閉じる

ニュース・フラッシュ

DRコンゴ:加Ivanhoe Mines社、2022年第2四半期決算を発表

 2022年8月15日付け加Ivanhoe Mines社の発表によると、2022年第2四半期、同社は過去最高益351.5mUS$を計上した。DRコンゴKamoa-Kakula銅鉱山において第2四半期に過去最高の85,794tの銅を販売し、494.1mUS$の収益をあげた。2022年上半期、Kamoa-Kakula鉱山で・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:2022年第1四半期の銅、コバルトの生産量が急増

 2022年8月11日付けメディアによると、アフリカでトップの採掘量を誇るDRコンゴの銅生産量が2022年第1四半期に51%急増、コバルト生産量も37%増加したことが、7月23日付け中央銀行の統計で明らかになった。統計では、DRコンゴは2022年1~3月、銅572,983t、コバルト28,990t生産した。金の生産量は・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:Alphamin Resources社、2022年上半期の錫生産量を6,200t以上と発表

 2022年8月10日付けメディアによると、2022年7月末に発表された加・南アAlphamin Resources社の運営・財務報告書は、2022年第2四半期の錫生産量を3,180tと報告した。これにより2022年の上半期の錫生産量は6,241tになったと明記している。この業績は対前期比4%の増加を示しており、Alp・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:2021年のコルタンの零細採掘生産量、工業生産量のほぼ9倍の1,291t

 2022年8月8日付けメディアによると、2021年DRコンゴのコルタン(タンタル・ニオブ)生産量は、鉱山省の統計では、工業生産量(industrial production)は148.72t、零細採掘セクター(artisanal sector)は1,291.03tとされた。従って、2021年におけるDRコンゴのコルタ・・・ 続きを読む
鉱種:
タンタル ニオブ
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:ERG社、「Clean Cobalt & Copper Performance Report 2022」を公表

 2022年7月18日付けのプレスリリースによると、ルクセンブルグEurasian Resources Group(ERG)社は、英PwC社の監査・アシュアランスを受けた「Clean Cobalt & Copper Performance Report 2022」を公表した。今回のレポートは、コバルト・銅について、OE・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:Tenke Fungurume銅・コバルト鉱山の臨時管理者、CMOC社に輸出停止を命令

 2022年7月5日付けメディアによると、DRコンゴの裁判所により任命されたTenke Fungurume銅・コバルト(TFM)鉱山の臨時管理者が、CMOC Group(2022年6月30日にChina Molybdenum社から英語名を変更)に対し生産物の販売と輸出を停止するよう命じた。DRコンゴ政府は、TFM(Te・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:政府の財政監視機関、国有鉱山会社Gecamines社から400mUS$紛失と報告

 2022年6月6日付けメディアによると、DRコンゴ政府の財政監視機関の報告書によれば、DRコンゴの国有鉱山会社Gecamines社が国庫に支払ったとしている400mUS$以上の前払い税金と貸付金の行方が分からないという。Gecamines社は、GlencoreのKCC(Kamoto Copper Company)銅・・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:Tenke Fungurume銅・コバルト鉱山を巡る争いがエスカレート

 2022年6月23日付けメディアによると、Tenke Fungurume銅・コバルト鉱山(TFM)を巡る争いがエスカレートしており、プロジェクトの将来に疑問が生じている。TFM社の20%シェアを所有する国有鉱山会社Gecamines社の幹部は、鉱山を操業する中China Molybdenum(CMOC)社が7.6bU・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:鉱山大臣、DRC Mining Week 2022で講演

 2022年6月1日付けメディアによると、同日開幕したDRC Mining Week 2022の公式開幕演説で、DRコンゴのH.E.Antoninette Nsamba Kalambayi鉱山大臣は、新型コロナウイルスのパンデミックの間、同国の鉱業界が見せてきたレジリエンスを強調して以下のとおり述べた。
 「鉱業界は・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:コルタン採掘・不正取引に関する調査結果を公表

 2022年5月29日付けメディアによると、2021年DRコンゴのコルタン(タンタル・ニオブ)生産量は700tと推定され、世界最大の生産国となった。2019年の世界のコルタン市場は1,504mUS$と評価され、2021~2026年まで年率5.58%の割合で増加し2026年末までに1,933mUS$に達すると予想されてい・・・ 続きを読む
鉱種:
タンタル ニオブ
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ