閉じる

ニュース・フラッシュ

インドネシア:政府、フェロニッケルとニッケル銑鉄への輸出税について未だ検討中

 2023年2月1日付け現地メディアによると、インドネシア政府は、フェロニッケルとニッケル銑鉄(NPI)の輸出税率を未だ検討中である。フェロニッケルとNPIの輸出税を課すという議論は2022年から提起されているが、現在まで明確になっていない。
 首都Jakartaで開催されたMandiri投資フォーラムでのBahli・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
白鳥智裕

インドネシア:錫輸出制限による影響を検討中

 2023年1月31日付け現地メディアによると、インドネシアは、錫のインゴットを輸出制限する計画について、段階的に導入する可能性も含め、輸出制限をした場合の悪影響の可能性を検討していると、エネルギー鉱物資源省のRidwan Djamaluddin鉱物石炭局長が同日明らかにした。
 精製錫の世界最大の輸出国であるインド・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
白鳥智裕

インドネシア:エネルギー鉱物資源大臣、ボーキサイト製錬所建設の加速を要請

 2023年1月31日付け現地メディアによると、同月30日、「ESDM Performance 2022 and 2023 Targets」の記者会見でArifin Tasrifエネルギー鉱物資源大臣は、ボーキサイト鉱石の輸出禁止に伴い、製錬所の建設を通じて、その処理能力を高めることが必要であると述べた。また、ボーキサ・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
白鳥智裕

インドネシア:2022年ニッケル輸出量が前年比4倍に増加

 2023年1月17日付け現地メディアによると、中央統計局(BPS)が同月16日に発表した2022年のインドネシアのニッケル金属と下流製品の輸出量は、前年比367%増の778.4千tと急増した。輸出額は前年比4倍の5.97bUS$に増加した。
 フェロニッケルの輸出量は2021年比65%増の5.78百万tを記録し、輸・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
白鳥智裕

インドネシア:PT Antam、輸出禁止にもかかわらずボーキサイトの高水準の生産目標を維持

 2023年1月16日付け現地メディアによると、PT Aneka Tambang(Antam)は、2023年6月から輸出禁止を課すという政府の計画にもかかわらず、2023年のボーキサイト鉱石生産目標を高水準で維持するとした。PT Antamのコーポレート・セクレタリーのSyarif Faisal Alkadrieコーポ・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
白鳥智裕

マレーシア:Lynas社、レアアース選鉱施設のライセンス更新において課された条件の免除についてマレーシア政府と交渉中

 2023年1月30日付けの地元メディアによると、豪Lynas Rare Earths社は、マレーシアで操業するレアアース選鉱施設のライセンス更新においてマレーシア政府から課されている「マレーシアで操業するレアアース鉱石粉砕・浸出処理施設を2023年7月1日までに国外へ移転する」という条件の免除について同政府と交渉を続・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

マレーシア:政府、Lynas社のKuantanレアアース選鉱施設におけるライセンス更新の可否を予定より1か月早め2023年2月に決定か

 2023年1月26日付けの地元メディアによると、マレーシア政府による、豪Lynas Rare Earths社がKuantanで操業するレアアース選鉱施設のライセンス更新可否は、予定より1か月早い2023年2月初旬にも決定する可能性がある。同政府のChang Lih Kang科学技術イノベーション大臣は、「科学技術イノ・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

韓国:調達庁・鉱業公団、国家鉱物備蓄量の不適合が発覚

 2023年1月3日付け現地報道によると、監査院の「政府備蓄物資管理実態点検結果」にて、国内需要の試算ミスが原因で、公共調達庁(PPS)および旧韓国鉱物資源公社(以下、旧KORES、現在は韓国鉱害鉱業公団(KOMIR))の国家鉱物備蓄量が過剰また不足していることが判明した。
 旧KORESは、レアメタル10種の備蓄計・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン ストロンチウム タングステン リチウム レアメタル
海外事務所:
金属企画部
担当者:
小口朋恵

韓国:環境部、石浦製錬所に条件付き運営許可を付与

 2022年12月28日、環境部は、石浦亜鉛製錬所に対して、環境汚染施設許可に必要な許可排出基準と許可条件を最大3年以内に履行することを前提に、条件付き運営許可を決定した。
 2017年制定・施行の「環境汚染施設法」により、2022年末までに環境汚染施設許可を新たに受けなければならなかった。許可条件を期限内に履行しな・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 カドミウム
海外事務所:
金属企画部
担当者:
小口朋恵

韓国:LIB素材のリチウム、ニッケルなど戦略鉱物の国家備蓄量を倍増する計画

 2022年12月27日、産業通商資源部は、尹錫悦大統領に報告した2023年の業務計画の中で、リチウムイオン電池(LIB)、電気自動車(EV)など先端需要産業の成長を支援すべく、リチウム、ニッケル、ネオジム、グラファイトなど10大戦略“核心(コア)”鉱物の戦略的備蓄量を、2022年基準の54日分から2031年までに10・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル リチウム ネオジム レアアース/希土類 グラファイト
海外事務所:
金属企画部
担当者:
小口朋恵
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ