閉じる

ニュース・フラッシュ

カザフスタン:Arcelor Mittal Temirtau社に対し安全強化対策を義務付け

 2022年11月10日付けの報道等によると、カザフスタン政府は、同年11月3日に発生したArcelorMittal Temirtau社のLenin炭鉱における爆発事故を受けて、同社との契約を変更し、150bKZT/年(カザフスタン・テンゲ)を安全性向上のための設備改善に、37bKZT/年を炭層ガス抜きに充てるよう義務・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

カザフスタン:東Kazakhstan州、リチウム開発プロジェクトを構想中

 2022年11月3日付けの報道等によると、東Kazakhstan州政府は、リチウム鉱石の採掘と選鉱を行うプロジェクトを構想している。同プロジェクトにはドイツ企業が参画し、2023~2024年にかけて開発が開始され、2025~2027年の引き渡しを予定する。計画される投資規模は100mUS$であり、雇用人数は170人が・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

カザフスタン:Kazzinc社、ロシアを迂回する輸出ルート構築等のため鉛・亜鉛の生産量が減少

 2022年11月2日付けのGlencore(Kazzinc社親会社)のプレスリリースによると、2022年第3四半期におけるKazzinc社の鉛、亜鉛の生産量は、ロシアによるウクライナ侵攻の影響により、前期比で減少した(Glencoreの報告書によると、鉛1.1千t減、亜鉛1.4千t減)。
 具体的には、ロシアを迂回・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

カザフスタン:ロシアを迂回するウランの代替輸出ルートを検討中

 2022年10月27日付けの報道等によると、Kazatomprom社は、現状のサンクトペテルブルク港経由での輸出ルートの制約発生に備え、代替輸出ルートの検討を開始した。
 同社は、2022年第3四半期のロシア経由での出荷に問題はなく、現状、物流の障害はないとする一方、制裁による物流障害の可能性に備えた、代替ルート経・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

カザフスタン:Kazchrome社、Khromtauにて新規クロム鉱床の採掘開始

 2022年10月12日付けの報道等によると、Kazchrome社が所有するDonskoyクロム鉱山において、Geofizicheskoe-9鉱床の露天掘りが開始された。更にGeofizicheskoe-9鉱床とIyuniskoe鉱床の採掘が準備されており、3か所の鉱床の合計産出量は600千tと見込まれている。Dons・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

カザフスタン:Kazchrome社、Aktobe合金鉄工場において排ガス処理近代化を開始

 2022年10月12日付けの報道等によると、Kazchrom社のAktobe合金鉄工場において、排ガス集塵システムの近代化を開始した。12bKZT(カザフスタン・テンゲ)を投入して近代化を行い、排ガス中の粉塵は最低でも30%削減できる見通しである。
 Kazchrom社は戦略の見直しにより、老朽化した工場を閉鎖せず・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

カザフスタン:鉱物抽出税率を50%引き上げる税法改正案、議会に提出

 2022年5月25日付けの地元報道等によると、国民経済省のAlibek Kuantyrov大臣は、鉱物抽出税(MET:Mineral Extraction Tax)について、商品取引所に上場される金属については50%、その他の金属(鉄鉱石、クロム鉱石、マンガン等)については30%引き上げる税法改正案が国会に提出された・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 PGM(白金族) クロム
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

カザフスタン:Kazzinc社、カラガンダ州で新規多金属選鉱プラントの操業を開始

 2021年10月20日付けの地元報道等によると、Kazzinc社(カザフスタンの亜鉛・鉛・銅・貴金属生産大手)は、カラガンダ州Zhairemの新規多金属選鉱プラント(鉱石年間処理能力5百万t)の操業を開始した。2014年12月、Kazzinc社は、Atasu鉱産地方の鉱床(カラガンダ州Zhanaarka地区)の地下資・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

カザフスタン:Polymetal社、2021年はカザフスタンでの地質調査投資を拡大へ

 2021年7月12日付けの地元報道等によると、Polymetal Int社(JSC Polymetal社の資産を統合)は2021年、カザフスタンでの地質調査に12mUS$を投資する。
 同社のVitaly Nesis CEOは、「我々は2020年にカザフスタンで7つのライセンス鉱区を取得し、今年さらに5鉱区の取得に・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

カザフスタン:Tarutinskoe越境鉱床に関する協定を承認

 2021年6月21日付けの地元報道等によると、カザフスタン政府は、2021年6月15日付け政府決定第409号により、Vostochno-Tarutinskoe鉱床(カザフスタン)及びTarutinskoe鉱床(ロシア)における国境地域での経済活動に関するロシア政府との協定を承認した。
 協定によると、越境鉱床は、カ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ