閉じる

ニュース・フラッシュ

PDAC2024参加報告 ―カナダ、メキシコの鉱業投資環境―

<バンクーバー事務所 佐藤佑美 報告>

はじめに
2024年3月3~6日にかけて、加ON州Torontoにおいて探鉱者・開発者協会が主催する年次総会(Prospectors & Developers Association of Canada Convention、以下PDAC)が開催された・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル リチウム レアアース/希土類 グラファイト
海外事務所:
バンクーバー

2023年秋季国際非鉄研究会(INSG、ICSG、ILZSG)参加報告

<ロンドン事務所 平田哲人、南川亜美 報告>

はじめに
2023年10月2~6日にかけて、ポルトガルLisbonにおいて国際非鉄研究会が開催された。ニッケル、銅、鉛・亜鉛の各研究会のほか、The Role of Recycling in Meeting Future Demand for Metal・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 コバルト ニッケル アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
ロンドン

メキシコ:2023年の鉱業生産量は対前年比4.9%減、鉱種別でも軒並み減少

 国立統計地理情報院(INEGI)の統計によれば、メキシコにおける2023年の鉱業生産量は対前年比4.9%減となった。鉱種別の対前年比では、石膏および一般石炭(コークス使用外)のみが微増の一方で、コークス28.9%減、硫黄11.6%減、亜鉛10.2%減、鉛9.5%減、鉄ペレット6.9%減、金6.8%減、銀5.0%減、銅・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 フッ素/蛍石
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

メキシコ:AMLO政権、露天掘り採掘コンセッション付与の禁止を含む20の憲法・法律改正案を国会に提出

 2024年2月5日、Andrés Manuel López Obrador(AMLO)大統領は、露天掘り採掘コンセッション付与の禁止を含む20の憲法及び法律改正案を国会に提出した。業界紙によれば、メキシコ国内で操業中の約250鉱山のうち97が露天掘りであり、代表的な露天掘り鉱山にはPeñasquito多金属鉱山(米N・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

メキシコ:Peñasquito多金属鉱山ストライキ、8%の賃上げで収束へ

 2023年10月6日付け地元メディアによれば、米Newmont社が操業するPeñasquito多金属鉱山の労働組合は、全会一致で同社の提案を受け入れ、4か月に亘るストライキを終了することに合意した。労働組合員は8%の賃上げに加え、同社から支給される152mMXN(メキシコペソ:約8.3mUS$)の賞与を均等に受け取る・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

メキシコ:2023年7月金生産量、対前年同月比18.8%減へ

 国立統計地理情報院(INEGI)の統計によれば、メキシコにおける2023年7月の金生産量は前年同月比18.8%減、前月比3.4%減の5,059kgとなった。国内の主力鉱山の1つであり、米Newmont社が保有するPeñasquito多金属鉱山(Zacatecas州)において2023年6月上旬より継続中のストライキが主・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

メキシコ:加Sierra Metals社、Cusi銀鉱山を売却する方針

 2023年9月20日付けプレスリリースにて加Sierra Metals社は、Cusi銀鉱山(Chihuahua州)をケア&メンテナンス体制へ移行し、売却に向けたプロセスを開始したと明らかにした。同社のErnesto Balarezo Valdez CEOは、2023年初めにCusi銀鉱山を非中核事業とみなし、市況を背・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤佑美

メキシコ:経済省、中Ganfeng Lithium社の鉱業権取消しを決定

 2023年8月29日付け中Ganfeng Lithium社(贛峰鋰業股份有限公司)による半期報告書によれば、メキシコ経済省鉱山総局は、同社がメキシコに保有するSonoraリチウムプロジェクトを含む9件の鉱業権取消しに係る正式決定通知を発行した。
 鉱山総局は取消し理由として、同社が2017~2021年の間の当該鉱業・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

米・メキシコ:米通商代表部、Grupo México社による労働権侵害の疑いで労働分野紛争解決メカニズムに基づく初のパネル設置を要請

 米通商代表部(USTR)は、墨Grupo México社がZacatecas州に保有するSan Martín多金属鉱山にて労働権侵害の疑いがあったとして、2023年8月22日付けで米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)が定める「事業所特定の迅速な労働問題対応メカニズム(RRM)」に基づき、同協定下で初となるパネル設・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

チリの新鉱業ロイヤルティ法

<サンティアゴ事務所 兵土大輔 報告>

はじめに
チリの新鉱業ロイヤルティ法案は、2021年3月に下院で議論が再開して以来、下院及び上院にて度重なる議論が行われてきた。当初、銅についてはLME価格に応じて変動する累進課税(限界税率75%)が下院で可決され、多くの鉱業関係者が同法案の動向について注視し・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ