閉じる

ニュース・フラッシュ

世界の鉱業の趨勢2021 カザフスタン ―データ集―

2020年の鉛需給動向

<金属企画部調査課 小口朋恵 報告>

はじめに
世界は新型コロナウイルス(以下、「コロナ」という。)感染症に見舞われており、話題はこのコロナ一色と言っても過言ではないほど、産業界、経済界、また個々の私生活においても甚大な影響が現れている。世界の鉛業界においても例外ではないが、鉛の需給動向が世界および・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
金属企画部

カザフスタン:Kazzinc社、カラガンダ州で新規多金属選鉱プラントの操業を開始

 2021年10月20日付けの地元報道等によると、Kazzinc社(カザフスタンの亜鉛・鉛・銅・貴金属生産大手)は、カラガンダ州Zhairemの新規多金属選鉱プラント(鉱石年間処理能力5百万t)の操業を開始した。2014年12月、Kazzinc社は、Atasu鉱産地方の鉱床(カラガンダ州Zhanaarka地区)の地下資・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

カザフスタン:Polymetal社、2021年はカザフスタンでの地質調査投資を拡大へ

 2021年7月12日付けの地元報道等によると、Polymetal Int社(JSC Polymetal社の資産を統合)は2021年、カザフスタンでの地質調査に12mUS$を投資する。
 同社のVitaly Nesis CEOは、「我々は2020年にカザフスタンで7つのライセンス鉱区を取得し、今年さらに5鉱区の取得に・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

カザフスタン:Tarutinskoe越境鉱床に関する協定を承認

 2021年6月21日付けの地元報道等によると、カザフスタン政府は、2021年6月15日付け政府決定第409号により、Vostochno-Tarutinskoe鉱床(カザフスタン)及びTarutinskoe鉱床(ロシア)における国境地域での経済活動に関するロシア政府との協定を承認した。
 協定によると、越境鉱床は、カ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

カザフスタン:BMT社、Gornostaevskoe鉱床商業開発の開始は2年後

 2021年6月8日付けの地元報道等によると、ニッケル・コバルト採掘企業Battery Metals Technologies(BMT社、カザフスタンの実業家Kenes Rakishev氏が所有)は、香港証券取引所(HKEx)への上場を申請した。IPOは2021年秋を予定している。BMT社は、HKExだけでなくアスタナ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

カザフスタン:独Monterra Group、ジャンブール州で金開発プロジェクト実施へ

 2021年4月17日付けの地元報道等によると、2021年4月、ジャンブール州Kordai地区で、新規採鉱製錬コンビナートの定礎式が行われた。当該プロジェクトは、KAZAKH INVEST社の支援の下、ドイツ企業Monterra Group AG(Questa Capital GmbH)が実施するもので、プロジェクトは・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

カザフスタン:UAEとロシアの投資家、カザフスタンでレアアース生産の共同プロジェクト実施へ

 2021年4月8日付けの地元報道等によると、国営企業KAZAKH INVEST社のMeirzhan Yussupov会長は2021年4月、アラブ首長国連邦の企業SSD Group社及びロシアの企業グループDINATRON社の経営陣と面談し、SSD Group社とDINATRON社が、Irtysh chemical a・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル レアアース/希土類
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

カザフスタン:ロシア連邦独占禁止局、Nova Resources社にKAZ Minerals社の支配権取得を許可

 2021年3月16日付けの地元報道等によると、ロシア連邦独占禁止局は、オランダの投資会社Nova Resources B.V.社に対し、KAZ Minerals社、KAZ Minerals Sales Ltd、GDK Baimskaya社及びKAZ Minerals Baimskaya Infrastructure社・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ