閉じる

ニュース・フラッシュ

メキシコ:各社による2022年の設備投資は好調と予測

 2022年5月18日付け業界紙によると、国内で活動を行う主要鉱山企業14社による2022年設備投資総額は2,910mUS$と予測され、同年初頭の予想総額2,680mUS$から大幅に増加すると見込まれている。
 以下は主要各社による2022年の設備投資額見込みである。
・米Southern Copper社:約939・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:英Hochschild Mining社、La Union多金属プロジェクトに係るEarn-in契約を加Riverside Resources社と締結

 2022年5月17日付け報道によると、英Hochschild Mining社の現地法人Minera Hochschild Mexico社は、加Riverside Resources社のLa Union多金属プロジェクト(Sonora州)の権益最大75%を獲得するEarn-in契約を締結した。第1フェーズでは、5年間で・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

5th Latin America Energy Summit参加報告

<サンティアゴ事務所 兵土大輔 報告>

はじめに
2022年4月20~21日の2日間、首都SantiagoにあるDouble Tree by Hilton Hotel Santiagoにおいて5th Latin America Energy Summit(LAES)が開催された。前回のLAESは、コ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
サンティアゴ

メキシコ:加Excellon Resources社、Platosa銀鉱山の操業停止と新たな資産獲得の意向を明かす

 2022年5月16日付け報道によると、加Excellon Resources社は、Platosa銀鉱山(Durango州)に関し、同社が直面している複数の課題を理由に同年第3四半期中に操業を停止する計画を発表した。この要因として、2021年2月に発生した米国大寒波による燃料価格高騰のほか、消耗品価格の上昇、鉱脈の急傾・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ2022年鉱業法改正の概要と課題

<バンクーバー事務所 佐藤すみれ 報告>

はじめに
世界的なリチウム需要の増加とそれにともなう調達競争が激化する中、メキシコにおいても数年後に迫る国内初のリチウム生産開始への期待と資源ポテンシャルへの関心が急速に高まっている。過去の新自由主義政策を否定するAndrés Manuel López Ob・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル マンガン リチウム グラファイト
海外事務所:
バンクーバー

メキシコ:加Riverside Resources社、Sonora州Llano de Nogal銅・金プロジェクトの権益取得に関するオプション契約を締結

 2022年5月5日付けニュースリリースにて加Riverside Resources社は、Sonora州のLlano de Nogal銅・金プロジェクトの権益取得に関するオプション契約を加Orogen Royalties社と締結したことを発表した。Riverside社はBHPとの3年融資契約の下、同州内で銅探鉱を進めて・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:メキシコ鉱業会議所、2022年の鉱業投資額は大幅減少と予測

 2022年5月5日付け現地紙によると、メキシコ鉱業会議所(CAMIMEX)は2022年の鉱業投資額に関し、同年4月の鉱業法改正も影響し、前年より大幅に減少すると予想した。CAMIMEXのKaren Flores事務局長によると、税制改革が行われた2014年以降の鉱業投資額は非常に低迷しており、2021年の投資額は対前・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

ボリビア・アルゼンチン・チリ・メキシコ:フォーラム「ラテンアメリカからのリチウムの展望」開催

 2022年4月13日、フォーラム「ラテンアメリカからのリチウムの展望(Perspectivas del Litio desde América Latina)」がオンラインで開催された。ボリビアのMolina炭化水素エネルギー大臣は、再生可能エネルギーとエレクトロモビリティに向けたエネルギー転換は取り組むべき重要な課・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
初谷和則

メキシコ:鉱業法改正案が成立、業界や主要紙は厳しい見方を示す

 2022年4月19日、リチウム資源の国家独占を目的とする鉱業法改正案が成立したことで、今後民間企業による市場参入が制限されることとなる。Rocío Nahleエネルギー相、Marcelo Ebrard外務相をはじめ、政界関係者からは祝辞のコメントが続出している一方で、鉱業界からは改正に対する批判や投資影響を懸念する声・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:リチウム国有化を目的とする憲法改正案否決も、鉱業法改正案が成立

 現地報道によると、2022年4月17日、Andrés Manuel López Obrador(AMLO)大統領は、リチウム資源の国家独占を目的とする鉱業法改正案を下院に提出し、翌18日に通過(賛成275票、反対24票、棄権187票)、上院においても翌19日に可決された(賛成87票、反対20票、棄権16票)。その後大・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ