スペース
 
カレント・トピックス
 
 
 
 
 

  平成28年7月14日 No.16-30
Sibanye Gold社、白金産業参入に賭ける勝算

<ロンドン事務所 竹下聡美 報告>

はじめに

南ア産金大手Sibanye Gold社は、2015年、Anglo American PlatinumのRustenburg白金鉱山及び豪Aquarius Platinum社を買収し、白金生産量で世界5位に急浮上した。PGM価格が低迷し、2014年の史上最長白金鉱山ストライキが記憶に新しい中でPGM業界に参入を果たした。同社の戦略について、Sibanye Platinum部門CEOのJean Nel氏に話を聞く機会を得たことから、Sibanye Gold社の概要と合わせて報告する。

1. Sibanye Gold社の成り立ち

Sibanye Gold社は、2012年11月に南ア産金大手Gold Fields社がスピンオフした会社で歴史は浅い。当時Gold Fields社は 賃上げを巡り暴徒化した鉱山ストライキが続いていた南アWitwatersrandベーズンに位置する Kloof金鉱山、Driefontein金鉱山及びBeatrix金鉱山を、リスク回避の目的からSibanye Gold社として完全に分社化した。南アの労使交渉は2年毎に行われることから、2014年の最長5ヶ月にも及んだ白金鉱山ストライキが記憶に新しいが、2012年も多くの違法ストライキが発生し、特に34名もの犠牲者を出したMarikana白金鉱山事件は世界中から大きな非難を受けている。2012年は、労使問題が台頭する中で、Gold Fields社に限らず、BHP Billitonをはじめ各鉱山会社が南ア資産の整理を行った時期でもあり、Sibanye Gold社としては苦境からの出発であったといえるだろう。

Sibanye Gold社は2013年2月にヨハネスブルク証券取引所(JSE)に上場した。8月にはSibanye Gold社CEOのNeal Froneman氏が前職でCEOを務めていたGold One International社からCooke金鉱山を買収し、下表のとおり現在のポートフォリオが出来上がることとなった。世界のランキングでは、2015年金生産量は150万ozと世界第9位、埋蔵量では3,100万ozとこちらも第9位の位置にある。

Sibanye Gold社操業鉱山

鉱山名 2015年 金生産量 Cash Cost 資源量 埋蔵量
Beatrix 32.5万oz 831US$/oz 960万oz 430万oz
Cooke 20.1万oz 1,158US$/oz 1,590万oz 150万oz
Driefontein 55.8万oz 756US$/oz 1,980万oz 820万oz
Kloof 45.2万oz 836US$/oz 2,820万oz 650万oz

(出典:Sibanye Gold社HP)

金価格は2016年以降上昇基調に転じたとはいえ、他の資源価格と同様に中期的に低迷期にあった。その中で成長を続けるSibanye Gold社の強みはポジティブなキャッシュフローにあると言えるだろう。2016年5月のプラチナウィーク1でNeal Froneman CEOは、鉱山の近代化と資源量の増加により自社アセットの価値を高めることが重要だとし、またコスト削減のためにいかに人件費削減に取り組むかについて力説した。同氏によれば、従業員とコスト意識を共有することが大切だとして、実際に過去3年の間、同社の操業鉱山では鉱山ストライキは発生していないという。また南アでは解雇ができないということはなく、必要に応じて適切なリストラクチャリングを実施しているとして、南アでの労働問題に精通していることを強調している。

また、Sibanye Gold社は株主を強く意識した配当方針を有しており、収益の25〜35%を株主に還元すると明言している。下図のSibanye Gold社の株価推移から分かるように、2013年2月上場時の14ランド(1,356セント)から、2016年1月以降、金価格が上昇基調に転じるとともに2016年3月には61ランド(6,120セント)の最高値を付け、現在の株価は40〜60ランドの間で好調な値動きを続けている。

Sibanye Gold社のJSE株価推移

Sibanye Gold社のJSE株価推移

(出典:Sibanye Gold HP)

2. 白金産業参入への勝算を聞く

Sibanye Gold社は2015年に2件の大型買収を果たし世間の注目を集めた。1件目は白金生産最大手Anglo American PlatinumのRustenburg白金鉱山、そして2件目は豪AquariusPlatinum社である。この2件の買収により、Sibanye Gold社はPGM(4E)生産量110万ozと世界第5位に浮上することとなった2。白金業界への参入についてNeal Froneman CEOは、白金は金と多くの点で類似しており、投資はロジカルだと発言している。さらに同CEOは、白金業界でプレゼンスを発揮するために世界3位以内を目指すとして、2016年内に3件目の買収を予定していることをこの6月に表明している3

こうした背景について、Sibanye Gold PGM部門CEOのJean Nel氏に話を聞く機会を得た。同氏は買収された豪Aquarius Platinum社の元CEOであり、同社の買収が完了した2016年4月に新設されたPGM部門のCEOとしてSibanye Gold社に転籍したばかりである。白金価格は未だ低迷を続けており業界全体が非常に厳しい状況にある。Jean Nel氏にSibanye Gold社の今後の戦略を聞いた。

―2015年は2件の大型白金案件を買収したが、Rustenburg鉱山は深部の高コスト鉱山と言われている。実際にはどのようにコスト削減を行っていくのか。

「Anglo AmericanからRustenburg鉱山を買収したが、実のところ契約は未だ締結されていないため、法的にはSibanyeのプロファイルの一部にはなっていない。生産コストの削減は確かに難しいが、重複する設備を減らすことが最も効いてくるだろう。例えばRustenburg鉱山にあるトレーニングセンターと豪Aquarius Platinum社の保有していたトレーニングセンターを統合することを考えている。また生産能力の上限まで生産量を増加させることも一つの手段である。色々な組み合わせを行うことによってコスト削減が可能になる」

―人件費削減に強みを置いているようだが、南アでの解雇は労働組合との関係で非常に難しいのではないか。

「南アでの鉱山操業は全てが難しく、簡単なことは何一つない。ただそれをマネージするのが我々の仕事である」

―Neal Fronemen CEOは白金生産で世界3位を目指すとして2016年中に3件目の買収を表明している。

「報道のとおり、Neal Fronemen CEOはPGM部門のさらなる成長を求めており、世界3位または4位を目指しているが、多くのオプションがあるわけではない。現在の白金価格では収益を生み出すことは不可能で非常に厳しい時期にある」

―探鉱・開発案件への参入は検討しているのか。

「既存の生産案件を買収した方が探鉱開発を行うよりもリーズナブルである。資源ビジネスでは取るべきリスクをいかに低減させるかが非常に重要であり、また投資するにあたり、鍵と成るのは株主へのリターンをどう生み出すかである。その意味では、生産開始まで数年掛かるような開発案件への投資は現状考えていない。ただし、市況は10年経てば変わる。10年前に現在の状況はだれも予想出来ていなかったため東リムの開発が進展したと言えるだろう。その意味では市況が我々の戦略をグリーンフィールド投資から既存鉱山買収へ変えたと言うこともできる」

―ImpalaやLonminの白金製錬所の買収可能性が報じられている。現在の鉱山業から製錬事業まで事業を拡大する計画があるのか。

「確かに現状は製錬所を有していないため、そのステップを踏む段階にあるとは言えるだろう。南アの白金製錬所は生産能力をフルに活用していないことから、いかに稼働率を上げるかが重要である」

―2014年には史上最長の白金鉱山ストライキがあったが、今後の労働争議の見通しについてはどう見るか。

「状況は複雑で先のことは予測できないが、2014年のような大規模なストは起こらないだろう。ただし短期のストは当然あるだろう」

―鉱業憲章改正や差し戻されたMPRDA(The Mineral and Petroleum Resources Development Act;鉱物石油資源開発法)について今後の進展をどのように考えるか。

「鉱業界として各社と協力し、南ア鉱業協会が業界を代表して動いている。我々の望む方向に進むと期待している」

―価格見通しについて、現在の低迷が中期的に続くと厳しい見方が多いが、どう見通すか。

「現在の価格は我々が想定していた価格を大きく下回る。白金生産者が今の価格で出来る限り耐えたとしても、次の2、3年で減産という厳しい決断を行うだろう。ただ、次の1、2年で白金価格は10〜15%程度上昇すると見ている。それでもまだ低い状態にあることには変わりはない。当社としては長期的にはブリッシュな見方を持っている」

おわりに

Sibanye Gold社はGold Fields社から南アのリスクを引き取る形でスタートしたが、生産能力拡張とコスト削減を推し進め、健全なキャッシュフローを基に躍進を遂げた。白金価格は英国のEU離脱の影響により短期的には上昇基調にあるものの、ファンダメンタルでは変化はなく、中期的には現在の価格を維持すると見られている。Sibanye Gold社は長期的な視野で白金産業をポジティブと見て勝負に出た。逆境の時にこそ成長していく姿を示してきた同社の動向に今後も注目していきたい。

OGMECカレント・トピックス『PGM市場の2016年見通し―ロンドン・プラチナウィークから―』http://mric.jogmec.go.jp/public/current/16_20.html

Sibanye Gold社の対外発表資料https://www.sibanyegold.co.za/investors/events/presentations/2016

JOGMECニュース・フラッシュhttp://mric.jogmec.go.jp/public/news_flash/16-23.html#28

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。



 ページトップへ
スペース