閉じる

報告書&レポート

2006年3月16日 アルマティ事務所 酒田 剛 e-mail:jogmec@nursat.kz
2006年16号

2005年カザフスタン非鉄金属の生産・輸出動向


1. 主要非鉄金属の生産量と輸出量

 カザフスタンは、クロム埋蔵量が世界1位、亜鉛が4位、鉛が5位のほか、レアメタルや銅の埋蔵も多く、ウラン資源量も2位と非鉄金属資源に恵まれている。生産量においても同国は、クロム鉱石、ウラン鉱石、スポンジチタンがそれぞれ世界3位(2004年実績)を占めており、銅地金の輸出量で世界3位、同じく鉛地金が4位、亜鉛地金が5位(いずれも2004年実績)と、世界有数のベースメタル輸出国ともなっている。
 本稿では、カザフスタン国家統計庁から入手した2005年データに基づき、同国における非鉄金属の生産・輸出の動向について報告する。

表1.カザフスタンの主要非鉄金属の生産量
(単位:t)
 
2003年
2004年
(a)
2005年
(b)
増減
b/a(%)
主な生産者
804.6
707.4
812.1
14.8
Kazakhmys, Kazzinc
電気銅
432,401
445,268
418,833
▲5.9
Kazakhmys
亜鉛地金
294,965
316,731
356,907
12.7
Kazzinc, Kazakhmys
鉛地金
116,006
139,998
117,351
▲16.2
Kazzinc, Yuzhpolimetall
クロム鉱
2,927,800
3,287,100
3,579,000
8.9
Kazchrome(Donskoy GOK)
フェロクロム
993,001
1,080,993
1,156,168
7.0
Kazchrome (Aktobe/Aksu Plant)

マンガン鉱

789,300
866,100
748,500
▲13.6
Zhairemsky GOK Kazchrome(Kazmarganets)
スポンジチタン
12,800
14,900
N.D.
UKTMK
注:国家統計庁がデータを開示していないスポンジチタン生産量は、JOGMEC調べ

表2.カザフスタンの主要非鉄金属の輸出量
(単位:t)
2004年
(a)
2005年
(b)
増減
b/a(%)
2005年の主な相手国(量※)
700.0
795.8
14.8
独(483.0), 英(189.1), タイ(32.0)
電気銅
390,621
401,177
2.7
伊(220.7), 中(161.1), 独(15.8)
亜鉛地金
256,880
280,229
9.1
中(211.7), 蘭(35.0), スイス(14.9)
鉛地金
122,859
104,090
▲15.3
蘭(47.4), 露(22.2), スイス(16.1)
クロム鉱
775,220
929,188
19.9
露(837.2), 中(73.2), ウクライナ(18.7)
フェロクロム
859,319
919,544
7.0
蘭(439.0), 中(128.3), 日(102.0)
マンガン鉱
614,513
445,579
▲27.5
露(317.7), 中(86.6), ウクライナ(40.0)
スポンジチタン
16,695
19,470
16.6
米(8.7), 蘭(4.9), 英(3.9), 日(1.4)
希土類化合物
783.1
662.2
▲15.4
露(662.2)

※ 銀、希土類化合物以外は、千t

2. 鉱種別の主なトピックス

2-1. 銅

IPO(株式公開)
 銅生産をほぼ独占するKazakhmys社は、2005年10月、CIS諸国の鉱業企業として初めてロンドン証券取引所で株式公開(IPO)を行った。同社は、ロンドンベースのKazakhmys plcとして上場するに際し、カザフスタンのLLC Kazakhmys Corp.を子会社(98.7%所有)化する体制に改めている。Samsungグループ(韓)は2004年、所有していたKazakhmys社の権益を同社の3人の役員に売却し、両社間の事業関係を解消した。IPOに伴って、Vladimir Kim(Executive Chairman)、Yong Keu Cha(CEO)、Oleg Novachuk(Finance Director)の3役員のKazakhmys plcの持ち株数は73%に減少したとされる。

生産状況
 Kazakhmys社の2005年生産状況として、(1) 電気銅が396.6千tと前年比で7.3%減少、(2) 銅精鉱の買鉱手当て量が268千t(Gross Wt)に増大、(3) 鉱石中の平均銅品位が前年の1.30%から1.03%に大きく低下、などを挙げることができる。

投資動向
 Kazakhmys社の最近の話題として、(1) 豊富な資金を背景として他の鉱山企業とM&Aを交渉中、(2) 2006年は中国向けの輸出を減少する予定、(3) 副産物のモリブデンやレアメタルの回収を行う子会社を設立する計画、などが伝えられている。

Kazakhmys社が進めている銅鉱山開発プロジェクト
プロジェクト名
銅量
(千t)
採掘量
(千t/年)
生産規模
(千t/年)
開発費
(百万US$)
生産開始
Zhaman-Aibat
2,861
4,000
鉱石
38.4
2006年
50 Let Oktyabrya
900
3,000
地金  40
227.0
2008年
Aktogai・Aidarly
13,000
50,000
精鉱  155
600.0
2010年

2-2. 亜鉛

民営化と新規事業投資
 最大の生産者Kazzinc社の政府株を売却する入札が2005年2回に分けて行われた結果、最終的にGlencore International社が同社の99%権益を所有するに至った。落札条件とされた銅製錬所(生産能力70千t/年)の新設に関連してKazzinc社幹部は、2009年完成を目指して建設されるとの見通しを明らかにしている。

生産・輸出状況
 2005年の亜鉛地金生産量が大きく増えたのは、2003年10月に竣工したKazakhmys社の亜鉛製錬所(能力:100千t/年)が本格操業によって50,900tを生産した効果による。亜鉛精鉱については、2005年にロシアから15.7千tの輸入をした点が特筆され、輸出量は前年の111.8千tから34.0千tに激減した(精鉱の輸出入量は、いずれもGross Wt)。

鉱山開発

 Kazzinc社は、2004年にShaimerden亜鉛鉱床(亜鉛埋蔵量900千t以上、Zn品位21%)をZincOx Resources社(アイルランド)から7.5百万US$で取得した。同鉱床の開発は順調に進んでおり、2006年6月に採掘を開始、60千t/年の地金が新規生産される見通しである。

2-3. クロム

高収益
 世界最大の埋蔵量を誇るDonskoy鉱山を擁するDonskoy GOKや2つのFerroalloy Plant(Aktobe、Aksu)などを傘下に収めるKazchrome社は、2005年に前年比31.6%増となる462.5億テンゲ(約356百万US$)の純利益を上げた。

中国企業とのJV

 Kazchrome社は、鉄鉱石、アルミナ、マンガン鉱、石炭、電力、銀行など他分野の主要企業と共にコングロマリットの一員としてEurasian Industrial Association(EIA)を構成しており、EIAは2005年7月、中国のAsmare Iron & Steel社(新疆ウイグル自治区)とのJV事業によりフェロクロムの生産を計画していると伝えられた。両社はL/I(Letter of Intent)を締結、Asmare社は85百万元(10.3百万US$)を投資した高炭素フェロクロムの生産設備(能力50千t/年)を竣工しており、このJ/VによってAsmare社は原料の70%を調達するとされる。Asmare社のフェロクロム工場はカザフスタン国境の中国側Alashankouに位置している。

ロシア企業の買収
 2006年2月、EIAの傘下にあるInternatinaol Mineral Resources(IMR)がロシアのフェロクロム生産者Serov Ferroalloy Plant(SZF社)を買収することをSZF社が明らかにした。IMRは、すでにドイツ独占禁止庁からSZF社買収に関する許可を得ている。EIAからクロム鉱を調達するSZF社は、従来から鉱石不足の問題を抱えていたが、買収による経営統合で需給環境が改善されると見られている。フェロクロムの年間生産量は、SZF社が中-低炭素100千t、Kazchrome社が低炭素32千t、中炭素36千t、高炭素1,000千tとされる。

3. 政策をめぐる最近の動向

 2006年1月、Nazarbaev大統領の就任後、組閣でShkolnik前エネルギー・鉱物資源相は産業貿易相に転任、後任にはIzmukhanbetov前次官が昇任し、同省傘下の地質・地下資源利用委員会のUshkenov委員長は留任した。初閣議で大統領は、2005年に行われた地下資源利用権の入札手続を監査し、2006年に計画している入札もきちんと行われる必要があるとの考えを示したとされる。これに呼応するように最近、Izmukhanbetov大臣は2005年に100以上の地下資源利用契約・ライセンスが解約あるいは取り消されたことを明らかにし、今後も作業計画を履行する意志のない地下資源利用者に対しては、警告、停止の後に事態が改善されない場合は権利を剥奪すると明言した。エネルギー・鉱物資源省によれば、2006年の入札は近く公告される見通しであり、金属鉱物資源の他、カスピ海カザフスタン領の新規油田鉱区なども対象になると見られている。2005年の入札では非鉄メジャー企業も応札したとされ、未確認ながらBHP Billiton社が4鉱区の探鉱権を取得したとの情報もある。現在、カザフスタンには1,000以上の地下資源利用契約が存在し、地下資源利用者700社以上が活動している。

ページトップへ