閉じる

ニュース・フラッシュ

ウズベキスタン:中国はエネルギー協力の強化に合意する一方、ロシアはJV交渉から撤退

 国際ウラン協会(WNA)の速報によれば、中国の胡錦濤国家主席は今月、ウズベキスタンを訪問し、同国とのエネルギー分野を含めた経済協力関係の強化に合意した。一方、ロシアは、ウズベキスタン政府と2006年1月に同国Aktauウラン鉱床開発の共同事業に関係するMOUを締結していたが、協調的な合意に達しなかったため、本JV交渉・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
フレンチ香織

ウズベキスタン:150以上の鉱床を競売する計画

 10月1日のCISの法律専門会社の情報によれば、ウズベキスタン政府は外資誘致を目的として、150以上の鉱床を競売に掛ける計画である。ウズベキスタン国家地質鉱物資源委員会の報道官によれば、これらにはタングステン、リチウム、ストロンチウムを含む。また、欧州の報道によれば、同委員会のNariman Mavlyanov議長は・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
フレンチ香織

ウズベキスタン:NGMK社、ウラン生産用硫酸プラント増強計画を発表

 報道等によれば、ウズベキスタン国営の金属鉱山・精錬企業であるNGMK社(Navoi Mining and Metallugy Combinat)は、1月末、投資額12百万US$の硫酸プラント増強計画を発表した。 同計画では、硫酸生産能力を現状400千t/年のところ2012年までに450千t/年にまで増強することとして・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
及川 洋

ウズベキスタン:新規ウラン鉱山Northern Kanimekhが商業生産を開始

 各社報道によると、ウズベキスタンの金・ウランを対象とする国営鉱山・製錬企業NMMC(Navoi Mining & Metallugicai Combinat)は、11月半ばから、Central Lyzyl Kum地域で、新規にNorthern Kanimekhウラン鉱山の商業生産を開始した。 ウズベキスタンの・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
及川 洋

ウズベキスタン・Khandiza多金属鉱床、Uch-Kulach鉛亜鉛鉱床の開発を開始

 各社報道によれば、ウズベキスタンAlmalyk Mining Metal Plant社は、Khandiza多金属鉱床及びUch-Kulach鉛亜鉛鉱床の開発を開始した。投資額は71.2百万US$。Khandiza鉱床は、亜鉛、鉛、銅、銀、金、セレニウム、カドミウム、インジウムなどを含有しており、坑内採掘施設及び年間鉱・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
ロンドン
担当者:
高橋健一

ウズベキスタン・Dzhantuarウラン鉱床開発への韓国Kores社参入計画

 各社報道によれば、ウズベキスタン国家地質鉱物資源委員会は、Dzhantuarウラン鉱床開発のプレF/Sを、韓国のKorean Resources社との共同実施の計画があると、報じた。 同委員会コメントでは、同鉱床地域の開発の共同開発の話し合いは進行中であり、JV協定のための交渉が開始される見込みであるとしている。今回・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
高橋健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ