閉じる

セミナー・講演会

2013年10月29日

JOGMEC共催 「日豪鉱物資源投資セミナー2013」 AUSTRALIA – JAPAN MINERALS EXPLORATION INVESTMENT SEMINAR 2013

 この度、オーストラリア連邦政府・各州政府、オーストラリア大使館及び石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、標記セミナーを開催しますのでご案内申し上げます。

 今回のセミナーでは、豪州の鉱物資源分野における投資機会の最新の情報をお伝えすると共に、各州政府代表者との個別会合の機会をご提供いたします。プレゼンテーションでは、政府の鉱業政策の現状、並びに、探査・採鉱部門における政府の新たな取組みが紹介されます。

 新政権下でオーストラリアは、(1)開かれたビジネス機会、(2)環境手続きに関するワン・ストップ・ショップ、(3)日本を含むアジアとの貿易・投資の拡大、(4)競争力の維持を目指しています。

 個別会合では、ご希望に応じ、プロジェクトに関する生情報、コンタクト先、探鉱の規制や手続きに関する助言をさせて頂きます。

 今回は、レアメタル、レアアース、ベースメタル、ウラン等、日本の関心の高い鉱物資源を対象にしています。

 セミナーご出席をご希望の方は、10月25日(金)までにJOGMECホームページにある当セミナーの登録フォーマットにご記入の上、ご参加登録下さいますようお願い申し上げます。なお、会場の都合上、先着80名でお申し込みを締め切らせていただきます。

参加登録フォーム


  • 【開催日時】 平成25年10月29日(火)14:00~18:15 (13:30より受付開始)
  • 【講演会場】 オーストラリア大使館 事務棟B2 レセプション・ルーム
  • 【場  所】 〒108-8361 東京都港区三田2丁目1-14
  • 【アクセス】 http://www.australia.or.jp/about/map.php
  • 【参 加 費】 無 料

プログラム

13:30 受付開始
14:00-14:05 開会挨拶
 独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)  特命参与 辻本 崇史
14:05-14:10 歓迎挨拶
 北部準州政府、鉱山エネルギー大臣 ウイリエム・ウエストラ・ヴァン・ホルテ
14:10-14:15 オーストラリア鉱物資源投資セミナーの概要説明
 オーストラリア大使館 カロリン・バートン参事官
14:15-14:35 オーストラリア鉱物資源探鉱の機会
 オーストラリア地球科学機構 資源・自然災害本部長 アンディ・バーニコート
14:35-14:55 クィーンズランドにおける探鉱および資源投資機会
 クィーンズランド州地質調査局部長 ブラッドフォード・ジョン
14:55-15:15 西オーストラリアのフォーカス
 西オーストラリア州地質調査局 本部長 リック・ロジャーソン
15:15-15:35 コーヒー・ブレイク
15:35-15:55 南オーストラリア州の鉱物資源投資機会
 南オーストラリア州製造・革新・貿易・資源エネルギー省 ステイーブ・ヒル
15:55-16:15 北部準州の非鉄・レアメタル投資機会
 北部準州地質調査局局長 イアン・スクリムジャー
16:15-16:35 オーストラリア探鉱投資に関する法的諸問題
 べーカー&マッケンジー イーン・マックファースン
16:35-16:40 Q&A
16:40-16:45 閉会挨拶
16:45-18:15 懇親会
  • ※ 講演者及び講演テーマは変更となることがあります。ご了承ください。
  • ※ 講演は同時通訳により実施されます。セミナー、懇親会ともに無料です。
  • ※ セミナーに参加する各州政府代表は、同州への投資にご関心のある日本企業との個別面談をお受けする用意がございます。 ご関心のある方は、以下の申込書にてファックスでオーストラリア大使館までお申し込みください。
  • 申込書はこちら:[word版]
  • 【主催】オーストラリア連邦政府 州政府(Qld, WA, SA, NT)
  •      オーストラリア大使館 資源・産業セクション
  • 【共催】 独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)

《個人情報の取り扱いについて》

本参加申し込みに際してのお客様の個人情報は、金属企画調査部においてセミナーの運営管理のために利用させていただきます。
機構は、お客様の個人情報について必要なセキュリティ対策を講じ、厳重に管理し、第三者に提供することはございません。

【問い合わせ】
金属企画部国際業務課 酒徳
Tel. 03-6758-8027  Fax. 03-6758-8057 E-mail : mric@jogmec.go.jp
ページトップへ