閉じる

ニュース・フラッシュ

チリ:2020年の鉱業部門で働く女性の割合

 2022年1月17日付けでCochilcoは、チリの鉱業部門で働く女性の割合についてまとめたレポートを発表した。同レポートによると、鉱業部門で働く女性の割合は2010年の6%から徐々に増加し、2020年には10.3%(総労働者数は女性人口の46%)、また2030年には13.9%に達する可能性があるという。他国の202・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ:鉱業省、リチウム探査及び生産の特別操業契約に関する落札者を発表

 2022年1月12日付けで鉱業省は、80千tずつ5つに分割した合計400千tのリチウム探査及び生産の特別操業契約(CEOL)に関する入札(2021年10月18日付 ニュース・フラッシュ:鉱業省、リチウム探査及び生産の特別操業契約に関する入札開始参照)の落札者を、中国系BYD Chile SPA社とチリServicio・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ:2021年の国内探鉱投資、19.5%増加

 2022年1月10日付けでCochilcoが発表したレポートによると、2021年のチリ国内の探鉱投資額は548mUS$、対前年比90mUS$増加(19.5%増)し、世界第5位となった。企業別で見ると、Anglo Americanが探鉱投資額全体の16%、Antofagasta Minerals社が同13%、CODEL・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

2021年 金属鉱物資源をめぐる動向

<金属企画部調査課 報告>

はじめに
国や地域によって状況は異なるものの、世界経済が新型コロナウイルス(以下、「コロナ」という。)による落ち込みから回復基調の兆しを見せる中、2021年の非鉄金属市況は前年後半からの高価格水準を維持する形で軒並み堅調に推移した。
ベースメタルについては、米国等主要国・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛 貴金属 プラチナ パラジウム レアメタル コバルト シリコン(ケイ素) ニッケル マグネシウム リチウム ジスプロシウム レアアース/希土類 鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
金属企画部

チリ:CODELCO、2022年第1四半期からMarigunga塩湖でリチウム探査を開始

 2022年1月10日付け地元メディアは、CODELCOが2022年第1四半期からMaricunga塩湖でリチウム探査を開始する予定であると報じた。同探査には、地下水の条件とかん水中のリチウム濃度の調査が含まれるという。CODELCOは、Maricunga塩湖でリチウム探査を開始するにあたり、2021年から様々な許可手・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ:2021年11月の銅生産量、対前年同月比0.7%減

 Cochilcoが発表した2021年11月の銅生産量は、対前年同月比0.7%減の481.8千tであり、5か月連続で前年同月比を下回った。
 2021年11月における会社別の銅生産量は、Collahuasi銅鉱山は50.7千t(対前年同月比4.9%増)となった一方、CODELCOは144.1千t(同8.2%減)、Es・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ:鉱業省、リチウム探査及び生産の特別操業契約に関する入札に申請した企業の提案を公表

 2021年12月30日付けで鉱業省は、80千tずつ5つに分割した合計400千tのリチウム探査及び生産の特別操業契約(CEOL)に関する入札(2021年10月18日付 ニュース・フラッシュ:鉱業省、リチウム探査及び生産の特別操業契約に関する入札開始参照)に申請した企業の提案について公表した。本入札には8社が申請、そのう・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

チリ・エクアドル:CODELCO、Llurimagua銅プロジェクトを国際投資紛争解決センターに仲裁申し立て

 2021年12月24日付けCODELCOの発表によると、CODELCOはENAMI EP(エクアドル鉱業公社)と実施するLlurimagua銅プロジェクト(Imbabura県)について、ENAMI EPに対し、CODELCOとの合意を遵守するよう求め、ICSID(国際投資紛争解決センター)に仲裁の申し立てを行った。
・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
初谷和則

チリ:新鉱業ロイヤルティ法案、上院議員2名が修正案提出

 2021年12月22日、地元メディアによると、上院議員2名が新鉱業ロイヤルティ法案に関する修正案を提出した。なお、提出された修正案は上院鉱業エネルギー委員会と財務委員会で議論され、再度下院で審議される必要がある。当初、修正案の提出は2021年12月20日までとされていたが、2021年12月22日上院本会議において、2・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:Antofagasta Minerals社、2026年までに銅生産量を900千t/年に

 2021年12月14日付け地元メディアは、Antofagasta Minerals社が2026年までに銅生産量を900千t/年に増産する目標を掲げていると報じた。同社は、2020年に銅733.9千tを生産しており、対同年比では約22%増となる。同社によると、この目標を達成するには、2022年末までにCentinela・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ