閉じる

ニュース・フラッシュ

中国:中国の動力電池搭載量、世界トップ

 2022年7月21~22日、四川省宜宾市で開催された「2022世界動力電池大会」で発表された情報によると、中国の動力電池搭載量は2022年6月末時点で累計531.9GWhに達し、世界トップを維持している。
 電機駆動システムの利用が自動車のみならず船舶、農業用機械などにも拡大し、中国の動力電池産業は近年急速な発展を・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
忽滑谷諒子

中国:江西省二酸化炭素排出ピークアウト計画公表、二次非鉄金属生産量を引き上げ、資源循環を促進

 2022年7月19日付け報道によると、江西省人民政府から「二酸化炭素排出ピークアウト実施計画案」が発表された。その中で、再生非鉄金属産業の発展を加速し、再生銅、再生アルミ、再生レアメタルの生産量を引き上げる方針が示された。
 資源の循環利用を強化し、鉄鋼スクラップや銅スクラップ、アルミスクラップ、鉛スクラップ、亜鉛・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 ベースメタル レアメタル 鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
忽滑谷諒子

中国:中国鉱産資源集団設立、鉄鉱石の一元的調達管理を担う

 2022年7月25日、北京にて中国鉱産資源集団有限公司(以下、中国鉱産資源集団)の設立式が行われた。当地報道によると、中国鉱産資源集団は、鉄鉱石の調達を目的として新たに設立された国有企業で、中国の主要製鉄所向けに鉄鉱石の調達を一元化するとともに、海外の鉱山向け投資を取りまとめる役割を担うという。登録地は河北省保定市雄・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
北京
担当者:
忽滑谷諒子

中国:2022年1~6月、中国ニッケル製品輸入状況

 2022年7月20日付け税関総署の発表によると、2022年6月までの中国のニッケル製品輸入状況は以下のとおり。

●輸入量推移


2022年
1月
2月
3月
4月
5月
6月


ニッケル鉱石
154・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
北京
担当者:
忽滑谷諒子

中国:2022年1~6月、銅鉱砂・精鉱等輸入状況

 2022年7月13日付け税関総署の発表によると、2022年6月の中国の銅鉱砂及び精鉱等輸入量は以下のとおり。

●輸入量


 
2022年6月
2022年1~6月
2021年1~6月
対前年同期比


銅鉱砂及び精鉱
・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
忽滑谷諒子

中国:2022年1~6月レアアース輸出入状況

 2022年7月13日、中国海関総署が公表した、2022年6月の中国レアアース商品の輸出入状況は以下のとおり。

●輸出
 2022年6月に輸出したレアアース商品は対前月比12.3%減、対前年同月比6.3%増の4,265.3tで、輸出金額は対前月比34.6%減、対前年同月比50%増の5.1億元に達した。2022年・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
忽滑谷諒子

中国:2022年6月動力電池生産状況

 2022年7月11日、中国汽車動力電池産業創新連盟(CABIA)の発表によると、2022年6月の中国の動力電池生産量は41.29GWh(対前年同月比171.7%増)、動力電池車両搭載量は27.01GWh(同比90.3%増)となった。



・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
忽滑谷諒子

中国:包頭レアアース博物館が開館

 2022年7月5日、内蒙古自治区包頭市に、同自治区、包頭市党委員会、政府の指導・推進の下、包頭鋼鉄(集団)有限責任(以下、包頭鋼鉄)公司と中国北方希土(集団)高科技股份有限公司(以下、北方希土)が建設した「包頭稀土博物館」が開館した。中国で唯一の、中国と世界のレアアース産業発展の歩みと成果を多次元立体展示する博物館で・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
忽滑谷諒子

中国:国内錫価格急落の動向と見通し

 2022年7月1日、上海先物取引所の錫の契約価格は19万元/t(約380万円)で、2022年3月の最高値39.4万元(約788万円)から50%超下落している。2022年5月初め以降、錫価格は史上最も強い売りに押され価格は下落の一途をたどり、現在は1年以上前の安値に沈んでいる。
 今般の価格急落の始まりは、2022年・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
忽滑谷諒子

中国:自動車メーカー時価総額上位10社発表、新エネ車メーカー4社がランクイン

 2022年6月30日、ニュースサイト網易(NetEase)は、2022年上半期の10大自動車メーカーの時価総額ランキングを発表した。比亜迪股份有限公司(BYD)は依然として「独り勝ち」の状態で、時価総額はすでに2、3、4位の合計を超えている。また、新エネルギー自動車メーカーがランキングのほぼ半数を占めた。

20・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
忽滑谷諒子
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ