閉じる

報告書&レポート

2016年6月2日 調査部金属資源調査課 新井裕実子ジャカルタ事務所   山本  耕次
No.16-21

ベトナム・Nui Phaoタングステン鉱山の現状と取り組み

はじめに

タングステン価格が高騰してからの10年間、各国は原料調達リスク低減の観点から資源の開発やリサイクルを進めてきた。しかし依然として、その供給の中国依存度は大きく、中国外鉱山のプロジェクトにも中国資本が影響を及ぼす例も多い。そうした状況の中、ベトナム企業が主体となって国産タングステンを生産しているNuiPhao鉱山は、世界的にみても注目される開発成功例であり、貴重な中国外ソースであるといえる。この度、同鉱山を視察する機会を得たことから、その取り組みについて紹介する。

1. Nui Phao鉱山概要

(1)位置

本鉱山は、ベトナムの首都ハノイの北西80㎞、Thai Nguyen省DaiTu地区に位置する。鉱山全体の従業員は約2,000人である。

図1 Nui Phao鉱山位置図

(出典)Masan Resources社 HP

図1 Nui Phao鉱山位置図

(2)沿革

本鉱山は、2000年に加・Tiberon Minerals社によって鉱床が発見された。その後、同社はベトナムの投資会社であるDragon Capital社に買収されたが、2010年にMasanグループが同鉱山の権益を獲得したことで開発が本格的に始動した。Masanグループはベトナムの大手食品会社であり、本鉱山は初めてのベトナムの民間企業による大型鉱山開発となった。同グループは鉱山事業開始に当たりMasan Resources社を設立、その後、資金調達や土地収用の過程を経てEPC契約を結び2011年に建設に着手、2013年4月に操業を開始した。2014年3月には商業操業(Commercial Operation)が開始され、その後2015年3~5月にかけてAPTプラントからの生産及び出荷が行われた。

(3)地質・鉱床

Nui Phao鉱山は、古生界中に形成された多金属スカルン鉱床である。母岩は、オルドビス紀~シルル紀の頁岩、砂岩、シルト岩、石灰岩からなり、花崗岩類の貫入によってスカルン鉱化作用を蒙っている。花崗岩の貫入は2段階であり、初めに三畳紀のNui Phao花崗岩がNui Phao地域南部に貫入し、磁鉄鉱、ザクロ石、輝石及び角閃石に富むスカルンを形成した後、白亜紀のDa Lien両雲母粗粒花崗岩が北部に貫入し、グライゼン化、磁硫鉄鉱―蛍石―曹長石のオーバーラッピングとタングステンの鉱化を及ぼした。

Nui Phao鉱山の鉱物資源量(概測+精測)は73,751千t、鉱石埋蔵量(確定)は41,000千t(Masan Resources HPより)。Nui Phao鉱山の鉱石は主に、シーライト、磁硫鉄鉱、蛍石、ビスマス鉱物からなり、少量の銅を含んでいる。

(4)採掘・製錬

採掘は露天掘りで行われており、ピットの大きさは直径450m、深さは190m。発破は2日おきに実施され、破砕された鉱石は鉱山内に3か所ある貯鉱場にストックされる。

採掘された鉱石は、破砕、磨鉱、浮遊選鉱、比重選鉱を経て、タングステン精鉱、ビスマス精鉱、銅精鉱、蛍石が選別される。これらのうち、タングステン精鉱の一部は鉱山内製錬所にてパラタングステン酸アンモニウム(APT)に加工される。

選鉱の第一段階として、破砕・ロッドミルでの磨鉱の後、最初の浮遊選鉱で銅精鉱が選鉱され、残りは次段の浮遊選鉱に廻される。次段では硫化物と酸化物に分けられ、硫化物としてビスマスと鉄、酸化物としてタングステンと蛍石が選別される。硫化物はリーチングによってビスマスセメントとして抽出され、一方、酸化物は多段振動テーブルによる比重選鉱によってタングステン精鉱と蛍石にそれぞれ分離される。APTプラントでは、タングステン精鉱はAPTまたは酸化タングステンに加工される。プラント建設はドイツH.C. Starck社が手掛け、2015年4月に操業を開始したものである。

(5)生産量

本鉱山の主要生産物はタングステンであり、2015年生産量は5,123t(W量)であった。この他、副産物として蛍石、銅、ビスマスも生産している。本鉱山は中国を除けば世界最大のタングステン鉱山であり、タングステンの生産に関しては世界の生産量の6%、中国を除いた生産量の30%を占めている。鉱山で生産された精鉱及び加工品は、主にEU、アメリカ、カナダ、日本に出荷されている。製品は鉱山内工場でフレックスコンテナ等に梱包され、鉄道、トラック及びバージを用いてハイフォン港まで運搬し、そこから海外に輸出されている。なお、銅精鉱はベトナム国内製錬所にのみに供給されている。

2. Nui Phao鉱山をめぐる状況

(1)ベトナム鉱業の状況

ベトナム国内には、銅、鉛、亜鉛、チタン、金、レアアースなど、多様な鉱物資源が賦存しているが、大型鉱山は少なく製錬所も小規模であり、探査・開発はこの数年停滞中である。また、技術開発に関しても、金属価格の下落により進んでいない状況である。国の鉱業政策を定めた鉱種ごとのマスタープランについてもその多くが2015年に期限を迎えたが、金属鉱物に関する分野については特段の変更なく2020年まで期限が延長された。

ベトナムの鉱業政策は原則として自国で鉱物資源を開発・消費し、余剰分については付加価値を付けて輸出する、という方針である。2016年4月に首相の交代があったが、資源政策に関しては政府による規制が一層厳しくなる傾向にある。

とりわけ新規開発が進みにくい現状においては、既存鉱山からのロイヤルティ・環境税等を徴収して国庫収入を確保する方針であり、大型鉱山かつ生産物が複数にわたるNui Phao鉱山においては、高額なロイヤルティが課せられ、政府との間で交渉の余地はあるものの、交渉自体が大きな負担になっている状況である。

(2)タングステン市況

2005年以降、中国の超硬工具需要やインフラ整備用の特殊鋼需要が増加したことで、同国主導による相場の高騰が発生したタングステン市況は、同国国内鉱山の閉山等によりさらに急騰し、2010年末には330US$/MTU台に突入し、2011年6月には480US$/MTU台まで上昇した。2014年8月にレアアース、タングステンなどの輸出規制問題において中国がWTO敗訴したことで、2015年には同国のタングステン輸出枠の撤廃や輸出税の廃止措置がとられ、これに伴い、相場はピーク時の半分以下にまで落ち込み、2015年末には165US$/MTUの値を付けた。2016年に入ってからは、各大手鉱山の生産規制や在庫の減少、中国の国家備蓄実施に伴いやや回復の兆しを見せている。

Nui Phao鉱山の権益をMasanグループが獲得したのは、価格高騰直前の2009~2010年という極めて良い時期であったといえる。2014~2015年にかけての価格下落に伴い多くのタングステン鉱山が閉山に追い込まれる中で本鉱山が踏みとどまることのできた一因には、獲得時期を受けた優位性があったことが推察される。

3. 鉱山の取り組み

(1)環境保護に関する取り組み

敷地内で使用された水は、蛍石を処理した水と硫化物を処理した水に分けて処理され、水質は定期的に確認される。尾鉱ダムは、マインライフ終了とともに埋め立てられ、原状回復される予定である。

水のうち、84%は工場内で再度リサイクルされ、残りは中和処理された後河川に放流する。廃水処理プラントは4か月の工事の後に完成し、1月には試運転が行われた。DONREの視察などを経て、2016年第2四半期中には全面操業に至る予定であり、その場合、廃水のリサイクル率は現在の84%から90%に伸びるものと見込まれる。

その他環境保護に関する取り組みとして、鉱山採掘跡への植樹活動も積極的に行っている。2016年3月には、100名以上もの従業員が植樹活動に参加し、計2haの土地に木を植えた。その成果は鉱山視察時にも見て取れ、採掘が終了した場所から順次緑化が進められてきた。

(2)地域社会に対する支援

Nui Phao鉱山では地域社会に対する支援も積極的に行っている。2015年は62億5,800万VND(22,000VND/US$換算で28万4,455US$)をコミュニティ発展のための支出に充てており、これによってインフラ整備や地域の能力育成プログラムの提供を行っている。

鉱山開発の影響を受ける人々に対しては、雇用機会の提供や移住先住居の建設を行っている。現在会社従業員全体の56%が鉱山周辺在住者であり、Dai Tu地区及びThai Nguyen省まで対象を広げた場合には全体の75%が地元からの雇用である。また移住先住居の建設についても、舗装済道路や排水処理設備等の設置を含めた3地区の建設を完了している。

図2 Nui Phao Miningプロジェクト従業員内訳

(出典)Masan Resources社HPよりJOGMEC作成

図2 Nui Phao Miningプロジェクト従業員内訳

4. まとめ

ベトナムの鉱業においては、鉱山開発による利益は国や地方の取り分が多く、また外資を積極的に誘致する制度もないため、他の国に比して投資環境が整っているとは言い難い。同鉱山も、多岐にわたる課税に加えて低迷する市況に苦しむ状況にあり、とりわけ相場が下落を続けた2015年は市場にとって大変厳しい一年となったが、それにもかかわらず生産設備へのさらなる投資や地域社会への支援を継続して行ってきた同鉱山の取り組みは評価に値するものであるといえる。タングステンの貴重な中国外ソースの一つとして、また鉱山開発における成功事例として今後もその取り組みと動向に注目していきたい。

ページトップへ