステンレス鋼及びその他合金鋼(フェロニッケル、酸化ニッケル、電気ニッケル等)、砂型やロストワックスによるニッケル基合金鋳造品、電気メッキ及びバッテリー(水酸化ニッケル等)。ステンレス鋼に関して、ニッケル銑鉄等を材料とする中国、スクラップを大量に使用するインド等、国ごとに原料調達のスタイルは様々。

C供給:採鉱対象鉱床の低品位化・深部化・奥地化。鉱山開発コストの上昇。 鉱石生産の7割がアジア太平洋地域。ラテライト鉱石(酸化鉱)は、インドネシア、フィリピン、豪州、ニューカレドニア、キューバ等における地表表層の風化帯から採鉱。マグマ性硫化物鉱床からの硫化鉱は、カナダ、ロシア、南アフリカ、豪州等に分布。2009年、ラテライト鉱の生産量が、硫化鉱の生産量を抜く。

現在

@指標:LME価格とLME在庫の相関関係。
2007年平均37,230US$/t(在庫48千t)
2016年2月平均 8,310US$/t(在庫440千t)。

A資金流入・流出の影響:価格と在庫は相関関係を持つものの、近年、価格の振れ幅は非常に大きく、史上最高値54,200US$(2007年5月16日)から、2016年5月現在の9,000US$を下回る水準まで、大きく変化している。

BINSG統計
 2015年 鉱石生産2,183千t、一次ニッケル生産1,983千t、一次ニッケル消費1,890千t
 需給バランスは均衡状態。2015年実績 93千t。

*(シェール革命後に供給構造が変化した石油・天然ガス、中国消費が半分を占めて消費構造が変化した銅及び亜鉛に対し)ニッケルは消費構造と供給構造の両方が変化。

C需要:中国消費量は世界消費量の52%。中国消費の伸びは鈍化したものの、依然として消費は拡大傾向。

D供給:世界鉱石生産シェア1/3〜1/4(2011-2013年)のインドネシアが、2014年に鉱石の輸出禁止措置を実施。鉱石生産2013年834千t → 2015年130千t、一次ニッケル生産2013年22千t → 2015年46千t。他方、大消費地の中国では、買い置きした鉱石ストックの利用が進むとともに、各企業は各国から鉱石やフェロニッケルを調達。インドネシアにおける中国・インドネシア合弁企業等において、現地生産が進行。中国ニッケル銑鉄は、需要減、鉱石入手、コークス高、環境面等を背景に減産。中国内において、立地条件、企業形態(ステンレス鋼までの一貫生産)、所有設備、品位によって稼働率に差が出てきている。

10年後

@指標:一次ニッケルで取引が生じる産業構造を持つ、消費地の取引所に注目。

A需給:2020年までに供給不足の感等、見方は様々。 2016年 鉱石生産2,093千t、一次ニッケル生産1,913千t、一次ニッケル消費1,962千t、需給バランス▲49千t。2016年は地金の供給不足に転じる見込み。

  • 地金在庫は一定水準あり、直ちに不足感は出ないものの、一次ニッケル需給はタイト化の方向が明瞭になっている。単年の地金需給バランスは、2013年170千t → 2014年114千t → 2015年93千t → 2016年▲49千t。
  • 鉱石市場からのインドネシアの離脱により、鉱石の市場はタイト化へ(禁輸実施の2015年のインドネシア鉱石生産は大幅減)。
  • 供給構造と消費構造の変化に鑑みると、中長期的な需給バランスは要注視。

B需要:中国は、内需増の緩やかな伸び+世界需要や為替相場等に左右される輸出。

C供給:鉱石品位の更なる低下、新規開発の遅れを懸念。インドネシアでは、35の製錬設備が建設される見込み。供給構造についても、貿易取引される商品(鉱石、中間製品、地金)がさらに変化。

図5 ニッケル市場における各国の位置づけ(概念図)

(出典)INSG資料をもとにJOGMEC作成

図5 ニッケル市場における各国の位置づけ(概念図)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。



 ページトップへ
スペース