閉じる

ニュース・フラッシュ

キルギス:廃止ウラン鉱山廃さい問題の状況

 キルギスは1940年代、旧ソ連における大ウラン供給地域であったが、1960年代後半に殆どの鉱山が閉鎖されて以降、多くの廃さい堆積場が残され、近年はその管理が十分になされていないことから、地震その他災害などによる放射性物質の流出、汚染拡大に関する懸念が深刻化している。 現状、キルギス内には31か所の廃さい堆積場があり、・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
及川 洋

キルギス:外資促進に向けて新鉱業法の制定

 業界紙等によると、キルギスの国家地質・鉱物資源庁関係者は、外資による投資促進を目的として、新鉱業法を制定する方針であると語った。新鉱業法は2008年7月までに制定される予定であり、税金及びロイヤルティの支払い以外の政府の権限は制限され、探鉱及び鉱業権の期間延長、減税などの改定が含まれている。 同国鉱業は現在GDPの1・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
フレンチ香織

キルギス・Kensuタングステンプロジェクト、ロシア企業が落札

 各社報道によれば、キルギスKensuタングステンプロジェクトの開発について、ロシア企業であるSarydzhaz Mineral Mining社が落札したと、キルギス国家地質鉱物資源庁が発表した。これによれば、Sarydzhaz社の他、キルギス企業、キルギス-中国の合弁企業及び日本企業の4社から応札があり、Sarydz・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル タングステン
海外事務所:
ロンドン
担当者:
高橋健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ