閉じる

ニュース・フラッシュ

メキシコ:加Riverside Resources社、Sonora州Llano de Nogal銅・金プロジェクトの権益取得に関するオプション契約を締結

 2022年5月5日付けニュースリリースにて加Riverside Resources社は、Sonora州のLlano de Nogal銅・金プロジェクトの権益取得に関するオプション契約を加Orogen Royalties社と締結したことを発表した。Riverside社はBHPとの3年融資契約の下、同州内で銅探鉱を進めて・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:メキシコ鉱業会議所、2022年の鉱業投資額は大幅減少と予測

 2022年5月5日付け現地紙によると、メキシコ鉱業会議所(CAMIMEX)は2022年の鉱業投資額に関し、同年4月の鉱業法改正も影響し、前年より大幅に減少すると予想した。CAMIMEXのKaren Flores事務局長によると、税制改革が行われた2014年以降の鉱業投資額は非常に低迷しており、2021年の投資額は対前・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

ボリビア・アルゼンチン・チリ・メキシコ:フォーラム「ラテンアメリカからのリチウムの展望」開催

 2022年4月13日、フォーラム「ラテンアメリカからのリチウムの展望(Perspectivas del Litio desde América Latina)」がオンラインで開催された。ボリビアのMolina炭化水素エネルギー大臣は、再生可能エネルギーとエレクトロモビリティに向けたエネルギー転換は取り組むべき重要な課・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
初谷和則

メキシコ:鉱業法改正案が成立、業界や主要紙は厳しい見方を示す

 2022年4月19日、リチウム資源の国家独占を目的とする鉱業法改正案が成立したことで、今後民間企業による市場参入が制限されることとなる。Rocío Nahleエネルギー相、Marcelo Ebrard外務相をはじめ、政界関係者からは祝辞のコメントが続出している一方で、鉱業界からは改正に対する批判や投資影響を懸念する声・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:リチウム国有化を目的とする憲法改正案否決も、鉱業法改正案が成立

 現地報道によると、2022年4月17日、Andrés Manuel López Obrador(AMLO)大統領は、リチウム資源の国家独占を目的とする鉱業法改正案を下院に提出し、翌18日に通過(賛成275票、反対24票、棄権187票)、上院においても翌19日に可決された(賛成87票、反対20票、棄権16票)。その後大・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:AMLO大統領、リチウム国家独占実現のため、鉱業法改正法案提出も視野

 2022年4月8日付け現地紙によると、Andrés Manuel López Obrador(AMLO)大統領は、自身が提出したリチウム資源の国家独占に向けた憲法改正案に関し、仮に可決されるに至らなかった場合、鉱業法の改正をもって実現させるとの意向を表明した。AMLO大統領は、「たとえ裏切り行為(反対票を投じること)・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:野党連合、リチウム探鉱・採掘は入札制導入等の対案を示す

 2022年4月4日付け報道によると、国民行動党(PAN)、制度的革命党(PRI)、民主革命党(PRD)で構成される野党連合“Va por México”は、Andrés Manuel López Obrador(AMLO)大統領が提出した、電力再国有化やリチウム資源の国家独占を目的とする憲法改正案に対し、計12項目か・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:SGMによるリチウム探鉱が進行中も、技術面、探鉱開発期間の課題が浮き彫りに

 2022年3月31日付け報道によると、2021年10月に経済省所管のメキシコ地質サービス庁(SGM)により発表されたリチウム探鉱計画に関し、同庁が「リチウム概論」をテーマに行った講演の中で現在の進捗状況が明らかとなった。以下は専門誌が報じた概要である。
 現在、SGMは55.2mMXN(メキシコペソ:約2.7mUS・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:主要銅プロジェクトの開発見通し

 2022年3月23日付け専門紙は、国内の主要銅プロジェクトの最新動向を以下のとおり報じた。
・El Arco銅プロジェクト(米Southern Copper社、Baja California州)
 CAPEX 2,900mUS$、年間生産量は最大で銅190千t/年、金3.27t/年(105千oz)と試算されている・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:Oaxaca州南東部自治体議会が鉱業活動の禁止を宣言、反鉱業運動が近隣自治体で強まる

 2022年3月20日付け報道によると、Oaxaca州南東部のSanto Domingo Zanatepec自治体議会は、同自治体内におけるあらゆる鉱業活動の禁止を宣言した。今回の宣言に至った経緯には、隣接するSan Miguel Chimalapa自治体に加Minaurum Gold社が保有するSanta Marta・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ