閉じる

ニュース・フラッシュ

中国:包頭市、レアアース産業発展のための基金創設

 2022年12月1日、包鋼集団(集団)有限責任公司、中国国有資本風険投資基金股份有限公司(China Venture Capital Fund)、中財融商(北京)資本管理有限公司等は、包頭市が資金を投じて設立した親基金(包頭市臻誉政府投資基金)を基に、総額20億元(約400億円)以上を投じレアアース産業の重点企業支援・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
忽滑谷諒子

中国:中国工業情報化部、国家先進製造クラスター45か所のリストを発表

 2022年11月30日、中国工業情報化部は45か所の国家先進製造クラスターのリストを発表した。
 2021年、45の国家級クラスターの年生産規模は19兆元(約380兆円)に達し、18か所の国家製造業革新センターを設立し、約1,700人の国家級技術革新の担い手を有し、約170社の国家級企業を育成するなど、製造業の質の・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類 その他
海外事務所:
北京
担当者:
忽滑谷諒子

中国:モリブデン価格が前年同期比80%超、過去最高値を更新

 新規船舶生産の集中に加え新エネルギー分野での需要が高まり、モリブデン価格が高騰している。中国の調査会社BAIINFOのデータによると、2022年11月30日、モリブデン精鉱(品位50%以上)見積価格は3,450~3,470元/t(約69,000~69,400円)となり、前年同期比80%以上高騰した。
 モリブデンは・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン
海外事務所:
北京
担当者:
忽滑谷諒子

中国:中国稀土集団と湖南省人民政府、戦略的協力協定に調印

 2022年11月30日、中国稀土集団有限公司(以下、中国稀土集団)と湖南省人民政府は、湖南省長沙市で戦略的協力協定に調印した。
 今後、この協定に基づき、中国稀土集団を主体に関連レアアース分離及び総合リサイクル企業を含む湖南省内のレアアース産業の統合の加速、イオン型レアアース鉱山権の配置の推進、湖南省のイオン型レア・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
忽滑谷諒子

中国:2022年10月動力電池生産状況

 2022年11月10日、中国汽車動力電池産業創新連盟(CABIA)の発表によると、2022年10月の中国の動力電池生産量は62.86GWh(前年同月比150.1%増)となった。また、動力電池車両搭載量は、30.5GWh(同比98.1%増)となった。
 2022年10月の動力電池輸出量は約14.7GWhであった。その・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
忽滑谷諒子

インドネシア:PT ATN Indonesia Mineral、EV用電池材料製造のためニッケル製錬所を計画

 2022年12月2日付け現地メディアによると、PT ATN Indonesia Mineralは、電気自動車(EV)バッテリーの主要材料を生産するため、外国企業と提携して東南Sulawesi州にニッケル工場を開発する計画である。
 PT ATN Indonesia MineralのAlman Susmantoディレ・・・ 続きを読む
鉱種:
シリコン(ケイ素) ニッケル マグネシウム
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
白鳥智裕

インドネシア:政府、輸出税計画をめぐりニッケル加工業者と会談

 2022年12月2日付け現地メディアによると、同日、海洋・投資調整大臣府は、国内でニッケル加工業に従事する企業のCEOとニッケル金属への輸出税計画に関する会議を開催した。会議には、92社が招待され、海洋・投資調整大臣府のSeptian Hario Seto投資及び鉱業調整担当副大臣が、政府の輸出税計画に関する企業への・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
白鳥智裕

インドネシア:豪PYX Resources社、マレーシアPort Klang港の利用開始

 2022年11月30日付け現地メディアによると、インドネシアで操業を行う豪州のプレミアムジルコン生産者PYX Resources社は、物流と在庫の保管のため、マレーシアの首都Kuala LumpurにあるPort Klang港の利用を開始したことを2022年11月30日に発表した。Port Klang港は、南Kali・・・ 続きを読む
鉱種:
ジルコニウム
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
白鳥智裕

インドネシア:リチウム精製工場開発で豪州の鉱山会社と交渉中

 2022年11月30日付け現地メディアによると、政府は現在、国内の電気自動車(EV)バッテリーのサプライチェーンを開発する取り組みの一環として、インドネシアでリチウム精製工場を開発する可能性について豪州の複数の鉱山会社と協議中であることを、海洋・投資調整大臣府Septian Hario Seto投資及び鉱業調整担当副・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
白鳥智裕

インドネシア:中BTR New Material Group社、Morowali工業団地でリチウム電池負極プロジェクトを開発

 2022年11月30日付け現地メディアによると、リチウムイオン電池(LIB)の正極材・負極材メーカーである中BTR New Material Group社(宝安集団股份有限公司傘下)は、中部Sulawesi州Morowali工業団地でリチウムバッテリーアノード統合プロジェクトを開発する。アノード生産能力は80千t/年・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
白鳥智裕
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ