閉じる

ニュース・フラッシュ

パナマ:Cobre Panamá銅鉱山でCOVID-19集団感染が発生

 2021年12月13日、パナマ保健省は、Cobre Panamá銅鉱山で123名のCOVID-19感染者が確認されたことを発表した。うち80名が軽症、43名が無症状で、自宅あるいは鉱山内の宿舎で隔離されている。これを受け加First Quantum Minerals社は、慢性疾患のある労働者を自宅勤務とすることや、鉱・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

パナマ:加Orla Mining社、Cerro Quema銅・金プロジェクトの鉱物資源量を発表

 2021年12月6日付けで加Orla Mining社は、Caballito硫化鉱鉱床の資源量初期評価を発表、概則鉱物資源量32.0百万t(品位:Cu 0.83%、Au 0.31g/t、Ag 2.2g/t、銅量265.4千t、金量9.8t、銀量70.3t)、予測鉱物資源量22.6百万t(品位:Cu 0.77%、Au 0・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

パナマ:Cobre Panamá銅鉱山のロイヤルティ引き上げ等を目的とする交渉が開始

 2021年9月1日付け報道によると、パナマ政府および加First Quantum Minerals社の現地法人であるMinera Panamá社は、Cobre Panamá銅鉱山の操業に係る契約の再交渉を正式に開始した。Cortizo大統領は2019年の就任以前より、同事業の公益性を高めるため契約書の見直しが必要であ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

パナマ:パナマ技師・建築協会、鉱業法の近代化を求める声明を発表

 2021年8月19日付け報道によると、パナマ技師・建築家協会は公式ウェブページにて、鉱業法の近代化および、鉱業権保有者に対する義務の拡大等を政府に要求する声明を掲載した。声明の中では、現行の鉱業法が1963年に公布されて以来、これまでの約60年間で業界を取り巻く情勢が大きく変化していることから同法の改正は必須であるこ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

パナマ:加Orla Mining社、Cerro Quema金プロジェクトのPFSを更新

 加Orla Mining社は、2021年7月28日付けニュースリリースにて、Cerro Quema金プロジェクトのPFS更新を発表した。確定・推定鉱量は21.7百万t、品位:Au 0.80g/t、Ag 2.18g/t、マインライフ6年間の平均生産量は金2.5t(81千oz)/年で、CAPEX164mUS$、税引き後N・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

パナマ:Cobre Panamá銅鉱山で尾鉱の流出が発生

 環境省は2021年7月17日、Cobre Panamá銅鉱山において2021年7月14日に尾鉱の流出が発生したことを公表した。オペレーターであるMinera Panamá社が発表した文書によると、尾鉱輸送パイプで発生した事故により汚水が漏えいし、付近の川に流出した。事故発生から約12分後に輸送が停止され、河川の濁度は・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ・パナマ:加Orla Mining社、35mUS$の資金調達を完了

 加Orla Mining社は、2021年7月14日付けニュースリリースを通して、私募債発行による35mUS$の資金調達を完了したことを発表した。これにより、メキシコに保有するCamino Rojo金酸化鉱プロジェクトのほか、パナマに保有するCerro Quema金プロジェクトの開発やCamino Rojo硫化鉱開発プ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

パナマ・チリ:パナマ貿易産業省とチリ鉱業省がMOUを締結、採掘技術や関連規制等情報を共有

 2021年7月15日、パナマ貿易産業省(MICI)は、チリ鉱業省との間で鉱業部門の教育および研究の協力に関するMOUを締結したことを発表した。MICIニュースリリースによると、この協定は主要銅産出国であるチリと、鉱業新興国であり政府の機能強化や投資誘致を目指すパナマとの間における情報共有や、将来的なプロジェクトを通じ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ