閉じる

ニュース・フラッシュ

マリ:新鉱業法における企業投資の安定化期間を10年に短縮

 2019年8月23日付けのメディア情報によると、マリの新鉱業法においては、企業の投資が財政・税制の変更から保護される安定化期間を30年から10年に短縮するとマリ鉱業省の高官が発言した。生産中のVATの免除の中止や安定化期間の短縮の検討が21日に発表されたが、短縮期間は明らかにされていなかった。同国の新鉱業法によって、・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

マリ:Kodal社、Bougouniリチウム鉱床開発に係る環境・社会影響調査を提出

 2019年8月23日付け、英ジュニアKodal Minerals社の発表によると、同社がマリ南部に保有するBougouniリチウム鉱床開発の環境・社会影響調査(ESIA)をマリ監督官庁に提出した。採掘ライセンスを取得する手続きの一環であり、環境ベースライン調査の結果やコミュニティへのヒアリング結果などを含む。JORC・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マリ:政府は新鉱業法で、税制の見直し、安定化期間の短縮を検討

 2019年8月22日付けメディアによると、アフリカ第3位の産金国として知られるマリにおいて鉱業法の変更が議論されており、生産期間中のVAT免除や安定化期間の短縮を検討しているとマリ鉱業省が発表した。現鉱業法では30年間の安定化が保証されていたが、これらの鉱山操業上の優遇条件が見直される見込み。
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マリ:Goulaminaリチウムプロジェクトの開発許可申請

 2019年8月1日付けメディアによると、豪Mali Lithium Limitedがマリに所有するGoulaminaリチウムプロジェクトに係る開発許可手続きが、次の承認段階に移行した。2019年4月上旬に開発許可申請を提出して以来、マリの地質鉱山局(DNGM)により、すべての技術的要件および規制要件が満たされているこ・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

African Mining INDABA 2014(第20回アフリカ鉱山投資会議)Part 1:政府代表者による講演




 2014年2月3~6日、南アフリカ共和国のケープタウンにて今回で第20回目の節目となるMining INDABA 2014(アフリカ鉱業投資会議)が開催された。世界6大陸から資源メジャー及びジュニア探鉱会社を含む2,100社、そして政府関係者、非政府団体、アナリスト等が集い、7,250・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム コバルト タンタル マンガン アルミニウム/ボーキサイト

マリ:新政府、鉱業契約の見直しを予定

 2013年9月10日付けのメディア報道によると、マリ新政府は全ての既存鉱業契約を含む目録を作成し、マリの国益にならない鉱業契約に関しては再交渉を行う意向である。マリでは2013年8月に行われた大統領選挙の結果、Ibrahim Boubacar Keita大統領が就任し、新政権が発足した。Boubou Cisse鉱業大・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
北野由佳

アフリカ-ロンドン サミット報告(その2)-各国基調講演セッション(後半)、「アフリカ鉱業の現状」セッション-

2-3 ケニア基調講演 ~新政権始動、EITIの候補国に~   Hon Najib Balala EGH ケニア鉱業大臣 【新憲法下で初の選挙】 最近、ケニアでは新憲法下で初めて平和的に選挙が行われた。86%の有権者が民主的に投票した。ウルフ・ケニヤッタ大統領、ウィリアム・ルト副大統領他が当選し、その後主要な法制・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 クロム コバルト タングステン タンタル チタン ニオブ リチウム

アフリカ諸国の鉱業政策-Africa Downunder 2012参加報告 その1-

 2012年8月29日~31日の3日間、豪州パースに於いてアフリカ鉱業投資大会Africa Downunder 2012が開催された。同大会は、アフリカ以外の国で開催される鉱業投資大会としては世界最大規模のもので、今年は約2,500人が参加し、約150件の展示ブースが出展された。 本稿では、Afri・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 クロム タングステン ニッケル マンガン

Mining INDABA 2012(第18回アフリカ鉱山投資会議)

 2012年2月6日~9日、南ア・ケープタウンでMining INDABA 2012(第18回アフリカ鉱業投資会議)が開催された。世界各国からメジャー鉱山会社、ジュニア探鉱会社、政府関係者、非政府団体、アナリスト等が集い、前年より17%増となる約7,000名iが出席した。 日本からは松下忠洋経済産業・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム クロム コバルト タングステン タンタル チタン ニッケル マンガン リチウム アルミニウム/ボーキサイト

マリ:鉱業法改正、政府の権益拡大及び鉱業税引き下げへ

 各社の報道によると、マリ共和国の地質鉱山局(DNGM:Direction Nationale de la Geologique des Mines)の政府高官が2012年1月23日、鉱業法の改正を行い、鉱山プロジェクトにおける政府の権益を現行の20%から25%に引き上げる一方で、鉱業所得に対する課税率を35%から25・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
北野由佳
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ