閉じる

ニュース・フラッシュ

2023年 金属鉱物資源をめぐる動向

<金属企画部調査課 報告>

はじめに
JOGMEC金属企画部調査課にて2023年内の鉱物資源分野の主要トピックを抽出した。以下に通常のリサーチ業務の中で注視してきた内容を簡潔にまとめた。今回は、重要鉱物をめぐる各国の政策に関連した話題が多くなっているのが特徴であった。気候変動対策やエネルギートランジ・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛 ベースメタル プラチナ パラジウム 貴金属 ガリウム ゲルマニウム コバルト ニッケル ボロン/ホウ素 マンガン リチウム リン レアメタル ジスプロシウム ネオジム プラセオジム レアアース/希土類 グラファイト
海外事務所:
金属企画部

南ア:政府、JET IPの総額が11.9bUS$に達したと発表

 2023年9月29日付けのメディア情報によると、南ア政府は、Just Energy Transition Investment Plan(JET IP)を支持する3.5bUS$相当の支援の誓約を受けると報じた。デンマークは165mUS$をコミットメント、23.2mUS$を助成金で、オランダはグリーン水素基金に1bUS・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
平田哲人

中国新エネルギー車(NEV)市場の現状と展望(2022~2023年)

<金属企画部調査課 井下浩良 報告>

はじめに
中国の自動車業界団体、中国乗用車協会(CPCA)によると、2023年6月の世界自動車販売台数は前年同月比11%増の787万台、2023年1~6月の累計は前年同期比11%増の4,243万台だった。半導体チップ供給の改善で自動車業界の景気が世界的に上向き、・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル リチウム リン その他
海外事務所:
金属企画部

最近の資源ナショナリズムの動向 2023年

<金属企画部調査課 原田武、小口朋恵、千葉樹、五十畑樹里 報告>

はじめに
資源ナショナリズム(Resource Nationalism)は、古くは1960~70年代頃から、資源価格の高騰や特定の資源に対する世界的需要の増加等を背景に、度々興る概念である。昨今では、走行時にCO2を排出しない電気自動・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 コバルト ニッケル リチウム アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
金属企画部

南ア:鉄鉱石輸出用鉄道が電力ケーブル盗難のため運休に

 2023年6月1日付けメディアによると、南ア北Cape州にある鉄鉱石ハブと同国の西海岸地域を結ぶ鉄道が、電力ケーブルの盗難のため運休となった。当該鉄道は同州に位置するKumba Iron Ore社のSishen鉄鉱石鉱山やその他の操業鉱山からSaldanha港への鉄鉱石やマンガン運搬に用いられており、全長は86kmで・・・ 続きを読む
鉱種:
マンガン 鉄鉱石
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

南ア:鉱区管理システム入札の受注契約、2023年7月に締結予定

 2023年5月23日付けメディアによると、鉱物資源エネルギー省(DMRE)のコーポレートサービス部門長代理のHilda Mlhongo氏は、国会で開かれた鉱物資源エネルギー・ポートフォリオ委員会で、長年待ち望まれていた新しい鉱区管理システムの契約が2023年7月に締結される見通しだと明らかにした。鉱区管理システムの入・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

南ア:Mantashe鉱物資源エネルギー大臣、2023年7月から探鉱ファンド提供を表明

 2023年5月16日付けメディアによると、同日Gwede Mantashe鉱物資源エネルギー大臣は国会で、2023年7月から500mZAR(南ア・ランド:約25.5mUS$)相当の鉱物探鉱ファンドが利用可能になると述べた。Mantashe大臣は、南アがFraser Instituteの世界鉱業投資ランキングで最悪の位・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

世界の鉱業の趨勢2022 南アフリカ ―データ集―

チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ