閉じる

ニュース・フラッシュ

南ア:加探鉱ジュニアZEB Nickel社、Zebニッケルプロジェクトにおいて高品位の金鉱化帯を発見

 2022年4月12日付けメディアによると、英探鉱ジュニアURU Metals社は、子会社の加探鉱ジュニアZEB Nickel社がZebニッケルプロジェクトにおいて最近完了したPhase2試錐プログラムにおいて8孔中2孔で金鉱化帯を発見したと報告した。本プロジェクトはBushveld複合岩体の北リムに位置し、加Ivan・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

南ア:DMREによる探鉱戦略、0.9bUS$/年の探鉱費を目標

 2022年4月12日付けメディアによると、多くの鉱物資源で世界最大の鉱床を有する南アは、2025年までに0.9bUS$/年の探鉱費を呼び込むことを目標に掲げている。この額は世界の年間探鉱費の5%に相当し、世界有数のポテンシャルを有しながら近年停滞している鉱業の活性化につながると期待されている。鉱物資源エネルギー省(D・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム バナジウム マンガン
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

南ア:労働組合NUMとAMCU、Sibanye-Stillwater社のPGM鉱山のストライキを強化

 2022年4月12日付けメディアによると、NUM(鉱山労働者国家組合)とAMCU(鉱山労働者・建設組合連合)は、南アSibanye-Stillwater社の賃上げをめぐる争議でストライキ行動を強化することに合意した。組合によると、国民の支持を集め同社に対する圧力を高めるために、追加の抗議デモを行う。さらに、NUMとA・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

南ア:Implats社、パラジウム価格は供給不足のため今後数年間は上昇すると発言

 2022年4月11日付けメディアによると、触媒コンバーターに使用されるパラジウムとロジウムの価格は2022年に入ってから30%以上上昇しており、Impala Platinum(Implats)社のNico Muller CEOは、新規プロジェクトへの大規模な投資が行われないことも価格上昇要因と述べた。同CEOは202・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) プラチナ パラジウム ロジウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

南ア:Bushveld Minerals、Vametcoバナジウム鉱山の鉱物資源量と鉱石埋蔵量をアップデート

 2022年4月4日付けで南ア・バナジウム生産者Bushveld Minerals社は、Bushveld複合岩体のWestern Limbに位置するVametcoバナジウム鉱山の鉱物資源量と鉱石埋蔵量を更新した。本更新は、JORC Code(2012)に基づきMSA Groupによって行われた。2021年12月31日時・・・ 続きを読む
鉱種:
バナジウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

南ア:鉱物資源エネルギー省、リスク軽減独立系発電事業者調達プログラム(RMIPPPP)の電力契約締結を延期

 2022年3月30日付けメディアによると、南ア鉱物資源エネルギー省(DMRE)は、リスク軽減独立系発電事業者調達プログラム(Risk Mitigation Independent Power Producer Procurement Programme; RMIPPPP)の一環として選考されたプロジェクトに関する電力・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
栗原政臣

南ア:Gamsberg亜鉛鉱山における生産倍増の拡張計画が承認

 2022年3月30日付けメディアによると、インド系資源グループのVedanta Zinc International社の役員会は、Gamsberg亜鉛鉱山(Northern Cape州)のPhase2拡張に係る7bUS$の投資を承認した。本拡張により、同鉱山の鉱石処理能力は倍増し、現状の4百万t/年から8百万t/年に・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Transnet社の鉄道網の問題により石炭・鉄鉱石・クロムの輸出量が伸び悩む

 2022年3月28日付けメディアによると、南ア国有企業Transnet社の鉄道網の問題のため、南アにおける石炭、鉄鉱石及びクロムといったバルクマイニングの鉱山から港までの輸送が滞っている。石炭や鉄鉱石が歴史的な高値を付けているものの、鉄道ケーブルの盗難や故障の多発、機関車の不足などにより、同社の鉄道網による輸送が十分・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム 鉄鉱石
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Glencore-MerafeフェロクロムJV事業、JV形成以来の好成績を達成

 2022年3月22日付けメディアによると、南アGlencore-MerafeフェロクロムJV事業の2021年の財務実績は、JVが形成された2004年以降で最高値を達成した。フェロクロム生産量は前年比43%増であり、南アMerafe社の権益(20.5%)相当分で379千tを生産した。収入では前年比69%増であり同社の権・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:RBMミネラルサンド鉱山、不可抗力宣言を解除

 2022年3月18日付けRio Tintoの発表によると、南アのRichards Bay Minerals(RBM)ミネラルサンド・プロジェクトで顧客との契約における不可抗力宣言を解除したと発表した。同プロジェクトサイトでの治安状況悪化に伴い、2021年6月末から採鉱及び製錬作業を停止していた。Rio Tintoの鉱・・・ 続きを読む
鉱種:
ミネラルサンド
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ