閉じる

ニュース・フラッシュ

市場ニーズ変化に即応して市場拡大を図る鉛亜鉛産業界と、鉱石生産を効率的に行うための技術開発―2016年春季国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)報告(2)―

2016年4月27日、国際鉛亜鉛研究会が開催された。同大会における発表のうち、①供給源が多様で再生ストックのある金属(鉛)をいかに持続的に使用するかという点でも注目される自動車用鉛電池の高機能化について、②ナノフォーム市場の拡大と規制対応を進める酸化亜鉛業界に関する動向、③日本と似た産業構造を持ち・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 ベースメタル

ニッケル需給予測、4.9万tに供給不足が拡大―2016年春季国際ニッケル研究会(INSG)報告(1)―

はじめに 2016年4月25日から26日にかけて、ポルトガル・リスボンにおいて国際ニッケル研究会 (INSG)※の春季定期会合が開催され、INSG加盟国や産業団体、企業、専門家等の約60 名が参加した。統計委員会では、世界のニッケル鉱石生産、一次ニッケル生産及び一次ニッケル消費に係る2・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル

銅を取り巻く環境規制の変化―2016年春季国際銅研究会(ICSG)・国際銅会議参加報告(4)―

はじめに 2016年3月8日から10日の3日間にわたり、ポルトガルのリスボンにおいてMetal Bulletin社主催の国際銅会議(以下ICCとする)と、非鉄研究会の一つである国際銅研究会(以下ICSGとする)の春季会合が合同開催された。国際銅会議は今年で29回目の開催となり、会議には資源メジ・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル

ニッケル需給予測、2016年に2.3万tの供給不足へ―2015年秋季国際ニッケル研究会(INSG)報告―









 2015 年10月5日から6日にかけて、ポルトガル・リスボンにおいて国際ニッケル研究会 (INSG)※の秋季定期会合が開催され、INSG加盟国や産業団体、企業、専門家等の約70 名が参加した。第50回目にあたる統計委員会では、世界のニッケル鉱石生産、一次ニッケル生産及び一次ニッケル消費・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル

鉛・亜鉛需給予測、亜鉛は2016年に15.2万tの供給不足―2015年秋季国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)報告―









 2015年10月8~9日、リスボンにて、国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)の秋季定期会合が開催され、ILZSG加盟国の政府関係者、産業団体、企業、専門家等100名以上が参加した。本稿ではILZSGによる2016年までの鉛及び亜鉛の需給見通しについて報告する。なお需給予測値が当研究会にて検証・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 ベースメタル

欧州金属リサイクルとバーゼル条約第12回締約国会議の論点

 本稿では、2015年4月にリスボンにて開催された国際非鉄研究会の春季定期会合の中から、22日午後に行われた3研究会(ICSG、INSG、ILZSG)合同セミナーの模様を報告する。今回の合同セミナーは、「国際貿易政策の枠組みと国家のアプローチ」、「金属鉱業関連の貿易問題」という2本柱で構成され、WTO、欧・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 コバルト タングステン

ニッケル需給予測、過剰幅は僅かながらも供給過剰が継続へ―2015年春季国際ニッケル研究会(INSG)報告―










 2015 年4月20日から21日にかけて、ポルトガル・リスボンにおいて国際ニッケル研究会 (INSG)※の春季定期会合が開催され、INSG加盟国や産業団体、企業、専門家等の約70 名が参加した。第50回目にあたる統計委員会では、世界のニッケル鉱石生産、一次ニッケル生産及び一次ニッケ・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル

ILZSG鉛亜鉛需給予測、供給不足継続も2015年不足幅縮小-2014年秋季国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)報告(1)-

 2014年10月16~17日、リスボンにて、国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)の秋季定期会合が開催された。ILZSGは、1959年に国際連合により発足された国際機関で、現在はリスボンに事務局を置いている。鉛・亜鉛市場における透明性確立を目的とし、需給調査や経済動向など鉛・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 ベースメタル

ニッケル需給予測、2015年に2.6万tの供給不足に転じる-2014年秋季国際ニッケル研究会(INSG)報告-

 2014 年10月13日~14 日、リスボンにて国際ニッケル研究会(INSG)※の秋季定期会合が開催され、INSG加盟国や産業団体、企業、専門家等の約60 名が参加した。第49回目にあたる統計委員会では、世界のニッケル鉱石生産、一次ニッケル生産及び一次ニッケル消費に係る2014 年見込み及び2・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル

ニッケル需給、2014年にタイト化、長期的に供給不足へ-2014年春季国際ニッケル研究会(INSG)参加報告-

 国際ニッケル研究会(INSG)は、国際非鉄3 研究会の中では国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)に次いで2 番目に古い歴史を持つ研究会で、世界のニッケル市場の透明性の強化を目的に1991 年に国連の招請・勧告によって発足した国際機関である。現在、ニッケル生産国、消費国及び貿易国からなる14 か国及び・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ