閉じる

報告書&レポート

2007年6月21日 ロンドン事務所 オーウェン溝口佳美、金属資源開発調査企画グループ 神谷夏実報告 Tel:(ロンドン)+44-20-7287-7915 Tel:(金属企画グループ)044-520-8590 e-mail:(溝口)mizoguchi@jogmec.org.uk (神谷)kamiya-natsumi@jogmec.go.jp
2007年57号

国際ニッケル研究会2007年春季会合参加報告-2007年は供給過剰、消費も増加と予測-

 国際ニッケル研究会春季会合が、2007年5月10~11日、ポルトガル(リスボン)において、開催された。同会合では、加盟14か国・地域、オブザーバーとしてオーストリア、イラン、国際ニッケル協会の他、ニッケル関係の民間企業関係者が参加し、ニッケルの需給の現状と展望、産業動向、環境問題等について、講演やパネルディスカッション、研究会の下に設けられた委員会からの活動報告等が行われた。概要は以下のとおり。

1. 統計委員会
 2005年・2006年・2007年の需給について
ⅰ 概況
 2005年後半から、ニッケル価格が高騰し、一部の国においてニッケル代替商品へのシフトがおきニッケル含有量の高いステンレス鋼の生産が減少する現象が見られた。一方で、2006年においては、旺盛なステンレス鋼の消費が回復し、2006年はステンレス鋼生産量が新たに更新された。これにより、一次ニッケルおよびニッケル含有スクラップの消費量も新たな記録が更新された。
 2007年の世界の一次ニッケル消費量は、西側諸国において微減の見通しであるが、ステンレス鋼生産が改善されたこと、また、中国における更なる需要が予想されることが要因となり、2007年における一次ニッケルの需要は微増との見通しである。
 
ⅱ ニッケル需給(2005, 2006, 2007)
 世界のニッケル鉱山生産は、実績が1.39百万t(2005)、1.46百万t(2006)で、2007年は1.61百万tへと増加の見込みである。世界全体での伸びは、2005/2006が5.2%増(実績)、2006/2007が10.4%増の見込みである。
 世界のニッケル生産は、実績が1.3百万t(2005)、1.36百万t(2006)で、2007年は1.48百万tへと増加の見込みである。世界全体での伸びは、2005/2006が4.4%増(実績)、2006/2007が8.9%増の見込みである。
 世界のニッケルの消費は、実績が1.25百万t(2005)、1.39百万t(2006)で、2007年は1.41百万tへと増加の見込みである。世界全体での伸びは、2005/2006が11.8%増(実績)、2006/2007が1.5%増となる見込みである。

図1 世界のニッケル供給量と消費量図2 世界のニッケル需給バランス

表 1 世界のニッケル需給バランス

( 単位 : 千 t)

区分

2004
実績

2005
実績

2006
実績

2007
予測

増減 2006/2005

増減 2007/2006

供給合計

1,256.8

1,299.0

1,356.5

1,477.5

4.4%

8.9%

消費合計

1,246.8

1,246.3

1,393.9

1,414.4

11.8%

1.5%

需給バランス

10.0

52.7

-37.4

63.1

 

 

 このほか、本委員会では、以下のプレゼンテーションがなされた。

  Macquaire Research UKのJim Lennon氏より、『A newsource of nickel for the stainless steel industry.』についての講演がなされた。同講演の内容は、中国の旺盛なニッケル需要により、ステンレス鋼の原料として、低品位ニッケル鉱石を使用したFe/Ni銑鉄(ferronickel/pigiron、ニッケル含有量は通常のフェロニッケルより低い)生産が増加傾向にある。同氏によれば、2006年の中国による低品位ニッケル鉱石輸入量は、3.6百万t(ニッケル量27千t)で、2007年は、11-12百万t(ニッケル量85千t)へ増加するとみられ、主な輸入元はフィリピン、インドネシアおよびニューカレドニアとなっている。ニッケル銑鉄の生産技術は新しいものではないが、生産コストが高いので、今後もニッケル価格が20,000?30,000US$レンジで推移すれば、200series、300seriesのステンレス鋼に使用され、中国において長期的な供給源になることが予測できる。中国では今後も、ニッケル銑鉄の需要は増加する見込みであるが、コークスを多量に消費することなど、環境への負荷が懸念であることが同氏より指摘された。
  Heinz H. Pariser Alloy Metals & Steel Market Research社のHienz H. Pariser氏より『Nickel The Bedevilled Metal』の講演がなされた。内容としては、ニッケル価格高騰により、ステンレス鋼におけるニッケルの消費傾向、電子電気機器に使用されるニッケル合金、ニッケルめっき用途における代替トレンドついての同氏の見方についての講演がなされた。ニッケルの価格の上昇とともに欧州を中心として代替現象がみられると同時に、スクラップ利用率が上がっている。ニッケルはこれまでは安価な原料として利用されてきたが、価格高騰で製造コストに占める割合も上がってきた。さらに、スクラップ利用、新規及び拡張プロジェクト、価格高騰による代替等を考慮すると、2010年ごろに、需給が逆転し市場が緩む可能性があるとの見解が示された。

2. 産業アドバイザリーパネル(IAP)
 本委員会では、2004-2005年の国別ニッケル消費についての報告がなされたほか、ステンレス鋼スクラップにおける貿易状況(2005/2006)について報告がなされた。
(1) 国別ニッケル消費
 2005年のニッケル消費は、中国(190千t)が最大消費国で前年比26.7%増、日本(172.8千t)は前年比10.2%減の第2位となり、中国が日本を上回る結果となった。2005年における、世界のニッケル消費は1,246.3千tで前年比0.1%減となった。
(2) ステンレス鋼スクラップ貿易(2005-2006)
 スクラップのネット輸入は、欧州、中国、インド、韓国で増加し、逆に、米国、日本のネット輸出が増加。全体としてスクラップ消費は、欧州から中国やインドへシフトしてきているとの説明があったほか、以下のポイントについての報告がなされた。
  ● 今後調査対象国としてカザフスタンを追加。
  ● ニッケル価格高騰により、ステンレス鋼スクラップ発生量が大きく増加
  ● 欧州各国ではそれぞれ増減があるものの、ベルギーにおいて輸入増が顕著で1百万tに近づいた。

(3)ニッケル産業界からの講演

Heinz H. Pariser Alloy Metals & Steel Market Research社のHienz H. Pariser氏より、ステンレス鋼スクラップ市場について『Stainless Steel Scrap Market Status』の講演がなされた。同講演では、世界のステンレス鋼スクラップ発生量とLMEニッケル価格における関連性について分析されたほか、スクラップの多くはアジアへと輸出されている傾向にあり、中国におけるスクラップ量が日本より上回っていること等が報告された。
ブラジル鉱山・エネルギー省次官Carlos Nogueira da Costa Junior氏より、『An Overview of the Nickel Sector』と題する、ブラジルの鉱業セクターについての講演がなされた。同氏によれば、2005年のブラジルにおける金属・鉱物生産は657億$(GDP比4%)であり、2005-2010年までの鉱業分野における投資は302億$が予測されており、80種類からなる鉱物資源の探鉱ライセンスが取得可能、また、ニッケルの資源埋蔵量は8.3百万tと報告がなされた。このほか、ブラジルの資源鉱物分野で活動しているメジャーおよびジュニアの企業数は9,000社で、許可された鉱業権は15,000件、探鉱権は30,000件であることも明らかにした。が報告された。
ブラジルの鉱山企業Votorantim Metais社のJones Belther氏より、『Nickel Panorama in Brazil』 と題する、生産者の観点から見た、ブラジルのニッケル探鉱・生産状況についての講演がなされた。現在ブラジルは、ニッケルの主要生産国ではないものの、ニッケル探鉱プロジェクトのポテンシャルは十分にあるという。2007-2011年までの鉱業セクターへの資金投入額として、250億$が予想されており、ブラジルでは、ニッケルは鉄鉱石に次いで重要な鉱産資源になる可能性が示された。また、国外からの鉱業分野投資促進の必要性および今後の技術者不足についての懸念が説明された。

3. 環境経済委員会
 本委員会では、環境経済委員会に関する活動内容報告、環境経済委員会の作業プログラムの動向と進行状況についての報告がなされた。
(1) 本委員会の活動についての報告
 現在下記のプロジェクトを実施中である。
  ● ニッケルリサイクルプロジェクト(リサイクルモデルの作成)
  ● ステンレス鋼向けニッケルの一次消費動向
  ● ニッケル産業に影響を及ぼす環境・衛生・保安に関する規制動向
  ● 国連一次産品共通基金(UN-CFC)プロジェクト

 このほか、以下の新規プロジェクトが報告された。
  ● ニッケル市場動向調査
  ● ニッケル一次消費動向調査(ステンレス、めっき、バッテリー、化学製品等)
  ● ニッケルエンドユーズ消費動向調査
  ● ロシアのニッケル市場動向調査
  ● ニッケルの社会経済指標調査
 
(2) ニッケル生産、消費、貿易およびリサイクルに影響を及ぼす規制やイニシアチブ等の今後の課題として欧州における主な規制について、以下のとおり報告された。

  欧州REACH規制について
  REACH規制導入対策へ向けての作業が産業界で行われていることなどが報告され、討議が行われた。また、ニッケルパウダー等のニッケル加工品の登録(Registration)の対象範囲、代替商品に関しても議論がなされた。
  その他の規制
  欧州における土壌汚染、大気環境に関する指令案について説明された。更に、ニッケル生産者への直接な影響ではないが、ニッケルパウダー生産者に対して将来影響の可能性がある規制として、EU-ETS( 欧州連合温室効果ガス排出枠取引)が報告された。また、欧州における新エネルギー政策、スラグ事業者に対する廃棄物枠組指令案等の説明がなされた。

 
(3) 以下のニッケル関係プレゼンテーションが行われた。

  スウェーデン地質調査所のSven Arvidsson氏より、スウェーデンにおけるニッケルの需給、探鉱についての講演がなされた。スウェーデンにおけるニッケルの主要用途はステンレス鋼の製造で、一次ニッケルの年間消費量は3万7千t、一次ニッケルおよびフェロニッケル輸入量は、それぞれ27千t、74百tであるほか、ニッケルスクラップおよびステンレス鋼スクラップの輸入量は、それぞれ46千t、82千tとの発表がなされた。スウェーデンは、現在はニッケルの生産国ではないが、既知のニッケル鉱床、スウェーデンの北部の硫化鉱型鉱床の探鉱開発の動向、また、同国における探鉱費が、2003年のおよそ1.7億クローネ (約30億円)から、2007年は5億クローネ(約90億円)に伸びる見込みとの紹介がされた。また、地質調査所の役割として、環境中のニッケルの地球化学的観測業務が紹介された。
  Nickel Institute会長のBarnett氏からは、『Chemicals Management of Nickel』についての講演がなされた。欧州リスクアセスメントのアップデート及びOECDレベルでのリスクアセスメントについての進捗状況が報告された。EUリスクアセスメントの健康部門については2006年に終了したが、環境部門においては2007年に終了することが見込まれている。また、OECDレベルにおいて、ニッケルが大容量化学物質プログラム(HPVC: High Volume Chemicals Program )の中で安全性についてのリスク評価が行われていると報告された。

 
4. 常任委員会・第17回総会
 本委員会では、財務報告の他、研究会のメンバーシップ等について討議された。新規加盟国として、ブラジルの正式加盟が承認された。総会では、豪州、露の2か国のナショナルステートメントが説明された。
 次回会合は、2007年10月2-3日、第18回総会は、2008年4月にポルトガル(リスボン)にて開催する予定となった。
 (3研究会の2007年10月会合は、銅研究会:10月1-2日、ニッケル研究会:10月2-3日、合同リサイクル率セミナー:10月3日、鉛亜鉛研究会:10月4-5日の日程で開催予定)

ページトップへ