閉じる

ニュース・フラッシュ

ロシア:Norilsk Nickel社、パラジウム供給途絶に直面

 2022年3月1日付けの地元報道等によると、Norilsk Nickel社(ニッケル・パラジウム生産世界最大手、プラチナ・コバルト・銅・ロジウム生産世界大手)は、欧州空域の大半がロシアからのフライトに対し閉鎖されたことから、自社パラジウムの供給途絶に直面している。
 Bloomberg社によると、Norilsk N・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア・ウクライナ:欧米のチタン市場、欧米諸国のサプライヤーを探し始める

 2022年2月25日付けの地元報道等によると、ロシアとウクライナの緊張関係は、既に2022年2月半ばからチタン市場を動揺させている。消費者は、チタン製品の重要な供給元である両国の企業との長期契約が履行されるという確信を失った。
 紛争のリスクを考慮し、英国のフェロチタン生産企業にアプローチする消費者が増えており、欧・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:パラジウム及びニッケルの供給制限は自動車産業に影響する

 2022年2月25日付けの地元報道等によると、ウクライナでの軍事作戦を背景とする新たな対露経済制裁から、専門家は既に世界の自動車産業全体の危機を予測している。
 ロシアは、自動車産業で広く使用されているニッケルやパラジウムなどの金属について世界最大の供給国である。ニッケルは電気自動車(EV)のリチウムイオン電池(L・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム ニッケル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ロシア:対露制裁による事業活動への影響について、露大手鉱山会社は楽観視

 2022年2月25日付けの地元報道等によると、米国、英国、カナダ、スイスは、ロシア・ウクライナ紛争の激化を受け、ロシアに対する多くの制裁を課した。これには、いくつかの銀行に対する外貨取引の禁止、ハイテク(掘削装置等)の輸出制限などが含まれる。
 しかしながら、ロシアの鉱山会社は楽観的な見方を示す。Polymetal・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希

ノルウェー・ロシア:Norsk Hydro社、ロシアの生産者と新規契約を締結しないと発表

 2022年3月2日付けのプレスリリースによると、ノルウェーNorsk Hydro社は、ロシアによるウクライナ侵攻や、EU・国際社会によるロシアへの制裁を理由に、当面の間、ロシアの生産者に関する新規契約を締結しないことを決定した。同社はまた、ロシアの取引先との関係を凍結することを含め、既存のコミットメントの見直しを行っ・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

世界のニッケル需給と今後の動向2021

<金属企画部調査課 五十畑樹里 報告>

はじめに
2020年は、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大により世界経済が低迷したが、同年第2四半期以降は、中国が他国より先んじて国内経済を回復させた。これに伴い、2020年上旬に低迷していた非鉄金属価格は、徐々にコロナ禍以前の価格水準へと回帰した。
ポス・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
金属企画部

2021年 金属鉱物資源をめぐる動向

<金属企画部調査課 報告>

はじめに
国や地域によって状況は異なるものの、世界経済が新型コロナウイルス(以下、「コロナ」という。)による落ち込みから回復基調の兆しを見せる中、2021年の非鉄金属市況は前年後半からの高価格水準を維持する形で軒並み堅調に推移した。
ベースメタルについては、米国等主要国・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 ベースメタル プラチナ パラジウム 貴金属 コバルト シリコン(ケイ素) ニッケル マグネシウム リチウム レアメタル ジスプロシウム レアアース/希土類 鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
金属企画部

ロシア:ロシア下院、多成分複雑鉱に対する鉱物採取税の算定に関する法案を可決

 2021年11月17日付けの地元報道等によると、ロシア下院は、2022年からの多成分複雑鉱に対する鉱物採取税(MET)算定手続きを明確化する法案を第二読会で可決した。
 クラスノヤルスク地方に存在する有用成分が豊富な多成分複雑鉱のMET税率は、銅、ニッケル、パラジウム、プラチナ、金、コバルトの国際平均価格の6%を基・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) プラチナ パラジウム コバルト ニッケル リン カリウム 鉄鉱石
海外事務所:
モスクワ
担当者:
小松弘希
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ