閉じる

ニュース・フラッシュ

ブラジル:加Aura Minerals社、Matupá金プロジェクトのFS結果を発表

 2022年10月5日付け地元メディアは、加Aura Minerals社がMatupá金プロジェクト(Mato Grosso州)のFS結果を発表したと報じた。同プロジェクトは、Anglo American、CODELCO、伯Nexa Resources社及び加Yamana Gold社等が鉱山操業ないし探鉱している地域の・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

メキシコ:Minera Hochschild社、La Union金・銀・銅プロジェクトから撤退

 2022年10月3日付けニュースリリースにて、加Riverside Resources社は、英Hochschild Mining社の現地法人であるMinera Hochschild Mexico社が、La Union金・銀・銅プロジェクトの権益を取得するオプション権を行使しないことを発表した。Minera Hochs・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
佐藤すみれ

ペルー:加Kaizen Discovery社、Pinaya銅・金プロジェクトで新規の試錐ターゲットを特定

 2022年10月3日、加Kaizen Discovery社は、Pinaya銅・金プロジェクト(Arequipa州)で最近完了した92km2におけるIP探査の結果、斑岩型銅・金の鉱化の新たな試錐ターゲットが複数確認されたと発表した。また本プロジェクトにおける試錐実施のための環境影響申告書(DIA)を準備中であると報告し・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
初谷和則

ペルー:Torres首相、探鉱促進を表明

 2022年9月30日付け現地紙によると、鉱業大会Perumin35(同年9月26~30日Arequipaで開催)で講演したTorres首相は、許認可手続きの簡素化による探鉱促進に取り組むとともに、投資家がペルーを信頼し鉱業投資を継続できるよう模索をしていく方針を表明した。
 また、鉱業活動はここ10年間におけるGD・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
初谷和則

ブラジル:2022年9月の鉄鉱石輸出量、前年同月比8.7%増

 2022年10月4日付け地元メディアは、ブラジルの2022年9月の鉄鉱石輸出量が前年同月比8.7%増の36.295百万tとなったと報じた。
 2021年、ブラジルの鉱物輸出のうち鉄鉱石は全体の74%を占め、48bUS$以上の収益を上げている。一方で、2022年は第1四半期に鉄鉱石輸出量の大幅な落ち込みがあり、同年第・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
兵土大輔

コロンビア:Cerro Matoso社、Antioquia、Nariño、Caucaの3県でのニッケル探査に関心

 2022年9月19日付け現地紙のCerro Matoso社Gaviria社長のインタビュー記事によると、同社は国内第2位の規模の露天掘り鉱山を有し、ニッケル生産量は2021年が38,200t、2022年は20%増の45,000tを超えると推定されている。2023年に予定しているOSMOC製錬プロセス改良プロジェクトに・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル 鉄鉱石
海外事務所:
リマ
担当者:
初谷和則

エクアドル:Llurimagua銅プロジェクト、Íntagコミュニティの控訴により公判を実施

 2022年9月21日、Imbabura県裁判所で、エクアドル鉱業公社ENAMI EPとチリCODELCOが実施するLlurimagua銅プロジェクトを巡る公判が実施された。この公判は、2022年2月Imbabura県Íntagコミュニティが、本プロジェクトに係る環境協議が実施されていないとして、環境・水資源・エコロジ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
初谷和則

ボリビア:COMIBOL、Potosí銀山陥没孔のドローン調査結果を報告、対応状況を説明

 2022年9月22日付け現地紙によると、ボリビア鉱山公社(COMIBOL)Potosí支部Silvestre支部長は、2022年3~5月に実施したドローン調査で、Potosí銀山(Cerro Rico de Potosí)に113か所の陥没穴があり、そのうちの12か所はかなり大きく、広さは25m×25mから50m×3・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
初谷和則

ペルー:Buenaventura社、2022年10月内にSan Gabriel金プロジェクト建設再開の見通し

 2022年9月30日、Buenaventura社は証券市場監督庁(SMV)に対して、社会争議により一時停止しているSan Gabriel金プロジェクト(Moquegua州)に関して、できる限り早期の鉱山建設再開のため地域住民の懸念や問い合わせに対応しており、2022年10月に建設再開できる見通しのほか、2024年末ま・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
初谷和則

ペルー:市民オンブズマン、「反鉱業」は鉱業関連争議全体の要因の10%と報告

 2022年9月30日付け現地紙によると、鉱業大会Perumin35(同年9月26~30日Arequipaで開催)で市民オンブズマンのLuque社会争議防止・ガバナンス局長が鉱業関連争議に関する講演を行った。講演内容は以下のとおり。
 2022年8月時点で全国に209件の社会争議が存在し、このうち89%が鉱業関連であ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
初谷和則
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ