閉じる

ニュース・フラッシュ

メキシコ:加Monumental Minerals社、Jemiレアアースプロジェクトの衛星データ解析を完了

 2022年8月10日付けのニュースリリースにて加Monumental Minerals社は、Jemiレアアースプロジェクト(Coahuila州)のマルチスペクトル衛星データの解析を完了したと発表した。同プロジェクトではこれまでに、経済的ポテンシャルが期待されるジスプロシウム、テルビウム、ネオジム、プラセオジムのほか、・・・ 続きを読む
鉱種:
タンタル ジルコニウム ニオブ ジスプロシウム テルビウム ネオジム プラセオジム レアアース/希土類
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:加Silver Wolf Exploration社、Ana María金・銀プロジェクトの地表調査結果を公表

 2022年8月9日付け業界紙によると、加Silver Wolf Exploration社は、Ana María金・銀プロジェクト(Durango州)で実施中の地表調査結果を公表した。採取された計155個のサンプルのうち複数から高品位の鉱化が捕捉され、最大で品位:Ag 1,536g/t、Pb 34%、Zn 19.4%が・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:鉱業部門にとって深刻な犯罪組織の脅威、鉱業会議所の見解

 2022年8月4日付けDurango州の地元紙は、メキシコ鉱業会議所(CAMIMEX)のJaime Gutiérrez会頭に対して行ったインタビューを掲載し、全国的に犯罪組織による活動が継続する中、鉱山に対する被害額は生産額の3割に達する場合もあるとの見通しが報じられた。Gutiérrez会頭は、治安の悪化は全国的な・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:Peñoles社、Grupo México社の2022年第2四半期決算は減収減益

 メキシコの主要鉱山企業2社が発表した2022年第2四半期決算によると、主に生産量の減少やインフレによるコスト増加が業績を圧迫し、大幅な減益となった。
 2022年8月2日付け現地紙が報じたPeñoles社の2022年第2四半期決算によると、純利益は対前年同期比61.7%減少し74.8mUS$となった。販売量が減少し・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:気候変動による水不足、鉱業部門への将来的影響が懸念

 2022年8月2日付け業界紙は、近年の気候変動によりメキシコでは干ばつが深刻化しており、鉱業部門にとっても影響を及ぼしかねないとの予測を報じた。米国航空宇宙局(NASA)が2021年4月に発表した報告によると、メキシコ国土のうち85%が干ばつに直面しており、市民に深刻な影響を与え、経済活動を弱体化させる恐れがあると予・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:加Aztec Minerals社、Cervantes金・銅プロジェクトの全権益獲得へ

 2022年7月26日付けニュースリリースにて加Aztec Minerals社は、加Kootenay Silver社との合弁企業に関し、同社の子会社を通じてKootenay社の持分35%を取得する売買契約を締結したことを発表した。これにより、Aztec社は間接的に、Cervantes金・銅プロジェクト(Sonora州)・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:電力改革が鉱山企業の脱炭素化にも悪影響

 2022年7月22日付け業界紙は、現政権が進める電力改革によって、国内の再生可能エネルギープロジェクトが規制のリスクに直面しており、鉱山企業の脱炭素化計画を阻んでいると報じた。Andrés Manuel López Obrador(AMLO)大統領は、民間企業によるエネルギー部門への参入を制限し、電力庁(CFE)によ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:経済省、加Almaden Minerals社の鉱業権2件を取消す

 2022年7月21日付け業界紙によると、加Almaden Minerals社がPuebla州に保有していた鉱業権2件を、経済省が鉱業権登記簿から削除したことが明らかとなった。Almaden社は上記の鉱業権を通してIxtaca金・銀プロジェクトを保有していたが、先住民コミュニティによる訴訟の結果、2022年2月に裁判所・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

米・加・メキシコ:米国とカナダがUSMCAに基づきメキシコのエネルギー政策を批判、メキシコと協議を開始する意向

 2022年7月20日付けの現地報道によると、Katherine Tai米通商代表は、メキシコが国営エネルギー事業を不当に優先し、太陽光や風力発電事業を行う米国企業を締め出していることから、解決に向けた協議を求めると発表した。その数時間後にMary Ng加国際貿易担当相も同様の声明を発表、メキシコの政策は「米国・メキシ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
武市知子
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ