閉じる

ニュース・フラッシュ

ギニア:RioTinto、西アフリカで世界最大の鉱山開発プロジェクトを承認

 2024年2月21日付けのメディア情報によると、RioTintoのJakob Stausholm最高経営責任者は、西アフリカでの世界最大の鉱山プロジェクトについて、同社の取締役会が承認し、早ければ2025年にも20bUS$規模の開発から鉄鉱石を生産すると述べたと報じられた。RioTintoは中国企業の5社を含む少なく・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
平田哲人

ギニア:Rio Tinto、Chinalco社とのSimandou鉄鉱石プロジェクトの権益売却に係る基本合意が無効になったことを発表

 2018年10月28日、Rio Tintoはプレスリリースにて、中国Chinalco社との間で2016年10月28日に署名したSimandou鉄鉱石プロジェクト権益売却に係る非拘束基本合意書が無効になったことを発表した。同プロジェクトの現在の権益比率は、Rio Tintoが45.05%、Chinalco社が39.95・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

ギニア:国際金融機関AFC、ギニアBel Airボーキサイト鉱山開発の完了を発表

 アフリカ開発支援の国際金融機関Africa Finance Corporation(AFC)は、2018年8月8日付けのプレスリリースにてギニアBel Airボーキサイト鉱山開発が予定通り完了し、中国への高品位ボーキサイトの出荷を開始したことを発表した。Bel Air鉱山のボーキサイト生産能力は年間約550万tであり・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

ギニア:Magassouba鉱山大臣、Simandou鉄鉱石プロジェクトにおける権益売却の最終合意に向けてRio Tinto及びChinalco社は交渉継続中だと言及

 2018年7月18日付けのメディア報道によると、ギニアSimandou Block 3&4鉄鉱石プロジェクトに関して、同国のAbdoulaye Magassouba鉱山大臣はRio Tinto及びChinalco社と契約について最終交渉を続けていると言及した。
 2016年10月、Rio TintoはSimando・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

ギニア:Simandou鉄鉱石案件、米国裁判所がRio Tintoの提訴を却下

 2015年11月21日付けメディア報道によれば、米国連邦地方裁判所は2015年11月20日にRio TintoによるVale及びBSG Resources社へのSimandou鉄鉱石プロジェクトの鉱業権を巡る提訴を却下した。  米国連邦地方裁判官によれば、米国の集団暴力腐敗組織法等では、4年以内に提訴・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
竹下聡美

ギニア:Simandou Block 3 & 4鉄鉱石プロジェクト、投資包括協定を締結へ

 2014 年5 月21 日付メディア報道によると、ギニア政府はSimandou Block 3 & 4鉄鉱石プロジェクトに係る投資包括協定(Investment Framework Agreement)をRio Tinto、国際金融公社(IFC)及び中国アルミ業股份有限公司(Chinalco)との間にお・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
竹下聡美

ギニア:Simandouプロジェクト鉱業権剥奪問題、VALE、Rio Tintoが損害賠償を求め訴訟へ

 BSG Resources(BSGR)社の不法行為によるSimandou鉄鉱石プロジェクトに係るBlock1&2の鉱業権剥奪の問題について、Alpha Condéギニア大統領は、2014 年4 月30 日にBSGR 社のJVパートナーであったVALEについては不法行為がないことは明らかであるとして、VA・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
竹下聡美

ギニア:Simandouプロジェクト、BSGR社及びVALEの鉱業権剥奪を大統領が承認

 2014 年4 月17 日付メディア報道によると、Alpha Condéギニア大統領はBSG Resources (BSGR)社及びJVパートナーのVALEが保有するSimandou鉄鉱石プロジェクトの鉱業権の剥奪を承認した。これはSimandou Block 1 & 2 鉄鉱石プロジェクト及びZogo・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
竹下聡美

ギニア:鉱業権審査委員会、SimandouプロジェクトにおけるBSGR社の鉱業権剥奪を政府に勧告

 2014年3月10日付のメディア報道によると、ギニアの鉱業権審査員会は、BSG Resources (BSGR)社が保有するSimandou Block 1 & 2 鉄鉱石プロジェクトにおける鉱業権を剥奪するように同国政府に勧告した。同国政府の主張によれば、BSGR社は同プロジェクトにおける探鉱及び開発権を賄賂といっ・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
北野由佳
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ