閉じる

ニュース・フラッシュ

世界の鉱業の趨勢2021 ニューカレドニア ―データ集―

世界のニッケル需給と今後の動向2021

<金属企画部調査課 五十畑樹里 報告>

はじめに
2020年は、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大により世界経済が低迷したが、同年第2四半期以降は、中国が他国より先んじて国内経済を回復させた。これに伴い、2020年上旬に低迷していた非鉄金属価格は、徐々にコロナ禍以前の価格水準へと回帰した。
ポス・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
金属企画部

ニューカレドニア:多国籍コンソーシアムProny Resources社、Goroニッケル・コバルト鉱山で生産するニッケル地金を数年間で合計42千t供給する合意を米Tesla社と締結

 2021年10月13日付けのメディアによると、多国籍コンソーシアム企業であるProny Resources社は、同社の操業するGoroニッケル・コバルト鉱山において、数年間で合計42千tのニッケル地金を供給する合意を米Tesla社と締結したことを明らかにした。Prony社は、同鉱山のNi生産量を2021年に20千t、・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニューカレドニア:Vale、Goroニッケル・コバルト鉱山を多国籍のコンソーシアムに売却

 2021年3月31日付けのメディアによると、伯Valeは、同社が操業するGoroニッケル・コバルト鉱山を、多国籍コンソーシアム企業のProny Resources社に売却したことを明らかにした。Valeは同鉱山の売却額に関しては詳細を明らかにしていないが、その総額は1.1bUS$で、このうちの555mUS$は同鉱山に・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニューカレドニア:Vale、仏政府の要請を受けてGoroニッケル・コバルト鉱山の売却を延期へ

 2020年12月4日付けのメディアによると、伯Valeは、多国籍コンソーシアムが保有する新企業Prony Resources社と進めていたGoroニッケル・コバルト鉱山の売却プロセスを、仏政府の要請に基づき延期することを明らかにした。仏政府は、Prony社によるGoro鉱山の買収に反対を唱える先住民グループとビデオ会・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

世界の鉱業の趨勢2020 ニューカレドニア ―データ集―

ニューカレドニア:Vale、Goroニッケル・コバルト鉱山の売却について多国籍コンソーシアムと4週間の独占的な交渉を実施中

 2020年11月5日付けのメディアによると、伯ValeはGoroニッケル・コバルト鉱山の売却に関し、多国籍コンソーシアムが保有する新企業Prony Resources社と4週間の独占的な交渉を行っていることが明らかになった。Prony社は、スイス拠点のコモディティ商社であるTrafigura社が25%、複数投資家が2・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニューカレドニア:Vale、Goroニッケル・コバルト鉱山のニッケル精錬所を2021年に閉鎖することを発表

 2020年10月9日付けのメディアによると、伯Valeは、Goroニッケル・コバルト鉱山のNi精錬所を2021年に閉鎖することを発表した。ValeのLuciano Siani Pires CFOは、同精錬所について、豪New Century社がGoro鉱山の買収提案を2020年9月に取り下げて以来、いまだ買い手が見つ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ