閉じる

ニュース・フラッシュ

ザンビア・アンゴラ・DRコンゴ:DFCがLobito Corridorへの新規融資を発表

 2024年2月8日付けのプレスリリースによると、米国国際開発金融公社(DFC)は、ザンビアで行われたPartnership for Global Infrastructure and Investment(PGI)のLobito回廊Investor Forumにおいて、アンゴラ、ザンビア、DRコンゴにまたがるLobi・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
平田哲人

ザンビア:英Jubilee社、拡張戦略を発表

 2024年2月8日付けのプレスリリースによると、英Jubilee Metals社は、ザンビアにおける当初25千t/年の銅生産への事業拡張に係る戦略を発表した。2023年11月に取得した銅廃石アセットのWaste Rock Project及びMunkoyoプロジェクトにおける新たな銅鉱脈の発見による資源の確保に伴い、処・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ロンドン
担当者:
平田哲人

ザンビア:米KoBold Metals社、2bUS$規模の銅山開発を計画

 2024年2月6日付けのメディア情報によると、人工知能(AI)を使って銅、コバルト、ニッケル、リチウムを探査する米KoBold Metals社は、ザンビアにおける約2bUS$規模の新たな銅鉱山開発を促進するため、パートナー提携を検討していると報じられた。同社のMingombaプロジェクトにおいて10年以内での新たな鉱・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ロンドン
担当者:
平田哲人

ザンビア:豪Lycopodium社、銅鉱山の拡張契約を締結

 2023年12月11日付けのプレスリリースによると、豪Lycopodium社は、ザンビアSolweziの西約100kmに位置するLumwana銅鉱山について、加Barrick社より、拡張に係る実行可能性調査(FS)と基礎エンジニアリングの契約を獲得したと発表した。同鉱山では、硫化物浮遊選鉱プラントでの処理により銅精鉱・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ロンドン
担当者:
平田哲人

ザンビア:Anglo American、銅鉱区の試掘を開始

 2023年11月13日付けのメディア情報等によると、Anglo American は英Arc Minerals社の子会社Unico MineralsとJVを設立し、ザンビア北西部のLyovu地区における探査ライセンスを獲得後、初期段階の銅探査を開始したと報じられた。Anglo American は、Arc Miner・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
平田哲人

ザンビア:加First Quantum Minerals社、新たな技術の活用で生産を拡大

 2023年9月22日付けのプレスリリースによると、加First Quantum Minerals社は、ザンビアSolweziに位置するKansanshi銅鉱山の製錬所拡張について、米Elessent Clean Technologies社の子会社であるMECS社と工場の設計に係る契約を締結したと発表した。MECS社の・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ロンドン
担当者:
平田哲人

ザンビア:加Barrick社、Lumwana銅鉱山拡張に約2bUS$を投資

 2023年10月4日付けのプレスリリースによると、加Barrick社は、ザンビア政府とのパートナーシップを強化し、Lumwana銅鉱山拡張の投資を行うと発表した。約2bUS$を投資し、36年の操業期間で50百万t/年のプロセスプラントからの銅生産を約240千t/年に拡大するプロジェクトで、2024年末までにはFSを完・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ロンドン
担当者:
平田哲人

英・ザンビア:クリーンエネルギーと重要鉱物に関する協定に合意

 2023年8月3日付けのプレスリリースによると、James Cleverly英外相はザンビアを訪問し、クリーンエネルギーや重要鉱物に関する協定で合意したと発表した。
 同協定では、野心的なターゲットとして、ザンビアの鉱業・鉱物・再生可能エネルギー分野への英国民間セクターによる最大2.5b£の投資の創出とこれに向けた・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
平田哲人

ザンビア:コバルト製錬原料の輸入抑制によって、ERG社の銅・コバルト製錬所生産一時停止

 2019年2月14日付けのメディア情報によると、ザンビア政府による製錬原料の輸入抑制によって、DRコンゴからのコバルト鉱石の輸入に制限がかかり、ERG社はChambishi銅・コバルト製錬所の生産を一時停止した。この一時停止は銅・コバルトの輸入精鉱に対して2019年から有効になった同国の5%の関税の影響を受けたもの。・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香、福田光紀

ザンビア:Konkola Copper Mines社、Ngchanga銅製錬所の操業を一時停止

 2019年1月8日付のメディア報道によると、Konkola Copper Mines(KCM)社は、ザンビア政府による銅輸入関税5%の導入により、DRコンゴ、ボツワナ及びチリからの銅精鉱輸入が困難になることを理由に、Ngchanga銅製錬所の操業を一時停止することを発表した。また、First Quantum Mine・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ