閉じる

ニュース・フラッシュ

南ア:鉱業協議会、鉱山における死亡事故の増加への対策の強化を約束

 2021年12月6日付け南ア鉱業協議会の声明によると、最近の同国内における鉱山にて死亡事故が多発していることに鑑み、鉱山業界は、鉱山従業員の事故対策に緊急に焦点を当てることを約束した。2021年は既に69人の死亡が確認されており、2019年の51人、2020年の60人と2年連続で増加傾向にある。鉱業業界はこの状況に懸・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:South Deep金鉱山での太陽光発電、効率的なパネルの調達により50MWの発電容量に

 2021年12月1日付けメディアによると、Gold Fields社が操業する南アSouth Deep金鉱山(Gauteng州)における太陽光発電プラントについて、当初40MWと発表されていた発電容量は、より効率的なパネルの調達が可能となったことから50MWになる。当該プラントの建設コストは715mZAR(南ア・ランド・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:国有企業EGC社、2022年早々の零細採掘コバルトの購入を目指す

 2021年12月2日付けメディアによると、DRコンゴの零細採掘からのコバルトの購入、加工、販売を行う国有企業General Enterprise of Cobalt(EGC)社は、2022年1月下旬のコバルト買い取り開始を目指すと述べている。これは同社CEOのJean-Dominique Takis氏の発言であり、2・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱業協議会、業界は総計3,900MWの再生エネルギープロジェクトを検討

 2021年11月23日付け南ア鉱業協議会の発表によると、メンバーの鉱山会社が検討している再生エネルギー供給プロジェクトの総計は3,900MWになり、約60bZAR(南ア・ランド:約4bUS$)相当になる。これは、2020年の段階で業界が計画していた1,600MWの倍以上の数字となる。協議会CEOのBaxter氏による・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ガーナ:Ewoyaaリチウム鉱床の資源量が47%増え21.3百万tに

 2021年12月1日付け英Atlantic Lithium社(旧IronRidge Resources社)の発表によると、同社がガーナにて探鉱中のCape Coastリチウム地域(560km2)におけるEwoyaa鉱床及びその周辺についての資源量(概則+精測)を21.3百万t(品位:Li2O 1.31%)に更新した。・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Impala Rustenburg PGM鉱山、坑内にて泥流事故が発生し、操業を停止

 2021年11月28日、南アImpala Rustenburg PGM鉱山にて、坑内に溜まっていた泥水が作業現場に流れ込む事故が発生した。事故の起きた第6シャフトでは7名の従業員が作業をしており、2名は軽傷で脱出したが、3名が死亡、2名が救出され病院に緊急搬送された。Implats社は、第6シャフトについて、複合施設・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:PGM生産者Implats社、PGM中堅RBPlat社の株式を買収

 2021年11月29日付けメディアによると、南アPGMメジャー生産者のImpala Platinum(Implats)社は、中堅PGM生産者のRoyal Bafokeng Platinum(RBPlat)社のシェア24.5%を株主より買取り、残りのシェアについても買収することを提案している。2021年10月末に同社は・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ウガンダ:Makuutuレアアースプロジェクト、FSに資する資源量把握のボーリング結果を得る

 2021年11月25日付け豪Ionic Rare Earths社の発表によると、同社が探鉱実施中のウガンダMakuutuレアアースプロジェクトにおいて、Phase 4の60孔8,220mのボーリングの分析結果を得た。今回のボーリングは、主に補間ボーリングによって資源量の精度を上げることが目的であったが、全てのボーリン・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱物資源エネルギー省、鉱業憲章Ⅲに係る上訴を行わないと議会に報告

 2021年11月23日付けメディアによると、南ア鉱物資源エネルギー省(DMRE)は、鉱業憲章(Mining Charter)Ⅲに係る先の高裁判決に対して上訴はしない、との説明を南ア議会ポートフォリオ委員会にて行った。鉱業憲章Ⅲは、2018年9月の公布後、南ア鉱業協議会よりいくつかの条項について異議申し立てが高等裁判所・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:Tshisekedi大統領、鉱業権管理の汚職取締りを強化

 2021年11月22日付けメディアによると、DRコンゴTshisekedi大統領は、国内の鉱業権に伴う不正行為を摘発すべく鉱業登録局の監査を行うとし、監査期間中の鉱業権の発効や取引を禁止する。同大統領は同国の閣僚に対して、今回の監査により政治家や役人による国の鉱業資産の浪費を止めたいと述べた。また、N'Samba鉱業・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ