閉じる

ニュース・フラッシュ

中国:2022年、シリコン価格下落を契機に太陽電池需要が回復の見通し

 2022年1月11日付け報道によると、シリコン価格の下落を契機に、2022年の太陽電池の需要は回復する見通しである。証券会社の見立てでは、資源価格下落によるメーカー側のコスト減少、または風力・太陽光発電の大規模プロジェクト等による需要増加から、2022年の中国国内における太陽光発電の新規発電量は80GWに達する。さら・・・ 続きを読む
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:北方希土、包頭鋼鉄とレアアース精鉱供給契約を締結

 2022年1月8日付けで、中国北方希土(集団)ハイテク股份有限公司は、内モンゴル包鋼鋼聯股份有限公司(包頭鋼鉄)と「レアアース精鉱供給契約」を締結した旨発表した。レアアース精鉱の価格は2022年1月1日以降、26,887.20元/t(乾燥重量、品位:REO 51%)に修正する予定で、REO品位が1%変動すると、税抜き・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2021年のモリブデン精鉱生産量、対前年比7.40%増の22.8万t

 2022年1月7日付け現地報道によると、2021年、中国のモリブデン精鉱生産量は対前年比7.40%増の22.80万t(実物量t、以下同)であった。地域別には、河南省7.52万t(対前年比1.33%減)、内モンゴル自治区4.05万t(同19.31%増)、黒竜江省3.63万t(同47.48%増)、陝西省3.24万t(同0・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2021年11月の非鉄金属生産・価格動向

 2022年1月4日付け報道によると、2021年11月の非鉄金属10鉱種の生産量は、対前年同月比0.7%減であった。このうち、銅は0.2%増、電解アルミは1.8%減、鉛は7.9%増、亜鉛は1.5%減であった。
 2021年1~11月の非鉄金属10鉱種の生産量は、対前年同期比6.3%増の5,911万tであった。このうち・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:中国工業・情報化部、「第14次5か年期間における原材料工業発展計画」を公表(続報)

 2021年12月29日、中国工業・情報化部は、先に発表した「第14次5か年計画における原材料工業発展計画」(2022年1月12日付 ニュース・フラッシュ:工業・情報化部、レアアースの探査権及び採掘権を開放参照。以下、「計画」)について、詳細を公表した。本計画は、工業・情報化部が、定められた期間中にレアアースの探査権及・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト タングステン ニッケル モリブデン リチウム レアアース/希土類 アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:炭酸リチウム価格、新エネ車の需要増や供給不安により30万元/t目前まで高騰

 2021年12月28日付け報道によると、炭酸リチウムの3か月先物価格が29.45万元/tと、30万元/tが目前に迫る高値をつけている。四川西部地域など一部リチウム鉱山企業では、既に30万元/tで取引が行われる場合もあるという。
 2021年11月、新エネルギー車の生産販売台数が初めて単月で40万台を超えるなど、販売・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

2021年 金属鉱物資源をめぐる動向

<金属企画部調査課 報告>

はじめに
国や地域によって状況は異なるものの、世界経済が新型コロナウイルス(以下、「コロナ」という。)による落ち込みから回復基調の兆しを見せる中、2021年の非鉄金属市況は前年後半からの高価格水準を維持する形で軒並み堅調に推移した。
ベースメタルについては、米国等主要国・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛 貴金属 プラチナ パラジウム レアメタル コバルト シリコン(ケイ素) ニッケル マグネシウム リチウム ジスプロシウム レアアース/希土類 鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
金属企画部

中国:江西省新余市ハイテク区を「LIBの都」に、正極材料製造一大拠点へと成長

 2021年12月23日付け報道によると、江西省工業・情報化庁は、2021年江西省「5G+工業インターネット」実用モデルプロジェクトを発表した。このプロジェクトで、江西省新余市ハイテク区内の江西贛鋒リチウム業股份有限公司(以下、江西贛鋒リチウム)が、「5G+MECリチウムイオン電池(LIB)スマート化工場プロジェクト」・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ