閉じる

ニュース・フラッシュ

DRコンゴ:Lukonde首相、中国企業グループとの鉱業契約見直しについて言及

 2022年11月23日付けメディアによると、DRコンゴは、10年以上前に中国と締結した鉱業取引の見直しを求めており、インフラプロジェクトに充てると約束された資金をすべて確保すること、及び超過利潤の分配を受けることを視野に入れている。Jean-Michel Sama Lukonde首相は、第27回気候変動枠組条約締約国・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:2022年1~10月の銅生産量、約2百万t

 2022年11月22日付けメディアによれば、コンゴ中央銀行が2022年11月の統計情報の概要で提供したデータに基づくと、DRコンゴで操業する鉱山会社は、2022年1~10月の10か月間に1,966,957tの銅を生産した。これは前年同期の1,443,061tと比較して500千t以上増加したことになる。
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:東部・南部アフリカ貿易開発銀行、国内の銅・コバルト鉱山開発でTrafigura社と連携

 2022年11月21日付けメディアによると、東部・南部アフリカ貿易開発銀行(TDB)はDRコンゴにおける銅・コバルトの責任ある採掘を促進するため、資源商社のTrafigura社と共同で600mUS$規模のシンジケート銅・コバルト開発融資ファシリティを締結した。これに先立ち、同社はDRコンゴの主要な垂直統合型銅・コバル・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:Julien Paluku産業大臣、国内初の電池製造工場の設置にフランスの支援を要請

 2022年11月19日付けメディアによると、2022年Bali島で開催されたG20先進国・新興国会議の公式レセプションの際、DRコンゴのJulien Paluku Kahongya産業大臣はフランスEmmanuel Macron大統領に対し、Haut-Katanga州における電池前駆体の最初の製造工場の設置と、DRコ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト マンガン リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:国有鉱山会社Gecamines社、2022年1~8月で銅15,104t、コバルト2,217tを生産

 2022年10月28日付けメディアによると、国有鉱山会社Gecamines社は2022年1~8月に銅15,104tとコバルト2,217tを生産した。これは、DR中央銀行(BCC)が2022年10月分の統計情報の概要で公表している公式統計データによるものである。BCCによると、Gecamines社の2021年の年間生産・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:2021年上半期、Lualaba州とHaut-Katanga州の鉱業ロイヤルティは約650mUS$と評価される

 2022年10月23日付けメディアによると、2022年10月21日、Kinshasaで行われた「DRコンゴにおける鉱業活動とその課題:2018年改正鉱業法の評価」をテーマとした3日間のフォーラムの最後に開催された記者会見において、コンゴ企業連合(FEC)の鉱業協会会長であるLouis Watum Kabamba氏は、・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:Makuta Ya Maendeleoコンソーシアム、鉱業ロイヤルティの管理に関する情報についてのインタラクティブな対話型プラットフォームを立ち上げ

 2022年9月4日付けメディアによると、2022年9月2日Makuta Ya Maendeleoコンソーシアムは、DRコンゴの州および分権化された地域体(Territorial Entities Decentralized、ETDs)に鉱山会社が支払う鉱業ロイヤルティ資金の収集、分配、割当に関する情報公開を目的とした・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

2022年世界の探鉱動向

<JOGMEC 金属企画部調査課>
2022年4月












本資料は、S&P Global Market Intelligence社が発表した「WORLD EXPLORATION TRENDS」を、同社の許可を得てJOGMECにおいて翻訳したものです。著作権は全て・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 ベースメタル PGM(白金族) プラチナ パラジウム 貴金属 コバルト ニッケル モリブデン リチウム レアアース/希土類 鉄鉱石
海外事務所:
金属企画部

DRコンゴ:加Ivanhoe Mines社、2022年第2四半期決算を発表

 2022年8月15日付け加Ivanhoe Mines社の発表によると、2022年第2四半期、同社は過去最高益351.5mUS$を計上した。DRコンゴKamoa-Kakula銅鉱山において第2四半期に過去最高の85,794tの銅を販売し、494.1mUS$の収益をあげた。2022年上半期、Kamoa-Kakula鉱山で・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

DRコンゴ:2022年第1四半期の銅、コバルトの生産量が急増

 2022年8月11日付けメディアによると、アフリカでトップの採掘量を誇るDRコンゴの銅生産量が2022年第1四半期に51%急増、コバルト生産量も37%増加したことが、7月23日付け中央銀行の統計で明らかになった。統計では、DRコンゴは2022年1~3月、銅572,983t、コバルト28,990t生産した。金の生産量は・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ