閉じる

ニュース・フラッシュ

アルゼンチン:2023年からリチウム生産開始を予定する3つのプロジェクト

 2022年11月29日付け地元メディアは、2023年からリチウム生産開始を予定する3つのプロジェクトを紹介した。3つのリチウムプロジェクトの炭酸リチウム合計生産量は75千t/年とされている。
・Sal de Vidaリチウムプロジェクト:豪Galaxy Resources社が所有、Catamarca州Hombre ・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

アルゼンチン:リチウム輸出額、前年同期比225%増の539mUS$

 2022年11月25日付け地元メディアは、政府の発表として、2022年1~10月までのリチウム輸出額が前年同期比225%増の539mUS$に達したと報じた。リチウム輸出主要相手国は、中国、日本、韓国及び米国であり、全体の95%を占める。輸出されるリチウムは、Olaroz塩湖(Jujuy州)及びHombre Muert・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

アルゼンチン:仏Eramet社、Centenario-Ratones塩湖リチウムプロジェクトの拡張に関するPFSを開始

 2022年10月27日付け地元メディアは、仏Eramet社が電気自動車(EV)の増加に伴うリチウム需要に対応するため、現在建設中のCentenario-Ratones塩湖(Salta州)のリチウムプロジェクトの年間生産能力を2倍に拡張するPFSを開始したと報じた。同社は、この投資判断を2023年上半期に行うとしている・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

アルゼンチン:韓POSCO社、水酸化リチウム増産のため1.09bUS$を追加投資

 2022年10月11日付け地元メディアによると、韓POSCO社がアルゼンチンで建設中のリチウム生産プラントへ1.09bUS$を追加投資すると発表した。同社は、Salar de Hombre Muertoリチウムプロジェクト(Salta州及びCatamarca州)のリチウム生産プラントを建設するため約830mUS$の投・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

アルゼンチン:YPF社、Fiambalá Norteリチウムプロジェクトの探査を開始

 2022年9月26日付け地元メディアは、国有石油会社YPF(Yacimientos Petrolíferos Fiscales)社がFiambalá Norteリチウムプロジェクト(Catamarca州)の探査を開始すると発表した。同プロジェクトの探査では、20千haの広大な地域からリチウム含有量の多い場所を特定する・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

アルゼンチン:Glencore、米Newmont社からMara銅プロジェクトの権益18.75%を取得で合意

 2022年9月23日付けでGlencoreは、米Newmont社が所有するMara銅プロジェクト(Catamarca州)の権益18.75%の株式を取得することで合意したと発表した。GlencoreはNewmont社に対し、取引完了時に124.9mUS$を支払い、また商業生産時に30mUS$の繰り延べ支払い(年間6%の・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

アルゼンチン:鉱業プロジェクトにおける中国企業の投資額、2020年以降で2,618mUS$に達する

 2022年9月17日付け地元メディアによると、アルゼンチン鉱業事務局は、国内の鉱業プロジェクトにおける中国企業の投資額が2020年以降で2,618mUS$に達したと発表した。現在、中国企業が関与する9プロジェクトのうち、6プロジェクトがリチウムを対象としている。現在、それら6プロジェクトは建設段階にあり、将来的にリチ・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム その他
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

Lithium Supply and Battery Raw Materials 2022参加報告

<バンクーバー事務所 佐藤佑美、資源開発部技術課 大久保聡、赤堀道弘 報告>

はじめに
Lithium Supply and Battery Raw Materialsは、工業用鉱物・金属関連の業界誌であるFastmarkets社が主催するリチウムの需給動向、生産技術、新規資源開発プロジェクト、主要・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル マンガン リチウム リン
海外事務所:
バンクーバー

アルゼンチン:加Alpha Lithium社、Tolillar塩湖リチウムプロジェクトの資源量を発表

 2022年8月23日付けで加Alpha Lithium社は、Tolillar塩湖リチウムプロジェクト(Salta州)に関する資源量を発表した。同社によると、同プロジェクトの概測資源量が2,119千t(LCE換算)、リチウム平均濃度が242mg/L、予測資源量が1,158千t(LCE換算)、リチウム平均濃度が191mg・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

Mining Survey 2022参加報告

<サンティアゴ事務所 兵土大輔 報告>

はじめに
2022年8月2日、BNamericas社主催の「Mining Survey 2022」Webinarが開催された。同社は、南米における鉱業の投資環境に関する鉱山会社等へのアンケ―ト調査を毎年実施しており、今般「Mining Survey 2022」・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ