閉じる

ニュース・フラッシュ

ジンバブエ:英Premier African Minerals社、試運転の完了のため2m£を調達

 2024年4月11日付けのプレスリリースによると、英Premier African Minerals社は、同月17日頃、発行価格1株0.17p(ペンス)で1.21十億の新株を引き受け、2m£を調達すると発表した。調達資金は主に試運転段階にあるZuluリチウム・タンタルプロジェクトにおける運転資金や、同プロジェクトの浮・・・ 続きを読む
鉱種:
タンタル リチウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
平田哲人

ジンバブエ:豪MetalsGrove社、高品位のリチウムプロジェクトを取得

 2023年12月11日付けのプレスリリースによると、豪MetalsGrove社は、ジンバブエの現地法人La Rich Resources社及びCN Mining Syndicate社からArcturasリチウムプロジェクト及びBeatriceリチウムプロジェクトを取得したと発表した。両プロジェクトは、450千t/年の・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
平田哲人

ジンバブエ:政府、リチウム鉱山業者に精製計画の提出を要請

 2023年11月30日付けのメディア情報によると、ジンバブエのMthuli Ncube財務大臣は、リチウム鉱山業者に対しバッテリーグレードのリチウム製錬所に係る精製計画を2024年3月31日までに提出するよう要請したと報じた。同国は2022年、リチウム鉱石の輸出を禁止し、精鉱に5%の輸出税を課している。同大臣は「炭酸・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
平田哲人

ジンバブエ:Emmerson Mnangagwa大統領の当選は鉱業セクター成長にアップサイドリスクをもたらす可能性

 2018年8月10日付けのメディア報道によると、Emmerson Mnangagwa大統領の当選は今後数年間に渡って鉱業界の成長のアップサイドリスクとなる可能性があると次のとおり伝えている。2018年7月30日に実施された大統領選で当選した現職のEmmerson Mnangagwa大統領は、改革志向のリーダーであり、・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

ジンバブエ:鉱山会社30社、2018年の最低賃金の引き上げを免除される

 2018年7月6日付のメディア報道によると、鉱山労働者に対し2018年の最低賃金を2.9%引き上げる同国鉱業協会及び鉱山労働組合であるAssociated Mineworkers’Union of Zimbabwe(Amwuz)の合意に対し、30社の鉱山会社が経営困難等を理由に同合意が免除されることとなった。この合意・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

ジンバブエ:ジンバブエ政府、外国鉱山会社に対するZSC上場義務を鉱業法改訂案から削除

 2018年6月1日付のメディア報道によると、ジンバブエの国会は、外国鉱山会社に同国で上場するように要求した条項を削除した鉱業法の改訂案を可決した。2018年5月、Winston Chitando鉱山鉱業開発大臣は、上場する可能性を示唆したことで投資家に混乱を与えたとし、鉱山会社はZimbabwe Stock Exch・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

ジンバブエ:Chitando鉱山大臣、2018年6月までに白金及びダイヤモンド鉱業における新オーナーシップ政策を発表すると言及

 2018年5月17日付のメディア報道によると、Winston Chitando鉱山大臣は同国で開かれた鉱業カンフェレンスにて、2018年6月末までに、白金及びダイヤモンド鉱業における新たなオーナーシップ政策を発表すると言及した。Chintando大臣は、同政策により操業の主条件、セクターへの参入条件、株式保有条件を確・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

ジンバブエ:Emmerson Mnangagwa大統領、白金及びダイヤモンド鉱山権益に係る現地化・経済権限拡大法を取り下げる可能性があると言及

 2017年、ジンバブエ政府により外国投資の資本51%の現地化を義務付ける現地化・経済権限拡大法(Indigenisation and Economic Empowerment Act)は、白金及びダイヤモンドを除いたその他鉱物に対して廃止されることが発表されていたが、2018年1月22日付のメディア報道によると、Em・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

ジンバブエ:ジンバブエ政府、白金及びダイヤモンド鉱山権益を除いて現地化・経済権限拡大法(Indigenisation and Economic Empowerment Act)を廃止すると発表

 2017年12月7日付のメディア報道によると、Partick Chinamasa財務大臣は2018年予算案の公表の中で、Robert Mugabe前大統領時に制定された外資系企業に株式51%の現地法人への譲渡を義務付ける現地化・経済権限拡大法(Indigenisation and Economic Empowerme・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ